ヒュンメルがツエーゲン金沢の3rdユニフォームを発表!

株式会社エスエスケイ

前田利家の家紋にも見られる梅の花をモチーフに。

デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、J2ツエーゲン金沢の3rdユニフォームを発表。8月9日からHOMEゲーム3試合限定で着用する梅の花をデザインしたユニフォームの受注受付を、ツエーゲン金沢公式オンラインショップで開始します。

■華やかに咲き誇るユニフォーム


ヒュンメルとツエーゲン金沢が初めて発表する3rdユニフォームは、「Bloom」(花)をコンセプトにデザイン。ユニフォーム全面に梅の花を咲かせました。まだ雪が残る金沢に早春を告げる梅の花は、加賀百万石を築いた前田利家の家紋にも見られ、金沢市の市章にもなっています。

梅の花言葉は、「不屈の精神・忍耐・高潔・忠実」を意味し3rdユニフォームの着用月となる8月は、梅の実が収穫され、翌年の花芽の準備に入る時期。ツエーゲン金沢にとっては、4チームが降格となる厳しい2021シーズンで、選手一人ひとりが挑戦し、美しくピッチで咲き誇ってほしいという想いを込めました。また、多くのサポーターに支えられているツエーゲン金沢から、今を生きるすべての人々が花を咲かせることを願って、ユニフォームのベースに水玉模様のように小さな梅の花を無数に咲かせました。

パートナーロゴやクラブエンブレムは、アルファベットとブラックに統一。華やかなカラーやデザインの中でも個性を主張する石川県の誇り高き伝統と挑戦の文化を表し、世界へ向けて発信していく姿勢を示しました。

■着用試合

3rdユニフォーム着用は、2021シーズン明治安田生命J2リーグの3試合限定です。
8月9日(月・祝) 第24節  V・ファーレン長崎戦
8月21日(土) 第26節 ジュビロ磐田戦
9月4日(土) 第28節 FC町田ゼルビア戦

■商品情報

↑FP(フィールドプレイヤー)用

↑GK(ゴールキーパー)用

ユニフォームは、6月25日の18時より、ツエーゲン金沢公式オンラインショップ(https://zweigen-kanazawa-shop.com/)で受注受付を開始。7月8日までのご注文で8月初旬のお届けを予定しています。
背番号なし・ネームなし:17,050円(税込)
背番号あり・ネームなし:19,030円(税込)
背番号あり・ネームあり:21,010円(税込)
※ 番号は2桁以内
※ ネームは大文字アルファベット12文字以内

■ツエーゲン金沢について
ツエーゲン金沢は、サッカーJ2リーグに所属するクラブチームで、金沢市を中心に石川県全域をホームタウンとして活動。「ツエーゲン」は、ドイツ語で「2」を意味する“Zwei(ツヴァイ)”と「進む」を意味する“Gehen(ゲーン)”から、『チームとサポーターが共に進んでいく』ことを意味。金沢弁で「強いんだっ!」を意味する“つぇーげん!”もかけたチーム名です。クラブは2014年にJ3で優勝し、2015年から、J1昇格を目指してプレーしています。
【OFFICIAL WEBSITE】http://www.zweigen-kanazawa.jp/

■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.”(スポーツを通して世界を変える) をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。
【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ