「Askar」高品位バンドパスフィルターシリーズ5種、天体望遠鏡アクセサリー2種発売のお知らせ

株式会社サイトロンジャパン

株式会社サイトロンジャパン(代表取締役:渡邉晃、本社:東京都新宿区)は、Jiaxing Ruixing Optical Instrument社の天体撮影に特化した製品ブランド「Askar」の高品位バンドパスフィルターシリーズ5種、天体望遠鏡アクセサリー2種を2021年7月2日に発売いたします。

■発売概要
製品名
「Askar Hα 7nm フィルター」(1.25” / 2” / 31mm / 36mm)※

「Askar OIII 7nm フィルター」(1.25” / 2” / 31mm / 36mm)※

「Askar SII 7nm フィルター」(1.25” / 2” / 31mm / 36mm)※

「Askar デュオバンドフィルター」(1.25” / 2”)

「Askar LRGBフィルター」(1.25” / 2”)

「Askar ドブテイルバー VDP150 / VDP200 / VDP300」

「Askar ドブテイルバー LDP200 / LDP300」

※31mm、36mmはフィルター枠なし

希望小売価格:全てオープン価格

発売日:2021年7月2日

■製品特長・仕様

Askar Hα 7nm フィルター


<製品特長>
・Hα輝線を放出する星雲や超新星残骸の撮影に最適なフィルターです。Askar Hαフィルターは、656.3nmの中心波長で非常に高い透過率を示します。7nmの極めて狭い帯域幅により、すべての光害やその他の不要な人工光や大気光をカットできます。そのため、Askar Hαフィルターは、光害の多い場所での天体撮影に適しています。また、暗い場所での撮影でもコントラスト向上効果があります。

・Askar Hαフィルターは、さまざまなタイプの星雲や超新星残骸、例えば、いくつかの渦巻銀河にある輝線星雲のコントラストと詳細をさらに改善するように設計されています。イオン化水素を放出する星雲や近くの銀河のHII領域で効果を発揮します。

・7nmの極めて狭い帯域幅と、656.3nmの中心波長での非常に高い透過率を特長としており、星雲や超新星残骸の細部を最大限に引き出すことができます。また、帯域外ブロッキング能力は、200~1050nmのブロッキング範囲でOD4(0.01%)となります。

・狭い帯域幅と実効カットオフレートは、バンドパスフィルターを選択する際の重要な指標です。Askar Hαフィルターは、7 nmの狭い帯域幅と、ピーク時90%という高い透過率を持ち、他の波長を効果的にブロックします。つまり、Askar Hαフィルターは、すべての光害を効率的に排除できるのです。都会の明るい背景の空でも、このHαフィルターの素晴らしいパフォーマンスをお楽しみいただけます。

・製造プロセスは厳密に管理されており、すべてのAskar Hαバンドパスフィルターは個別に検査およびテストされています。

<主な仕様>
・サイズ※
 1.25” / 2” / 31mm / 36mm
・ガラス厚 1.85±0.1mm
・ネジ規格
 1.25”:M28.5×0.6
 2”:M48×0.75
 ※31mm、36mmはフィルター枠なし

Askar OIII 7nm フィルター


<製品特長>
・7nmの狭い透過帯域幅。光害のある場所の撮影でも、空の暗い場所での撮影でも、最適に設計されています。

・OIII輝線を放出する星雲、惑星状星雲、超新星残骸の撮影に効果的です。

・約90%以上の高い透過率と優れたブロック効果によりコントラストを大幅に向上し、ディープスカイオブジェクトの詳細を写し出すことができます。

・ナトリウムランプや水銀灯の街灯からの人工光など、不要な光を効果的に遮断するように設計されています。

<主な仕様>
・サイズ※
 1.25” / 2” / 31mm / 36mm
・ガラス厚 1.85±0.1mm
・ネジ規格
 1.25”:M28.5×0.6
 2”:M48×0.75
 ※31mm、36mmはフィルター枠なし

Askar SII 7nm フィルター


<製品特長>
・7nmの狭い透過帯域幅。光害のある場所の撮影でも、空の暗い場所での撮影でも、最適に設計されています。

・SII輝線を放出する星雲、惑星状星雲、超新星残骸の撮影に効果的です。

・約90%以上の高い透過率と優れたブロック効果によりコントラストを大幅に向上し、ディープスカイオブジェクトの詳細を写し出すことができます。

・ナトリウムランプや水銀灯の街灯からの人工光など、不要な光を効果的に遮断するように設計されています。

<主な仕様>
・サイズ※
 1.25” / 2” / 31mm / 36mm
・ガラス厚 1.85±0.1mm
・ネジ規格
 1.25”:M28.5×0.6
 2”:M48×0.75
 ※31mm、36mmはフィルター枠なし

Askar デュオバンドフィルター


<製品特長>
・Askar デュオバンドフィルターはその名前が示す通り、天体が発する2つの輝線を透過させるフィルターです。既存のシングルナローバンドフィルターとはまったく異なり、フィルターホイールやナローバンドフィルターセットを購入する必要がないので、より経済的かつ効率的にナローバンド撮影が可能になります。また、デュオバンドフィルターは通常のカラーカメラ用ですので、モノクロ天体カメラを購入して複数のナローバンドフィルターを使用する必要はありません。本フィルターを使用することで、経済的にディープスカイ撮影をはじめることが可能です。

・輝線星雲、惑星状星雲、超新星残骸の撮影に適しています。中心波長495nm(OIII)および656.3nm(Hα)の帯域で非常に高い透過率を示します。帯域幅が狭いため、光害やその他の不要な人工照明や夜光を遮断することが可能です。Askarデュオバンドフィルターは、都市部などの光害の多い場所での天体撮影に最適なフィルターであり、暗い場所での撮影時にもコントラストを向上させる効果があります。

・星雲と超新星残骸のコントラストを高め詳細の描写を改善することを意図して設計されています。Askarデュオバンドフィルターは、非常に狭い帯域幅と495nmおよび656.3nmの中心波長での非常に高い透過率が特長であり、輝線星雲、惑星状星雲、超新星残骸の細部を最大限に引き出すことができます。また、帯域外のブロッキング能力は、200~1100nmのブロッキング範囲でOD3(0.1%)と評価されています。

・狭帯域幅と実効カットオフレートは、ナローバンドフィルターを選択する際の重要な指標です。Askarデュオバンドフィルターは、帯域幅が狭く、495nmと656.3nmで95%を超える極端な透過率を持ち、その一方で、他の撮影に不要な波長を十分にブロックします。したがって、Askar デュオバンドフィルターは、すべての光害を効率的に排除します。都市部の明るい背景の空で天体撮影用カメラを使用すると、このデュオバンドフィルターの素晴らしいパフォーマンスを実感できることでしょう。

・製造プロセスは厳密に管理されており、すべてのAskarデュオバンドフィルターは一つ一つ個別に検査されています。

<主な仕様>
・サイズ 1.25” / 2”
・ガラス厚 1.85±0.1mm
・ネジ規格
 1.25”:M28.5×0.6
 2”:M48×0.75

Askar LRGBフィルター


<製品特長>
・CCDまたはCMOSセンサーを備えたモノクロ天体カメラ用に設計されており、惑星やディープスカイオブジェクトのカラー画像化に役立ちます。

・高い透過率により、撮像対象のコントラストを向上させ、天体のディティールを引き出します。

・RGBの露出比率がほぼ1:1:1となるように設計されています。

・赤外線波長をカットするため、別途IRカットフィルターを入手する必要がありません。

・ナトリウムランプや水銀灯の街灯からの人工光など、不要な光を効果的に遮断するように設計されています。

<主な仕様>
・サイズ 1.25” / 2”
・ガラス厚 1.85±0.1mm
・ネジ規格
 1.25”:M28.5×0.6
 2”:M48×0.75

Askar VDP150/200/300

幅狭規格のドブテイルプレート。
プレートの前後端に、赤道儀に取り付けた際に不意な脱落を防ぐネジが取り付けてあります。このネジは用途に応じ取り外しも可能です。長さは150mm、200mm、300mm の3種類です。


<主な仕様>
Askar VDP150
全長:150mm / 質量:127g

Askar VDP200
全長:200mm / 質量:164g

Askar VDP300
全長:300mm / 質量:230g

Askar LDP200/300

幅広規格のドブテイルバー。
長さは200mm、300mm の2種類です。


<主な仕様>
Askar LDP200
サイズ:200mm×120mm×10mm / 質量:557g

Askar LDP300
サイズ:300mm×120mm×10mm / 質量:825g

※記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

【本製品についてのお問い合わせ先】
株式会社サイトロンジャパン
国内営業部 ストア課 TEL:03-6908-3112
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ