HALF TIME、1億円規模の資金調達を実施

HALF TIME株式会社

野村忠宏氏、宇賀神友弥氏、深谷知広氏など17名の個人投資家、並びに事業会社2社が出資

スポーツビジネス領域で人材・教育・PR事業を展開するHALF TIME株式会社(東京都港区、代表取締役:磯田裕介)は、6月30日時点で、野村忠宏氏、宇賀神友弥氏、深谷知広氏らをはじめとする17名の個人投資家、並びに、2社の事業会社を引受先とした第三者割当増資、及び、金融機関からの融資により、総額1億円規模の資金調達を実施したことをお知らせします。

当社は昨年に初の資金調達を実施しており、前回をプレシリーズAラウンドと再定義し、今回をシリーズAラウンドとして調達を実施しました。これは主に教育事業の成長を加速させることを目的としたもので、前回と今回の累計の調達額は2億円となります。

当社は2017年8月に人材採用領域で創業後、2019年7月にスポーツビジネスのプラットフォームサービス「HALF TIME」をローンチし、専門メディア『HALF TIMEマガジン』の運営や、累計1,900名が参加する業界最高峰カンファレンス『HALF TIMEカンファレンス』の主催、また法人顧客向けのPR・ブランディングサービスなどのPR事業を開始しました。

2020年からはグローバルなスポーツビジネス人材を輩出することを目的とした、社会人向けのスポーツビジネス講座『HALF TIME Global Academy』を、また今年からはアスリートのセカンドキャリア課題の解決に取り組む、現役・元選手向けのキャリア教育講座『アスリート キャリアオーナーシップ アカデミー』を提供開始し、コロナ禍でもオンラインによる教育事業を拡大させています。

当社代表取締役の磯田裕介は、「この度、コロナ禍という先行きの不透明な経済環境の中、多くの方々から出資をいただき大変嬉しく思います。スポーツ産業は中長期的に成長することが期待されており、中でもスポーツを軸に多様なサービスをワンストップに提供できるプラットフォームは高い需要があると考えられます。今回の資金調達をもとに、より高質なサービスを提供し、スポーツに関わる組織や個人の成長を支援することにより、スポーツ産業の発展に貢献して参ります」と述べています。

当社では今後も、「スポーツを通して生きがいのあふれる社会を実現する」というミッションのもと、多角的なスポーツ関連サービスをグローバルに提供して参ります。

以上

■HALF TIME株式会社について
HALF TIME株式会社は、2017年8月に設立されたスタートアップ企業で、スポーツビジネス領域で個人・法人向けに人材・教育・PRサービスを展開しています。Webサービスの「HALF TIME」では、スポーツ業界の最新情報・求人情報を届ける専門メディアと、法人向けに人材・採用サービスを提供しています。

また、世界最高峰の海外スポーツ団体のエグゼクティブが登壇し、累計1,900名以上の参加者を誇る日本最大級のスポーツビジネス・カンファレンス『HALF TIMEカンファレンス』や、オンライン・スポーツビジネス講座『HALF TIME Global Academy』を主催。アスリート向けにはキャリア教育講座『アスリート キャリアオーナーシップ アカデミー』も提供し、各種目の日本代表選手も参加しています。

「スポーツを通して生きがいのあふれる社会を実現する」というミッションのもと、多角的なスポーツ関連サービスをグローバルに提供します。

会社名:HALF TIME株式会社
設立:2017年8月21日
代表者:代表取締役 磯田裕介
従業員数:正社員5名、業務委託21名、インターン5名
住所:107-0062 東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6F
HP:https://www.halftime.co.jp/
Twitter:@HALFTIME_JP
Facebook:@HALFTIMEJP

■参考資料:個人投資家、並びに事業会社のプロフィール及びコメント(一部抜粋・順不同)

※上記以外の個人投資家、事業会社、金融機関については当該個人・企業との契約上非開示となります
※前回の資金調達に関する発表はこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000044192.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ