オンライン指導に対応した高校/大学野球向けトレーニング管理システム 「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball」を提供開始

株式会社 JTS

ウエイトトレーニング機材による筋力の測定と、グラウンドでの走力、跳躍力などの測定から、高校野球/大学野球に要求される「からだづくり」の現状をシステムで可視化

スポーツ トレーニング指導事業を手掛ける、株式会社 JTS(ジェイ・ティー・エス) (所在地:東京都台東区、代表取締役:細谷裕信)は、高校野球/大学野球の練習で行われたトレーニングの成果をデータベース化し、日々のトレーニング目標 プログラム作成 に役立てるトレーニング管理システム 「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball 」を2021年7月より提供開始しました。

メイン画像
■ 開発の経緯

ここ10年で甲子園出場校選手の、身長に較べた体重比が倍増大しているという点からも見られるように、高校/大学の野球チームにおいて、「からだづくり」の重要性が、大会などで結果を出すという点や怪我の防止のという観点からも、非常に高まっています。

当社では以前より、選手それぞれの力に応じた、最適なトレーニング メニューの作成と実地指導をしてきましたが、コロナによる影響で逐次訪問することが難しくなり、また年間2回~3回の当社による体力測定だけでは、日々のトレーニングの負荷を設定する指標にするには回数が少ないといった課題がありました。

また各チームにおいては体重測定や体力測定データは取っているものの、紙やExcelなどを使用したデータの管理方式では、情報の散逸や数年を通した傾向の分析が難しいといった課題がありました。

そこで、当社では日常的なウエイトトレーニングとグラウンドでの走力や跳躍力の測定値を、クラウドで管理/分析を行うことができる、トレーニング管理システム 「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball 」を開発いたしました。

■ JTS 細谷裕信より

現在社会情勢において、トレーニング指導が思うようにできない中、このような仕組みを利用して各種学校/チームに対する手伝いができる事を、心よりうれしく思っています。
本システムは、JTS で指導している約 20 チームで既にご使用いただき、そこでいただいたご意見などを反映しているため、自信を持ってお薦めできるものになっています。

■ トレーニング管理システムの概要

トレーニング管理システム 「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball 」 各チームで使用しているウエイトトレーニング機材による筋力の測定と、グラウンドでの走力、跳躍力などの測定から、高校野球/大学野球に要求される「からだづくり」の現状を可視化します。

<4つの特長>
1:システムへデータ入力することで、データベース化し、ウエイトの推定1RM(*1)や30mダッシュのタイムなど測定データを管理するとともに、当社指標による「10段階評価」や、前回との比較を行うことができる (*1… 1RM (One-repetition maximum) 推定挙上重量のこと。回数と負荷で筋力を推定する手法。)

2:データ分析により、各選手の実力値やその傾向、チーム全体の傾向、過去の選手含む異なる選手のデータ比較等を行うことができる。

3:測定データから、これからのウエイトトレーニングの負荷設定を算出することができる。

4:オンライン会議を使用し、システムを使用して出力された結果に対して、データの読み取り方法をレクチャーするサービスもあわせて提供する

標準的な測定項目

ウエイト トレーニング

べンチプレス
ベントオーバーロウイング
デッドリフト
ハイクリーン
スクワット
シットアップ

フィールドでの測定

バウンディング
メディシン ボール バックスロー
30mダッシュ
H-2 (ツーベース走タイム)
P-P走 (レフトポール~ライトポールまでの走タイム)

■ ユーザーの声

香川県立高校 野球部 監督 D 様
当野球部では、以前よりジェイ・ティー・エスにトレーニング指導を行っていただいていますが、この「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball」 通じて選手個人に対する最適なトレーニングを提示できています。今オフシーズンは3週間に1回の割合でデータを取りましたが、数値の伸びと技術の伸びが比例したり、いろいろな状況でメンタルが落ち込んでいる選手のデータの低下が見られたりと選手の現状を把握するのに役立っています。

山梨県立工業高校 野球部 監督 M 様
永年にわたって、ジェイ・ティー・エスにトレーニング指導を行っていただいており測定データは30年近くのデータが用紙で蓄積されております。永年チーム運営に携わっていると、現役の選手と何年も前の別の選手との共通点を感じることがよくあります。今後はデータで管理蓄積し過去との選手の共通点を見いだし、その成功体験を伝えるためにも「JTS Power & Speed Up Navigator for Baseball」を活用したいと考えています。

群馬県 私立高校 スポーツクラス担当教員 S 様
このシステムを昨年秋から使っています。スポーツクラスの生徒は部活動が成績と連動するため、このシステムの評価やデータの伸びを、2学期の採点に使いました。
特に対外試合が組めなかった時期は、客観的な成果を得ることができるこのシステムが非常に役立ちました。

茨城県立水海道第一高等学校 野球部コーチ 東様より
本校は創立120年を誇る学校であり文武両道を目指して取り組んでおります。
今年3月よりPSUNを活用しています。これまでは年2回の測定を行なっていましたが、PSUNでは2週に1回の測定を実施しています。以前の10倍以上の細かなスパンでデータを取ることで、選手の小さな変化にも気づくことができ、成長の過程や疲労の蓄積など、目に見えづらい部分も可視化できるようになりました。PSUNのような新たな取り組みも積極的に活用し、悲願の甲子園初出場を目指してチームの強化を図っていきたいです。

■ 使用方法
申し込み手続き後、接続先の URL とユーザー名とパスワードを、当社から連絡いたします。
上記の情報より PC からログインし、データの入力や参照を行うことができます。

Excel を使用した一括アップロードによるデータ入力や更新も可能です。
※ PC のブラウザーは、Edge(Chromium版), Google Chrome を使用ください。

■ 利用料金

標準システム利用料 ¥11,000(税込み)/月額
ログインアカウントの追加、データ入力の代行、遠隔サポートは別途費用を申し受けます。

■ 問い合わせ先

株式会社 JTS(ジェイ・ティー・エス)
ホームページ : http://www.training.co.jp/
メールアドレス:psun-support@training.co.jp
問い合わせフォーム : https://forms.gle/qHxXSaLAPtnLWMou6

データ入力画面

チームのヒストグラム
トレンド表示
二つの項目を比較
レーダーチャート表示
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ