SUMMER SHOOT’21はアーチェリー大会からフェスへと進化を遂げられるのか?選手の大会エントリーがスタート!

ジャパンアーチェリーシンジケート

https://ubgoe.com/projects/34

そして大会当日、会場にて放映予定。KEN THE 390,Unknown Kun,アポロノームのMV放映が決定!そして他アーティストも決定次第公式サイトで順次発表。ご協賛企業第一弾も公開。

2021年9月25、26日 新潟県津南町において開催予定のSUMMER SHOOT’21

私たちは、コロナ禍の昨年9月、私たちは新型コロナウイルスの影響で大会出場の場を失った学生たちのために独自の大型アーチェリー大会を開催いたしました。
そして、今年はさらにオンラインリモート大会も併催し全世界の選手にもエントリーしていただき、
この状況でも「#スポーツを止めるな」の実現ができると示していきたいと思っております。

そんなSUMMER SHOOT’21は現在大会エントリーとクラウドファンディングを開始しております。

クラウドファンディング:(うぶごえにて、200%をめざして挑戦中)
https://ubgoe.com/projects/34

大会エントリー(現在優先エントリー受付中、一般は7/16 17:00~):本年も株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス様にご協賛いただき、選手エントリーも宿泊もまとめて受付中
https://sports.knt.co.jp/tour/2021/09/summer_shoot/

アーチェリー大会を発展させてフェスとして開催をしたいという構想は最初からあったのですがこの新型コロナがまだまだ収束しない中。この夏の野外フェスが次々と中止になる中で考え、ご本人のステージは難しかったのですが、アーティストの方々MVを流すことでこの先のサマーシュートのありかたを示せればと思っております。


今年は昨年に聞き続きunknownkunのご協力のもとMVをご提供いただけることになりました。

Unknöwn Kun(アンノウンクン)
SNSのみで活動する正体が一切不明のシンガーソングライター。
自由な感性と鋭い批評性を持って、楽曲が数々のTVCMで大抜擢される。
一度耳にしたら一発で好きになること間違いないアーティスト。
これは彼がUnknöwn(未知な、知られてない)からFamöus(有名)になる軌跡を辿る物語

そして今年は新たに

KEN THE 390 -ケンザサンキューマル-

Twitter : https://twitter.com/KENTHE390
Instagram : https://www.instagram.com/kenthe390/
facebook : https://www.facebook.com/KENTHE390off…
Official LINE : https://lin.ee/bbiezXP
FC390 (online community) : https://kenthe390.fensi.plus/page/salon

ラッパー、音楽レーベル”DREAM BOY”主宰
フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年アルバム「プロローグ」にてデビュー。これまでに11枚のオリジナルアルバムを発表。ライブパフォーマンスにも定評があり、全国でのライブツアーから、タイ、ベトナム、ペルーなど、海外でのライブも行う。
またテレビ朝日にて放送されたMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」へ審査員として出演。番組内での的確なコメントが話題を呼ぶ。
近年は、makitaのWEB MOVIEにてバスケットボールプレイヤーの八村塁選手と共演などを始めとする各種CM出演、Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」「Devilman crybaby」などの映像作品でのラップ監修。「ヒプノシスマイク」への楽曲提供や、「ヒプノシスマイク Rule the Stage 」音楽監督、「PRODUCE 101 JAPAN SEASON 2」ラップトレーナーなど、ジャンルを超えた様々なプロジェクトへの参加、アーティストへの楽曲提供も行っている。

アポロノーム

関西インディーズシーン 昨年のコンテストでも優勝した大阪豊中発 女性ツインボーカル・フルカラーポップバンド「アポロノーム」誰もが心惹かれる歌声 大西 と誰もが癖になる歌声 辻村 によるツインボーカル。似て非なる2色のパレットに色とりどりのコーラスワークやメロディ、フレーズを乗せて、明日からの人生を彩る音楽を、貴方に。

・収録曲『君へ』FM NHK公式ラジオ番組
“ミュージックライン”
4・5月度 オープニングテーマに決定
・収録曲『愛ふれる』関西テレビ “ウラマヨ!”
4月度エンディングテーマに決定


上記アーティストの方々からMVを提供いただいております。

そして当日のフードエリアにはあのテレビ番組でも有名な方にもご出展いただいております。

今年も各社のご協賛もいただいておりまして、第一弾がこちらになります!様々な角度からの挑戦やご支援、ご協賛、ご協力をいただいて
「まだまだマイナースポーツにはできることがある!」ことを実現していきたいと思っております。

そして、まだ他のアーティストの方々にも打診をしており
来年以降、アーチェリー大会としてのサマーシュートから大会だけが目的ではない多様性をもったフェスへと進化をさせていきたいと考えております。ぜひメディアの皆様、お取扱い何卒宜しくお願い致します。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ