椎名誠が古今東西200冊以上の遭難・漂流本蔵書から厳選!『漂流者は何を食べていたか』が刊行されます

株式会社新潮社

自らも冒険家として数々アブナイ目に遭ってきた椎名誠が「遭難サバイバル術」の数々を紹介!!

旅好きのシーナさんは、本屋(新刊、古本)が大好きです。講演や取材で地方に出かけると、決まって時間を作って地元の書店をおとずれます。郷土本コーナーや古本屋の片隅で、見たこともない「漂流記、遭難記」を手にした時は、それはもう狂喜乱舞。そうして、集めたコレクションが自宅の書庫に収められているのですが、なぜか今まで「丸ごと1冊、漂流記」という本を書いたことがありませんでした。「そうか、『生還した漂流者は何を食べていたのか』というテーマはありだな。いや、オレしか書けないだろう、オレが書くべきだ」と、新宿の飲み屋でつぶやいたことで、小説新潮の連載が始まり、ついにこの夏、書籍化されます。

・もし海で遭難してしまったら、まず何をしたらいいのか?
・数少ない荷物は何に、どう使えばいいのか?
・助けが来るまで飢えずにいられる方法はある?

残された食べ物はわずか。飲み水もない。彼らはどうやって生き延びたのか? ウミガメをさばき、海鳥を手掴みし、シロクマと闘い、ペンギンを刺身で喰らう。運と知恵、最後まであきらめない意思が命をつなぐ━━数々のエピソードとともに実用的な「先人の知恵」も多数紹介されています。

【シーナさんが選んだ、ヒリヒリ、ハラハラの15冊のほんの一部から】
▼『117日間死の漂流』(モーリスベイリーなど、講談社)。イギリス人夫妻の乗るヨットがクジラに衝突。救命ボートで漂流する。初めてウミガメを生で食べたのが10日目。安全ピンを釣り針に改良。奥さんはサメも手掴みで捕らえたが……手に汗握る記録。

▼『北槎聞略』(桂川甫周)。船頭・大黒屋光太夫率いる16人が仙石船で漂流するもアリューシャン列島に漂着。がそこはさいはての地。結局、犠牲者を出しながら10年も厳寒の地を流浪することになる。やがてロシア人たちと一緒に船を作り脱出。ラッコ、アザラシ、トドなどを積み込む。結局、13人が壊血病で死亡。シーナさんは実際にこの地を取材で訪れ、その旅がいかにすさまじいか身をもって体験する。

▼『大西洋漂流76日間』(S・キャラハン、早川書房)。シーナさんお気に入りの本。漂流者は次々に起こる苦難と戦い続ける。落ち込んでいる暇もないくらい、諦めず、工夫をし、生き延びていく。感動的なのは手作りの真水精製装置。シイラとの闘いは、まるで狩猟民族のよう。干し葡萄を醗酵させたり、魚を干したり、頭と体力の限りを尽くして生き延びる感動の一作。

▼その他、テキストとなった本。『荒海からの生還』『奇跡の生還〈ローズ・ノエル〉号119日間の漂流』『日本人漂流記』『パパーニンの北極漂流日記 氷盤上の生活』『フラム号漂流記』『エンデュアランス号漂流』『凍える海 極寒を24ヶ月間生き抜いた男たち』『コロンブスそっくりそのまま航海記』『コン・ティキ号探検記』『無人島に生きる十六人』『竹筏ヤム号漂流記 ルーツをさぐって2300キロ』など。

【本書の詳細情報】
タイトル:漂流者は何を食べていたか
著者名:椎名誠
ページ数:224ページ
価格:1540円(税込)
ISBN:978-4-10-603869-2

【著者紹介】

椎名誠(しいな・まこと):1944年、東京都生まれ。作家、写真家、エッセイスト。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞、『アド・バード』で日本SF大賞。小学生の頃に読んだ『十五少年漂流記』を皮切りに、漂流記本の虜になっている。探検、冒険にも心を奪われ、タクラマカン砂漠、マゼラン海峡、アリューシャン列島他、多くの辺境を旅している。自宅の書庫には、200冊を超える、漂流記、冒険記、探検記がある。新潮選書では『『十五少年漂流記』への旅』『水惑星の旅』『ノミのジャンプと銀河系』の著書がある。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ