後半戦に入った第74回カンヌ国際映画祭。連日アルマーニの衣装を着用したセレブリティがレッドカーペットに登場しています!

ジョルジオ アルマーニ ジャパン 株式会社

後半戦に入り、さらに盛り上がりを見せるカンヌ国際映画祭。今回はそれぞれの個性が光る「タキシードスーツ」のルックばかりをご紹介します。

レッドカーペットの王道、タキシードスーツ。カンヌ映画祭やアカデミー賞など重要な場において、アルマーニのタキシードスーツが登場しない年はありません。一言にタキシードスーツといっても、セレブリティともなるとその着こなしにはそれぞれの個性が現れます。

正統派のタキシードスーツで登場したのは、プエルトリコの人気俳優ベニチオ・デル・トロ。ピークトラペル、深いネイビーカラーのタキシードスーツはジョルジオ アルマーニのもの。白シャツにボウタイを合わせた、王道コーディネートで登場です。

続いては、フランスの俳優、ルイ・ガレル。ベニチオ・デル・トロと同じく深いネイビーカラーのタキシードスーツを着用していますが、シャツのカラーをスーツと同色にし、ノータイで登場することでモダンな雰囲気に仕上げています。こちらのタキシードスーツも、ジョルジオ アルマーニのもの。
Louis Garrel photo credit SGP
続いては、ブラジル出身、レアル・マドリード所属のサッカー選手、マルセロ・ヴィエイラ。彼はジョルジオ アルマーニではなくエンポリオ アルマーニのタキシードスーツをセレクト。ワインカラーのタキシードスーツは、パンツ丈を短めにセットし、ボリュームスニーカーを合わせるという自由さ溢れるレッドカーペットスタイルを披露。

Marcelo photo credit SGP
一言に「タキシードスーツ」と言ってもその着こなしは着る人によって大きく異なります。ジョルジオ・アルマーニが常に訴える「洋服は着る人の個性を際立たせるためのもの」という哲学が、レッドカーペットの上でも存分に発揮されています。

公式サイト: https://www.armani.com
公式Twitter: https://twitter.com/ARMANI_JAPAN
公式Facebook: https://www.facebook.com/armani.japan/
公式YOUTUBE: https://www.youtube.com/Armani
公式Instagram: https://www.instagram.com/giorgioarmani/
公式LINE: https://lin.ee/jg1Lsbv

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ