【ルイ・ヴィトン】ルイ・ヴィトンがカンヌ国際映画祭を記念したディナーイベントを開催

ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社

2021年7月13日、フランス·カンヌ(現地時間)ー

ルイ·ヴィトンは 第74回カンヌ国際映画祭を祝したディナーイベントを開催しました。

同イベントにはカンヌ国際映画祭で審査員長を務めるスパイク·リーをはじめ、俳優のタハール·ラヒム、ティモシー·シャラメ、シンガーソングライターのルース·アンド·ザ·ヤクザなどのセレブリティが、メゾンのコレクションを身に纏い来場しました。

(C)LOUIS VUITTON
(左から)第74回カンヌ国際映画祭の審査員長を務めるスパイク·リーとトーニャ·ルイス·リー夫人、カンヌ国際映画祭審査員を務めるタハール·ラヒム、俳優のイザベル·ユペール、俳優のティモシー·シャラメ
(C)LOUIS VUITTON
(左から)モデル兼俳優のディラン·ペン、俳優のアデル·エグザルホプロス、俳優のノエミ·メルラン、シンガーソングライターのルース·アンド·ザ·ヤクザ

(C)LOUIS VUITTON
(左から)俳優のマリア·バカローヴァ、俳優のセリーヌ·サレット、俳優のメラニー·ティエリー、俳優のイザベル·ファーマン
(C)LOUIS VUITTON
(左から)俳優のドリア·ティリエ、ジャーナリストのオーギュスタン·トラペナード、俳優のレナーテ·レインスヴェ、俳優のメング·リー
(C)LOUIS VUITTON
(左から)モデルのレナ·シモーヌ、デザイナーのアミナ·モアディ、映画プロデューサーのメリタ·トスカン·デュ·プランティエ、デザイナーのクリスチャン·ルブタン

【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトwww.louisvuitton.comをご覧ください。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ