『パワプロアプリ』 新シナリオ「討総学園高校」21日から配信スタート! 「パワチャン」2021シーズンのエントリーも開始!

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』(以下、『パワプロアプリ』)において、新シナリオ「討総学園高校」を7月21日(水)メンテナンス後から配信することをお知らせします。


新シナリオの舞台は、弱肉強食の世界。ライバルたちとの生き残りをかけた争いを勝ち抜くことで、強力な選手を育成できます。新シナリオ配信を記念した豪華なキャンペーンも開催!

また、『パワプロアプリ』の最強プレイヤーを決めるeスポーツ大会「パワプロアプリ チャンピオンシップ」2021シーズンのエントリーも、21日からスタートします。

「パワチャン」公式サイト
e-baseball.konami.net/pawachamp/2021/pawa_app/

新シナリオ「討総学園高校」

■あらすじ
厳しい競争システムを採用し、選手同士が切磋琢磨する討総学園高校。
レベルの高い環境で自分を磨けると校長の理念に賛同し、入学した主人公だったが・・・
アスレテース高校の因縁の相手「討総学園高校」が遂に登場!
ライバルたちと競い合い、甲子園を目指そう!

■育成のポイント
能力と経験点による「闘気」を競い合うことで部内の順位が決まる討総学園。
定期的に順位が低い者が退学となり、転校生が補充される。
またライバルと「1vs1練習」で競い合い、勝てば相手の経験点が自分のものに!
「闘気」を高めて勝利を重ね、頂点を目指して生き残れ!

・闘気が高い順に番付され、定期的に下位5人が退学となる。退学者が出ると、より強い転校生が補充される。
・討総学園では、通常練習と独自の1vs1練習の二つが存在! 1vs1練習では、各チームメイトが持っている経験点を奪うことができる。

「討総学園高校」に登場するキャラクター

◇キリル・フォスター


討総学園野球部のエースピッチャーであり、校長の息子。学園の理念を体現する存在。

◇宮田 良哉(みやた りょうや)


究極のめんどくさがり屋。争いには興味がないが、天才がゆえに敗北知らず。

◇佐渡 摩智(さわたり まち)


討総学園のシステムと相性が良いバトルマニア。同じく野球をしている姉がいる。

◇シュバリエ


本名シュリー=シュルバン。スポーツエリートの家系に属し、実力が高いが他人を蹴落とす勝負は好まない。

◇忠主 七緒(ただす なお)


野球部のマネージャー。競技中以外はみんなが仲良くできるように一生懸命頑張っている。

◇セルゲイ・フォスター


討総学園の校長。自らの理念に基づいた学園の教育システムに絶対的な自信を持つ。

◇目代 金蔵(めだい きんぞう)


アスレテース高校の校長。セルゲイとは昔からのライバル。

デビューガチャ 討総学園高校

新シナリオ「討総学園高校」に登場する 佐渡 摩智 / 宮田 良哉 / シュバリエ / 忠主 七緒 が新たに出現!

討総学園高校 配信記念キャンペーン

■討総学園高校でアイテムゲットキャンペーン
キャンペーン期間中に討総学園高校で育成完了すると、 金のきらめきや天才の入部届などと交換できる「アイテム引換券」を獲得できます。「アイテム引換券」を獲得できるのは1日に1回までで、 キャンペーン期間中に獲得できる数は20枚まで。

◇1人でアイテムゲットボーナス
アイテム引換券を累計15枚獲得すると、SRガチャ券×1をゲットできます。

キャンペーン期間: 7月 21日(水)メンテナンス後 ~ 8月4日(水)13:59
報酬受け取り期間: 7月 21日(水)メンテナンス後 ~ 8月 11日(水)13:59
対象者:キャンペーン期間中に「討総学園高校」をプレイしたお客様

◇みんなでアイテムゲットボーナス
全プレイヤーでアイテム引換券を累計200万枚獲得すると、SRガチャ券×1をゲットできます。

報酬受け取り期間: 7月 21日(水)メンテナンス後 ~ 8月 11日(水)13:59
対象者:キャンペーン期間中に「討総学園高校」をプレイしたお客様

※詳細は、ゲーム内お知らせをご確認ください。

「パワチャン」2021シーズンがエントリー開始!

『パワプロアプリ』の最強プレイヤーを決めるeスポーツ大会「パワプロアプリ チャンピオンシップ」2021シーズンのエントリーが7月21日(水)からスタート!!今年で6回目を迎える「パワチャン」は、昨シーズンと同じくサクセス勝負と野球勝負によって、王者を決定します。

大会の概要などは、公式サイトをご確認ください。
e-baseball.konami.net/pawachamp/2021/pawa_app/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ