アニメ界のレジェンドが語る、日本アニメの50年。名プロデューサー・丸山正雄さんに聴く!8月7日(土)開催【NHKカルチャーオンライン講座】

株式会社エヌエイチケイ文化センター

多くのクリエイターの才能を見出し、作品を企画・プロデュースすることで日本のアニメを支えてきた丸山さん。リアルタイムのみの配信をお見逃しなく!

手塚治虫にはじまり、富野由悠季、細田守、片淵須直、りんたろう、、数多くの巨匠・クリエイターと出会い、生み出した名作アニメの数々。その出会いから、一つの作品を完成させる過程まで、プロデューサーとして関わってきた丸山さんが明かす舞台裏とは。アニメプロデューサーの仕事とは?そもそも「プロデュース」とは?
伝説の「マッドハウス」や「MAPPA」など、アニメ制作会社を設立したプロフェッショナルとしてのお話にもご期待ください。

丸山正雄さん
いまや世界的な人気を誇る日本アニメ。その黎明期から現在まで、50年以上にわたって活躍しつづけるプロデューサー丸山正雄さんがオンライン講座に登場します。
関わった作品は、アニメ黎明期の『リボンの騎士』『あしたのジョー』、近年では『パプリカ』『サマーウォーズ』『この世界の片隅に』など。アニメ界との関わりは、手塚治虫さん率いる虫プロダクション入社からはじまりました。その後は独立し、『幻魔大戦』『千年女優』『カードキャプターさくら』『DEATH NOTE』『ちはやふる』『デス・パレード』などで知られる伝説の制作会社「マッドハウス」を起ち上げます。その後は『呪術廻戦』など大人気作を手がける制作会社「MAPPA」を立ち上げ、現在もスタジオM2代表として現場に携わっています。
日本アニメーションの第一線に携わり続け、多くのクリエイターの才能を見出し、作品を企画・プロデュースすることで日本のアニメを支えてきた丸山さん。今回は御年80歳になるご自身の体験をもとに、半世紀以上にわたりアニメを世に送り出してきたその制作の舞台裏や日本アニメのDNAについてじっくりとお話しを伺います。
聴き手はアニメーション史研究家の原口正宏さん。

■丸山正雄(まるやま まさお)
1941年生まれ宮城県出身。法政大学卒業。アニメーションプロデューサー。元・(株)マッドハウス取締役社長、現・MAPPA取締役会長、スタジオM2代表取締役社長。1965年に虫プロダクションに入社以降、日本のアニメ業界の黎明期から活躍。関係作品:劇場作品『パーフェクトブルー』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』『時をかける少女』『サマーウォーズ』『この世界の片隅に』ほか、TV作品も多数。

原口正宏さん
■聴き手:原口正宏(はらぐち まさひろ)
1962年生まれ東京都出身。早稲田大学卒業。アニメーション史研究家。リスト制作委員会代表。東京工芸大学ほか講師。https://twitter.com/dataharamasa

講座名:アニメプロデューサー丸山正雄が語る アニメ制作の歴史
講師:アニメプロデューサー 丸山 正雄 /(聞き手)アニメーション研究家 原口 正宏
受講形態:オンライン
※この講座は見逃し配信無し、リアルタイム配信のみでの開催となります。
開催日時:8月7日(土) 14:00~15:30
受講料金:NHK文化センター会員・一般(入会不要) 税込3,190円
主催:NHK文化センター梅田教室

▼お申込みはこちらから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1230201.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ