職業筋肉 山田崇太郎プロデュースのスクワット特化型トレーニングジム「PANDA GYM」2021年8月人形町にオープン

株式会社 KND

世界初の本格的スクワット特化型施設に

株式会社 KND (本社:東京都港区、代表取締役:山田崇太郎)が運営するトレーニングジム「PANDA GYM(パンダジム)」は、2021年8月に設備を充実させ、麻布十番から人形町に拡張移転致します。移転に伴い、これまでのパーソナルトレーニング限定の運営方式から、いつでも入退館可能な形での運営を開始します。

ジム内装イメージ

スクワット特化型ジム

PANDA GYMはスクワットに特化したジムとして機材のセレクトから配置までスクワットのために設計されています。こだわりのフリーウェイト環境を整え、他のジムではあまりないトラップバーやヘックスバーもしっかりと用意しました。
・混雑しないように会員数を制限
・スクワットのための間取り
・スクワットのための器具ラインナップ
・リグ設置による開放感
といったこだわりの空間です。

PANDA GYMがスクワットに特化する理由

スクワットはキングオブエクササイズと呼ばれ、すべてのトレーニングの基本となる動作です。人間が健康に生きていくために必要な3要素である

・筋肉量を増やす

・ホルモン分泌を促す

・機能性を高める(筋力をつける)

を最も効率的に行えるトレーニングがスクワットです。これは、自重よりもバーベルを用いた高負荷のスクワットのほうが効果的かつ効率的です。新型コロナウイルスの流行でリモートワークが普及したことにより、運動不足は深刻なものとなっています。
PANDA GYMではこのバーベルスクワットを行いやすい環境を整備し、短時間でも運動不足にならないトレーニング環境を提供し、皆様の健康をサポートしてまいります。

書籍の出版

PANDA GYM代表の山田崇太郎はスクワットの素晴らしさを伝えるべくPANDA GYMを拡張移転しますが、さらに日本のスクワット人口を増やすべく、「スクワットの深さは人間性の深さ -戦略思考とやりぬく力を鍛える最強のトレーニング-」を8月3日に出版します。本書はビジネスにスクワットが有効な理由から具体的なスクワットのフォームまで職業筋肉人生の集大成となる渾身の一作です。

PANDA GYM代表山田崇太郎からメッセージ

PANDA GYM代表 山田崇太郎
はじめまして。職業筋肉 山田崇太郎です。この度人形町にスクワット特化型トレーニングジム、PANDAGYMをオープンすることとなりました。このジムは日本初のスクワット特化型ジムです。おそらく世界でも初となります。

PANDA GYMでは誰にとっても最高のスクワットが行える環境を用意しています。スクワットを安全に行え、かつ上級者でも満足できる負荷をかけられる器具やマシンを揃えました。

空間は建築家の各務太郎 氏プロデュース。スクワットに最適、かつ映えるライティングと内装です。
健康には運動は重要、筋肉は必要です。運動不足からくる肥満、脂質異常、心疾患など生活習慣病のリスク、ホルモン分泌の低下によるメンタルへの悪影響、骨密度の低下→転倒からの骨折→寝たきりなど健康的に過ごせる寿命に大きく差が出る事が研究で判明しています。

その全てを予防、解決するのがスクワット。キングオブエクササイズと言われる所以です。
スクワットはバーベルを肩に担いでしゃがんで立つ、それだけのシンプルなエクササイズです。この動作で全身の70%の筋肉を使い、加齢に伴って衰える全ての筋肉を効率的に鍛える事が可能です。しっかり負荷をかける事ができるので、筋肉を積み重ねていけます。貯筋です。お金も大事ですが筋肉も大事です。
なぜ人類が皆スクワットを行うべきなのか、その根拠について千葉久義 氏と共著で執筆した、「スクワットの深さは人間性の深さ -戦略思考とやりぬく力を鍛える最強のトレーニング-」も2021年8月に出版されます。職業筋肉としてスクワットの魅力を広めて参ります。

クラウドファンディングについて

最高の環境を用意することに専念しすぎて資金ショートの危機に陥り、慌ててクラウドファンディングをスタートしました。すでにピンチです。しかしピンチはチャンス。いつまでもしゃがんでいるスクワットはありません。かならず立ち上がります。

最高のスクワット環境を守るため、皆様の温かいご支援を賜れますようお願い申し上げます。
https://camp-fire.jp/projects/view/446878

<株式会社KND 会社概要>
会社名:株式会社 KND
代表取締役社長:山田 崇太郎
事業内容:スポーツジムの運営/トレーニング器具の企画・開発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ