「スポーツ現場におけるハラスメント防止動画」が完成しました!

公益財団法人日本スポーツ協会

スポーツを「する」「みる」「ささえる」ための環境づくりを行うJSPO(正式名称:公益財団法人日本スポーツ協会 東京都新宿区/会長 伊藤雅俊)は、スポーツ現場におけるハラスメント防止動画を制作し、ホームページに公開いたしました。


当協会女性スポーツ委員会では、2018年度に策定したアクションプラン2019-2022の中で、「ハラスメント防止に向けた普及・啓発」に取り組んでおり、この動画は、指導者、競技者、支援者等、より多くの方がスポーツ現場におけるハラスメントを理解し、スポーツ現場からハラスメントを根絶することを目的に制作いたしました。
ハラスメントの考え方から各行為の事例、ハラスメント防止のために出来ること等を分かりやすく解説していますので、スポーツ現場に関わるあらゆる方々にご覧いただきたい内容です。多くの方にご覧いただき、スポーツ現場のハラスメント根絶に繋がることを願っています。

【スポーツ現場におけるハラスメント防止動画】
ch.1 ハラスメントの考え方
ch.2 暴力
ch.3 暴言
ch.4 セクシュアルハラスメント_ジェンダーハラスメント
ch.5 パワーハラスメント
ch.6 差別的な対応
ch.7 性的マイノリティを取り巻く問題
ch.8 ハラスメント防止のために

動画再生はこちら:https://www.japan-sports.or.jp/women/tabid1331.html

◆JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)について
JSPOは、1911年7月に「国民スポーツの振興」と「国際競技力の向上」を目的に、大日本体育協会として創立。日本体育協会を経て、2018年4月1日、現在の名称となりました。

JSPOでは、国民体育大会や日本スポーツマスターズなど各世代を網羅したスポーツ大会の開催、スポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブなどスポーツをする場の創出、スポーツの楽しみをサポートするスポーツ指導者の育成、最新の医・科学に根差したスポーツの推進など、誰もが自発的にスポーツを「する」「みる」「ささえる」ための幅広い事業を展開しています。また、わが国スポーツの統一組織として、国や60を超える競技団体、47都道府県スポーツ・体育協会など、様々なスポーツ関連団体・組織や個人と連携しています。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ