“北海道スペースポート”を推進する北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社が株式会社コンサドーレと「パートナーシップ協定」を締結

SPACE COTAN株式会社

宇宙×スポーツの掛け合わせで地域活性化を目指す

アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、株式会社コンサドーレ(北海道札幌市、代表取締役社長CEO 野々村芳和)との3者間において、8月13日にスポーツ×宇宙のまちづくりパートナーシップ協定 (以下、「本協定」という。)を締結したことを発表いたします。

本協定締結により、北海道大樹町、株式会社コンサドーレ、SPACE COTAN 株式会社が連携協働し、スポーツ振興と宇宙のまちづくりに取り組むことにより、地域の更なる活性化を図って参ります。 また、北海道大樹町とSPACE COTANは今後も様々なスポーツ関係団体との連携を予定しております。

背景


本協定は、宇宙×スポーツという異⾊のコラボレーションではありますが、夢を持つことや夢を諦めないことの大切さ、こどもたちへの教育の視点、活動を通して北海道、地域を活性化することなどいくつか共通点があり、お互いのビジョンと活動に共感し、今回の締結へと至りました。北海道大樹町とSPACECOTANがスポーツ団体とパートナーシップ協定を結ぶのは今回が初めてとなります。

記者会見でのコメント

■大樹町長 酒森正人


ここ北海道をホームタウンとするコンサドーレ札幌とパートナーシップ協定を締結させていただいたこと、大変嬉しく思っているところです。コンサドーレ札幌のチームスローガンである「北海道とともに、世界へ」のように、我々大樹町も「北海道とともに、宇宙へ」という目標のもと、これから相互に連携し、お互いが発展・成長し、「世界」そして「宇宙」へ羽ばたいていけるような取り組みを進めていきたいと期待しているところです。
コンサドーレ札幌は今年で創立25年、スタートはまさにゼロからのスタートであったと思います。私ども大樹町の宇宙の取組みも30余年にわたってまさにゼロからのスタートでした。まだまだこれからも挑戦し続けなければならないと思っています。サッカーと宇宙、活動の場は異なりますが、今回、同じ理念・同じ思いを持って夢の実現に向かって進んでいける魅力的で強力なパートナーを得ることができたと思っていますので、今後のお互いの歩みを心から楽しみにしています。本日の協定の締結、誠にありがとうございました。

■株式会社コンサドーレ コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン 河合竜二


大樹町、SPACE COTAN社並びに北海道スペースポートと我々コンサドーレにはいくつかの共通点があると考えています。
一つ目は、多くの方々を巻き込んで地域を盛り上げていこうという姿勢、そして、二つ目は今回の協定に関わる団体はみな北海道を拠点として大きく羽ばたこうとしていることです。
大樹町・SPACE COTAN社は、この北海道から大きな希望を抱き、宇宙へのアプローチをとり始めています。我々コンサドーレも北海道を拠点としつつ、アジアや世界へ存在感を発揮し、より多くの人々にサッカーを楽しんでもらうことを目指しています。宇宙にもサッカーにも北海道にも、数多くの美しく素晴らしい魅力があります。我々が協力し合い、お互いに刺激し合える関係を構築することで単純な足し算以上の成果を生み出せると信じています。これから、大樹町、スペースコタン社と様々な取組みができることを心から楽しみにしています。本日は誠にありがとうございました。

■SPACE COTAN株式会社 代表取締役 小田切義憲


宇宙はかねてから夢や憧れの世界と言われてきましたが、すでに夢のものではなく現実のものとして私たちの手の中にあり、これから益々進んでいくものと考えています。一方で、若者の皆さんには⾊々なことにチャレンジしてほしいと思っていまして、その中で夢を持つということが非常に重要だと思っています。この夢という観点で宇宙とスポーツ、コンサドーレ様との関係をしっかり構築できればと思っています。スポーツとスペースという言葉は似ていて、語源を調べるともともとスポーツは「移る、移動する、運ぶ」という意味がありまして、そういった意味でモノを遠くに運ぶというのは我々スペースの仕事でもあり、まさにスペースとスポーツの関係というのが、今回協定を結ぶことによってより具体的に作っていければと思っています。今後⾊々な観点で、コンサドーレ様そして大樹町と一緒に取り組んでいきたいと考えていますので今後ともよろしくお願いします。本日はありがとうございました。

北海道スペースポートとは


HOSPOは、 2021年4月に北海道大樹町にて、アジア初の民間にひらかれた宇宙港として本格稼働しました。 「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」というビジョン実現に向けて、ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)の射場・実験場を整備し、打上げ支援業務を行います。HOSPOは世界の宇宙ビジネスを支えるインフラとして、航空宇宙の研究開発~ビジネスのサポートならびに地方創生を含むビジネス機会を提供します。2025年までに2つの人工衛星用ロケット射場整備の資金を集めており、その資金確保にふるさと納税(企業版・個人版)や寄付の仕組みを活用しております。*1

北海道スペースポートWebsite:https://hokkaidospaceport.com

*1:大樹町では地域再生計画「大樹町発!航空宇宙産業集積による地域創生推進計画」のなかで企業版ふるさと納税の用途として、スペースポートの施設整備を盛り込み、2020年3月に内閣府の認定を得ている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ