【F.C.大阪】8月21日(土) JFL 第19節 FC刈谷 vs F.C.大阪 試合結果

F.C.大阪

大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「F.C.大阪」は、8月21日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第19節 vs.FC刈谷 をアウェイ・ウェーブスタジアム刈谷にて行いました。結果は下記の通りです。

8月21日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第19節 FC刈谷 vs F.C.大阪(@ウェーブスタジアム刈谷 18:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

FC刈谷 0-0(前半0-0) F.C.大阪

 夏の中断明け最初の一戦となるこの試合。時折小雨がぱらつくが、大きな天候の崩れもなく、曇り空のやや涼しい中行われた。F.C.大阪は夏の中断期間中に3名の選手を獲得し、後半戦の巻き返しを図る。この試合ではその新加入選手の一人であるMF日高がスタメンに名を連ねた。
 前半、開始わずか40秒、相手ゴール前で細かくパスを繋ぎ、最後はMF久保がシュートを放つ。だがこのシュートは惜しくもポストを叩き、先制することはできなかったが、上々の立ち上がり。このあともFW田中直、MF大山、久保を中心に相手ゴールに攻め込むが、相手の好守に阻まれなかなか得点を上げることができない。一方守備陣は、新加入のMF日高、MF吉田の中盤、またDF坂本を中心としたディフェンス陣が相手の攻撃を防ぎ、前半相手のシュートを1本に抑え、前半はF.C.大阪が圧倒して試合を折り返す。
 後半に入ってもF.C.大阪の優勢は変わらないが、なかなか相手ゴールをこじ開けることができない。49分にはMF大山のクロスにMF町田が頭で合わせるも得点ならず。このあと、F.C.大阪は、MF澁谷、FW横野、FW川西と攻撃的なカードを切る。75分には後方からのロングパスに反応したFW川西がヘディングシュートを放つがこれも相手の好守に阻まれ得点ならず。結局最後まで攻めきったものの得点を決めるできず、0-0のスコアレスドロー。リーグ戦再開の初戦で勝ち点3をあげることができず、勝ち点1を積み上げるに留まった。

F.C.大阪スターティングメンバー
F.C.大阪加入初出場となったMF日高
ヘディングシュートを放つMF町田
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ