東アジアeスポーツチャンピオンシップ WEBサイト公開のお知らせ

一般社団法人日本eスポーツ連合

一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、9月10日(金)~12日(日)に開催される「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」(Esports Championship East Asia、以下ECEA)のWEBサイトを公開いたしました。

ECEAは、韓国政府主導の下、初めて韓国の文化スポーツ観光省が主催するeスポーツの国際競技大会です。日本、中国、韓国それぞれから選抜された代表選手が、エキシビションを含む5つのタイトルでオンラインにて競技を実施します。

各タイトルの競技方式は以下の通りです。

本大会に出場する日本代表選手は、2020年9月に開催された「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」の成績、および各競技タイトルのIPホルダーの推薦に基づき選出する予定です。決定次第こちらのWEBサイトにて公開します。

JeSUは今後も、日本におけるeスポーツの振興を通して国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指すとともに、本大会を通して、日中韓3か国の友好と、アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して活動してまいります。

<大会概要>
 大会名称: Esports Championship East Asia (東アジアeスポーツチャンピオンシップ)
 開催日程: 2021年9月10日(金)~12日(日)
 大会会場: ソウルオリンピック公園(韓国)
 参加国:  日本、中国、韓国
 競技種目 (エキシビションマッチを除く、アルファベット順):
  「Clash Royale(クラッシュ・ロワイヤル)」
  「eFootball ウイニングイレブン」
  「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」
  「PUBG:BATTLEGROUNDS(PUBG)」
  「Dungeon & Fighter(アラド戦記)」 ※エキシビションマッチ
 大会公式URL: https://jesu.or.jp/ecea/
 配信プラットフォーム: YouTube、Twitch、OPENREC、ニコニコ生放送

◆日本eスポーツ連合(JeSU)について
一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そしてeスポーツの振興を目的に国民、とりわけ青少年の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指しています。eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場の更なる拡大を目指し、競技タイトルの認定や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など様々な取り組みを行っています。また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めています。

オフィシャルスポンサー:
       KDDI株式会社
       サントリーホールディングス株式会社
       株式会社ローソン
       株式会社ビームス
       Indeed Japan株式会社
       株式会社ビックカメラ
       株式会社わかさ生活
       株式会社マウスコンピューター

活 動 助 成: 一般財団法人上月財団

協   力: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
       一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

後   援: 一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)
       一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ