【詳細情報続々決定!】絶賛予約受付中!「生誕70周年記念 森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX」(完全限定版)

株式会社ハピネット

『の・ようなもの』で彗星のようにデビュー、以降様々な話題作を長年に渡って発表し、日本映画のトップランナーとして走 り続けた森田芳光監督。生誕 70 周年を記念して、輝かしいフィルモグラフィー26 作品と貴重な映像特典をブルーレイ 化してワンボックスに収録する歴史的な完全限定プレミアムボックスを、12 月 20 日に発売致します。

★様々なハードルを乗り越え(森田芳光を通じて)実現する「夢のプロジェクト」
映画製作におけるスタジオシステム自体が崩壊した後、80年代以降に活躍した、新しい時代の代表である森田芳光監督。それゆえ全作品を全集形式で発売販売することは極めて難しく、多数の映画会社や権利元、関係会社の垣根を超え、一人の監督が生涯に残した豊潤なフィルモグラフィーを一つの商品パッケージに収録するという試みは世界でも類を見ない前代未聞のプロジェクトです。
また、文化や芸術、エンタテインメントが大量かつ刹那的にひたすら消耗され、忘れ去られつつある時代に、一回購入したら何度でも観られる、ブルーレイボックスという”形”あるものに整理し集約することによって、作品単体は勿論のこと全作品を総合的な視野で俯瞰し、研究し、そして徹底的に作品を愛で、楽しみ尽くす喜びや価値を想起させる企画こそ、” 森田芳光監督”の壮大なラインアップのコンプリートに他なりません。
先見の明を持ち、時に時代の先を行き、時には時代とともに歩んできた森田監督の膨大な作品群を皆様に形としてお届けすることは、作品だけでなくその時代を振り返るのに最適なアイテムであり、未来へと繋がるエポックメイキングな取り組みです。
★生誕70周年記念(没後 10 年)として、ブルーレイボックスのほか、記念本出版やゆかりの劇場での特集上映、海外でのレトロスペクティブ上映など、様々なハードルを乗り越え、夢のプロジェクト 「森田芳光 70 祭」が始動する!
※詳細は後述

【森田芳光プロフィール】
1950年1月25日東京都渋谷生まれ。日本大学芸術学部放送学科に進学後、自主映画製作を開始、大きな話題を呼ぶ。1981年に若い落語家を主人公とした『の・ようなもの』で長編映画監督デビュー。1983年には松田優作主演 の『家族ゲーム』でキネマ旬報ベスト・テン1位、第7回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞など、同年の主要映画賞を総なめにし、一躍時の人となり、その後も数多くの名作や話題作を世に送り出す。映画界を閃光のごとく駆け抜け、2011年に61歳で逝去。いまなお全世界に多大なる影響を与え続けている。

【商品情報】「生誕 70 周年記念 森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX」

【絶賛予約受付中】
全国のDVD販売店にてご予約いただけます。
【発売日】2021年12月20日(月)
【価格】110,000円(税込)
【収録内容】
の・ようなもの/ボーイズ&ガールズ/(本)噂のストリッパー/ピンクカット 太く愛して深く愛して/家族ゲーム/ときめきに死す/メイン・テーマ/それから/悲しい色やねん/愛と平成の色男/キッチン/おいしい結婚/未来の想い出 Last Christmas/(ハル)/失楽園/39 刑法第三十九条/黒い家/模倣犯/阿修羅のごとく/海猫 umineko/間宮兄弟/サウスバウンド/椿三十郎/わたし出すわ/武士の家計簿/僕達急行 A列車で行こう
※『そろばんずく』に関しましては、版権元および関係者許諾が得られず、収録がございません。

【特典情報】
●映像特典(計180分予定)

■森田芳光の原点
※『の・ようなもの』以前の自主映画作品(「映画」「天気予報」「水蒸気急行」「ライブイン茅ヶ崎」他予定)を編集再構成し、デビュー以前の森田芳光ワールドを堪能する特別プログラム。モリタはデビュー以前からモリタだった!(音楽版権上、既成楽曲等が使用されていないシーンの再編集ダイジェスト版になります)
編集・構成:三沢和子/川島章正
■モリタを巡る証言~「森田組」スタッフコメント集(予定)
※コメント映像:塩村宰/野力奏一/大島ミチル(音楽)/沖村志宏(撮影)/川島章正(編集)/美術デザイナ ー)
■森田芳光の撮影風景&森田芳光インタビュー(予定)
※撮影メイキング映像及び作品を語るインタビュー集(メイキング:「メインテーマ」「黒い家」、インタビュー:「キッチン」「(ハル)」「未来の想い出 ーラストクリスマスー」「39 ー刑法第三十九条ー」「わたし出すわ」
※既発DVD等に収録された素材を再編集したものです。

●封入特典
■ブックレット
森田芳光秘蔵資料集

※森田監督がデビュー前に書き溜め、様々なアイディアと映画的思考、技術の元となった数十冊に及ぶ直筆ノートからの抜粋他、残された歴史的な秘蔵資料をブックレット化!
(収録内容:小学生時の幻の処女作?「流星スーパー」、「の・ようなもの」企画書、「絵コンテ」、ネタノート「カメラワーク 1000」「TV番組/CM/ビジネスアイデア」「ギャグ 1000」(予定))

★【初回限定ご予約特典】初回ご購入の方のみのスペシャル特典!
■「BEAMS DESIGN」の森田芳光生誕70周年スペシャル”TARIMO”T シャツ
森田芳光監督が20代の頃に実際に着用していた、”TARIMO”ロゴTシャツ(監督自主制作)をモチーフに、生誕70周年を記念し、「BEAMS DESIGN」のスペシャルデザインで復刻!背中には監督のユーモアの世界から飛び出してきたキャラクターも登場。ブルーレイボックス購入の方にしか手に入らない、超貴重な記念アイテムです!


※初回生産分の限定数のみの取り扱いとなります。なくなり次第終了となりますので、あらかじめご了承くださいませ。
※Tシャツのサイズは身丈73cm、身幅55cmの1サイズのみ、生地の色は紺色となります。
※デザイン・特典及び仕様はすべて予定です。発売時には予告無く変更になっていることがあります。ご了承ください。
・『ときめきに死す』は既発ブルーレイ商品の同盤収納となります。
・上記2タイトルを除くすべてのタイトルを本商品用に新規オーサリングしたHDリマスター版による収録となります。
・『(本)噂のストリッパー』『ピンクカット 深く愛して長く愛して』は成人映画「ロマンポルノ」として劇場公開された作品であり、一般社団法人 日本コンテンツ審査センターによる審査を受けています。ご了承ください。
※原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
※表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録しております。
発売元:日活株式会社
販売元:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
企画協力:ニューズ・コーポレイション(森田芳光事務所)
協力:森田芳光監督70周年記念ブルーレイボックス製作委員会
アスミック・エース株式会社/株式会社KADOKAWA/株式会社角川春樹事務所/株式会社光和インターナショナル/ 株式会社ハネシネマ/株式会社バンダイナムコアーツ/松竹株式会社/東映株式会社/東宝株式会社/日活株式会社
※50音順
撮影:小櫃亘弘

【商品に関するお問い合わせ先】
ハピネット・メディアマーケティング カスタマーサポートセンター
電話番号:0120-128-990
受付時間:月~金曜日 10:00~13:00、14:00~17:00(土・日・祝日を除く)

ご挨拶とコメント

★ライムスター宇多丸
一人の作り手が歩んできた軌跡を、その始まりから(とりあえずの)終わりまで、点ではなく線として追い続けること……作品毎にオリジナルなコンセプトを「発明」し続け、言わば「一貫性のある自己変革」を繰り返してきた森田芳光ほど、その醍醐味が味わえる映画監督もいないのではないかと思います。今回リリースされるこの画期的ボックスセットと、目下鋭意作業中の単行本『森田芳光全映画』によって、とかく80年代に偏りがちだった従来の批評軸が刷新され、文字通り全ての森田映画が、より正当に評価されるよう願ってやみません。もっとはっきり言ってしまえば、『家族ゲーム』だけが森田芳光の「最高傑作」というわけでは、まーったくないのだということ! 各社を股にかけて活躍してきた異例なまでの人気監督であるがゆえに、そのキャリアを一気に一望できるこの機会は、本当に本当に貴重なものであるということも、改めて強調しておきたいあたりです。

★ニューズ・コーポレイション/森田芳光事務所 三沢和子
森田生誕70年没後10年の節目に26作品のブルーレイボックス、書籍「森田芳光全映画」が発売される事になり、国内外の特集上映やテレビ放映も実施して頂くことになりました。森田映画は何年も寝かせると味が良くなる“ワイン映画” 、何度も観ると別の味が出てくる ‟するめ映画” 、隅々まで観ると新しい発見がある‟びっくり箱映画”のようなものなのでは!と思います。 「森田芳光全映画」の豪華なご執筆陣のアーチストならではの鋭い視線で新たに各作品を観て頂いたり、年代順に当時の撮影秘話と共に観て頂いたり、本人が「僕の映画はストップしたり、繰り返したり、そうやって細かく観て頂けると嬉しい」 と言っていた通り、その日の気分に合わせて如何様にも楽しんでください。 森田ゆかりの映画館を巡る特集上映やテレビ放映、また海外での上映も併せ、ひとりの映画監督の生涯の変遷をご一緒に巡って頂くことも出来る素敵な企画を皆様が用意してくださいました。どうぞそれぞれの方法でお楽しみいただければ幸いです。そしてこれを機に他の沢山の優れた映画監督の作品を、皆様が観やすい環境が整うことへのきっかけになれば、これ以上の喜びはありません。

「森田芳光 70 祭(ななじゅっさい)」関連情報

★『森田芳光全映画』2021年9月16日(木)、リトルモアより発売!
「一貫性のある自己変革」を繰り返した稀代の映画監督。その全キャリアを一望する。
宇多丸・三沢和子 編著


———————————————————————————————————
【濃密徹底解説】宇多丸(ライムスター)×三沢和子による全作解説トークショウ掲載

【ユニーク考察】50人を超える超豪華参加者による寄稿+インタビュー!
相田冬二 會田望 秋元一孝 芦澤明子 荒木啓子 晏妮 伊賀大介 石井裕也 石川慶 石飛徳樹 伊藤進一 岩井俊二 柄本佑 太田光 大根仁 大森一樹 大森寿美男 沖田修一 織田裕二 恩田泰子 川島章正 川本三郎 北川景子 宮藤官九郎 小林薫 最果タヒ 阪本順治 篠原哲雄 鈴木京香 鈴木亮平 高田文夫 竹内伸治 筒井ともみ 豊川悦司 中井圭 仲村トオル 西川美和 根岸吉太郎 石飛徳樹 日比野幸子 細田守 前野裕一 松山ケンイチ 美村里江 本木雅弘 桃井かおり 矢田庸一郎 山下敦弘 山本匠晃 行定勲 横山雄二 吉岡芳子 吉田大八 吉本ばなな(敬称略・五十音順)

【濃密徹底解説】2018年冬、東京は池袋・新文芸坐で行われた「森田芳光全作上映会」に伴う、三沢和子・宇多 丸による連続トークショウ全27回をすべて収録▶︎トークショウは宇多丸の綿密な下調べと、三沢の貴重な証言が掛け合わされた、超濃密な内容。のちに加筆修正され『キネマ旬報』で連載、読者賞を受賞した。本書はこれをさらに大幅加筆修正!
+【貴重いろいろ】天国から届く森田語録(新聞・雑誌・ラジオ・森田家年賀状等再録)/スチールたっぷり100 枚超

唯一無二の「森田芳光研究」
70年代から00年代の日本映画界を概観する超一級資料

———————————————————————————————————
・18 年冬、東京は池袋・新文芸坐で行われた「森田芳光全作上映会」に伴う、三沢さんと宇多丸さんの連続トークショウ全27回をすべて収録しました。
・宇多丸さんは、日本のヒップホップ黎明期から活躍するラップグループ・RHYMESTERのMCです。無類の映画好きであり、自身のラジオ番組で長年展開してきた映画評は、抜群の信頼度を誇っています。13歳のとき、「の・ようなもの」を観て以来、約40年の森田ビッグファンです。
・三沢さんは、森田夫人であり、最初期から森田監督に伴走した映画プロデューサーです。

超豪華書き下ろし原稿+インタビュー等収録
・森田監督と同時代にデビューした映画監督たち/森田作品に欠かすことのできない俳優たち/森田組を支えたスタッフたち/後輩監督たち/森田監督の遺伝子を別の領域で受け継ぐクリエイターたち……各界の第一線で活躍する面々が、それぞれに思い入れのある森田作品について、あるいは森田監督の現場での(プライベートでの)姿について、原稿を書き下ろし、またはインタビューに答えています。

◎仕様
宇多丸・三沢和子=編・著 定価:本体価格6500円+税B5判・568 ページ・並製
ISBN 978-4-89815-545-5
問い合わせ=株式会社リトルモア 加藤基(編集)・福桜麻依子(宣伝)
電話 03-3401-1042/kato@littlemore.co.jp(加藤)・fukuzakura@littlemore.co.jp(福桜)

★ゆかりの映画館で森田芳光の映画人生を辿る特集上映の旅
森田芳光が生まれ育った渋谷円山町から学生時代アルバイトをした劇場、才能が世に知られたPFF、そして18年に全作品上映し連日大盛況となった名画座まで、森田の映画人生を共に辿る旅をしよう!

【東京】
2021年9月4日(土)~10日(金) ユーロスペース 03-3461-0211 eurospace.co.jp

9月4日(土)19:00『映画』(40分)+『工場地帯』(35分) 終映後 ライムスター宇多丸&三沢和子 トーク(予定)
9月5日(日)19:00『ライブイン・茅ヶ崎』(85分)
9月6日(月)19:00『水蒸気急行』(80分)
9月7日(火)19:00『の・ようなもの』(103分)
9月8日(水)19:00『劇的ドキュメント レポート‘78-‘79』(59分) ※第43回ぴあフィルムフェスティバル共同企画 +『天気予報』(30 分)
9月9日(木)19:00『ライブイン・茅ヶ崎』
9月10日(金)19:00 『の・ようなもの』/上映前:高田文夫(放送作家)&伊藤克信(俳優)&三沢和子 トーク(予定)

森田芳光 70 祭~伝えたい、モリタを~
2021年9月12日(日)& 19日(日) 「第43回ぴあフィルムフェスティバル」 pff.jp 会場:国立映画アーカ イブ(小ホール)
9月12日(日)12:00『ときめきに死す』(104 分) 冨永昌敬(映画監督)トーク
9月12日(日)16:00『それから』(130 分) 沖田修一(映画監督)トーク
9月19日(日)12:30『39 刑法第三十九条』(133 分) 石川慶(映画監督)&向井康介(脚本家)トーク
9月19日(日)17:00『メイン・テーマ』(101 分) 松居大悟(映画監督)トーク

2021年10月2日(土)~ 新文芸坐 03-3971-9422 shin-bungeiza.com
10月2日(土)時間未定※各回入替 『家族ゲーム』|『ときめきに死す』|『黒い家』
『黒い家』終映後:ライムスター宇多丸&大森寿美男(脚本家)&三沢和子 トーク(予定)
※10月下旬~時間未定 『間宮兄弟』

2021年11月3日(水・祝) 飯田橋ギンレイホール 03-3269-3852 ginreihall.com
『キッチン』(106分)|『(ハル)』(118分)|『僕達急行A列車で行こう』(117分)/篠原哲雄(映画監督)&三沢和子 トーク(予定)

【広島】
2021年8月27日(金) 横川シネマ 082-231-1001 yokogawa-cine.jugem.jp
19:00『家族ゲーム』(106分) 終映後 横山雄二(RCCアナウンサー)×三沢和子 トーク(予定)
2021年8月28日(土) 福山駅前シネマモード 084-932-3381 furec.jp/cinema-mode
18:30『(ハル)』(118分) 終映後 横山雄二(RCCアナウンサー)×三沢和子トーク(予定)

【大阪】
2021年10月22日(金)~11月11日(木) シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 ttcg.jp
※新型コロナ感染状況による変更もあります。ご了承ください。
※各劇場・上映会場の詳細は、決定次第「森田芳光70祭」公式サイト、また劇場HP等にてご案内いたします。

★海外でのレトロスペクティブ上映
2022年に、パリ、ニューヨーク、ソウル、モスクワ他にて特集上映
主催:国際交流基金(詳細は近日発表/新型コロナ拡大状況による変更もあり)

★CS各局での森田作品特集放映
日本映画専門チャンネル
【9月】『の・ようなもの』9月6日(月)21:00 ほか/『ときめきに死す』9月13日(月)23:30 ほか/『失楽園』9月20日(月)23:20 ほか/『阿修羅のごとく』9月27日(月)21:00 ほか
【10月】『家族ゲーム』『キッチン』『(ハル)』『模倣犯』
東映チャンネル
【9月】『僕達急行A列車で行こう』9月11日(土) 17:30 ほか/『サウスバウンド』9月11日(土) 19:30 ほか/『海 猫 umineko』 9月11日(土) 21:30 ほか
【10月】『ボーイズ & ガールズ』『それから』『悲しい色やねん』
映画・チャンネル NECO
【9月】『39刑法第三十九条』9月13日(月)21:00 ほか/『黒い家』9月14日(火)21:00 ほか
衛星劇場
【9月】『(本)噂のストリッパー』9月11日(土)25:45 ほか
【10月】『ピンクカット 太く愛して深く愛して』

※放送の詳細は、各チャンネルの公式HPをご参照ください。

【最新情報は公式ホームページまたはSNSにて】
■森田芳光70祭 公式ホームページ:https://tarimo70.com
■Twitter:「【公式】森田芳光70祭 森田芳光と”わたし”」(@tarimo_70)
■facebook:「【公式】森田芳光70祭」(@tarimo70)
■Instagram:「【公式】森田芳光70祭」(@tarimo.70)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ