フレームレス透明ドーム「Norikura NATURE DOME」でもっと自然を堪能!「乗鞍 星と月のレストラン」リニューアル!

株式会社信州未来づくりカンパニー

さらに、ブックカフェやネイチャーヨガ・ムーンライトメディテーションなどの開催を予定

長野県で体験型観光コンテンツの企画・運営を実施する(株)信州未来づくりカンパニー(本社:松本市安曇、代表取締役:松嶋豪)は、(一社)松本市アルプス山岳郷(事業所:松本市安曇、代表理事:斎藤元紀)と連携して実施している事業「乗鞍 星と月のレストラン」を、2021年8月にリニューアルしました。これまでレストランスペースとして使用していたグランピングテントを一新し、フレームレス透明ドーム“AURA DOME”にリニューアルすることで、360のパノラマ展望で、これまで以上に自然を堪能しながらお食事を楽しめるディナープログラムとして、お客様をお迎えいたします。
また、レストランスペースは”Norikura NATURE DOME”として、星と月のレストラン以外でも様々なイベントスペースで活用します。雨の日でもゆっくり楽しめるブックカフェや朝・夜のアクティビティ(ヨガ・メディテーション・ガイドウォーク等)の拠点となり、参加者はアクティビティ後の疲れた体と心を落ち着かせる癒しの空間としても事業を実施します。


中部山岳国立公園内の自然と一体となった世界初のフレームレス透明ドームで開催されるレストランでは、月灯りや星灯りを浴びながら、虫の声や木々のざわめきに耳を傾けたり…と、五感を刺激するプレミアムディナーを楽しむことができます。地元の山菜や山の恵み、信州プレミアム牛など信州産にこだわったメニューとドリンクを、自然とともに暮らしてきた地元コンシェルジュの温かみあふれる接客とともに心ゆくまでご堪能いただけます。会場内の光や調理器具に必要な電力は全て電気自動車(EV)を活用することで賄い、電気のない大自然にいながら快適かつラグジュアリーな空間のご提供が可能に。時間とともに移ろう自然の景色は、日常の疲れを癒し、自然への畏敬の念を思い起こす、都会では味わえないエコなグランピングディナー体験となります。結婚記念日や誕生日など、特別な記念日でのプレゼントとしてもご好評いただいている本プログラムを、是非体験しにお越しください。


<乗鞍 星と月のレストラン開催概要>
◆開催期間:2021年10月31日まで(事前予約制・ご予約は開催日の4日前まで)
◆開催場所:一の瀬園地 座望庵付近
◆参加料金(税込):
1)アルコール、ソフトドリンク飲み放題プラン お一人様25,000円
2)ソフトドリンク飲み放題プラン(ソフトドリンク飲み放題、またはアルコール1杯付)お一人様 22,000円
※上記金額にはチャージ代・信州プレミアム牛すき焼きディナー・ドリンク代・コンシェルジュサービス料・保険代が含まれます
◆タイムスケジュール
18:00     ご宿泊施設から会場まで移動 ※各宿から担当コンシェルジュがお迎え
18:10~18:20  会場に到着
18:30     信州プレミアム牛トマトすきしゃぶ鍋スタート
20:20     夜空鑑賞
21:00     終了・解散 ※担当コンシェルジュが各宿までお送り
※時期により時間帯が変更になる場合があります
※本プログラムは原則乗鞍高原宿泊施設をご利用の方限定となりますが、白骨温泉宿泊または日帰りの方は、ご予約時に個別にご相談ください。尚、ご宿泊についてはお客様ご自身でご手配いただけますようお願いいたします。
◆ご予約はこちらまで
http://shinshu.miraidukuri.jp/program/alpsev/index.html
食後は、星空観賞

“Norikura NATURE DOME”として様々な体験拠点としても活用
レストランスペースは”Norikura NATURE DOME”として、星と月のレストラン以外でも様々なイベントスペースで活用します。雨の日でもゆっくり楽しめるブックカフェや朝・夜のアクティビティ(ヨガ・メディテーション・ガイドウォーク等)の拠点となり、参加者はアクティビティ後の疲れた体と心を落ち着かせる癒しの空間としてもお楽しみいただけます。
ブックカフェは9~10月で期間限定の営業、アクティビティへのご参加は、事前予約となります。
詳細は弊社HPにて随時お知らせいたします。

<Cafe MENU>
●乗鞍焙煎フェアトレードコーヒー●カフェ・ラテ(Hot)●カプチーノ●ホットティー●乗鞍高原バウムクーヘン など
ヨガイメージ

株式会社信州未来づくりカンパニーについて
信州未来づくりカンパニーは、2017年6月に広告制作・WEBプロダクションである株式会社ステッチの地域事業会社として設立しました。少子高齢化や人口減少、地方の産業衰退等の社会課題が山積する日本の地域。地方創生において地域資源を活かした観光産業の育成が求められるなか、私たちは、長野県内で観光コンテンツづくりから地域づくり、等の「オモシロイコトヅクリ」をめざした様々なプロジェクトを推進しています。また、世の中の仕組みや動きが変わっていく中で、企業と地域を、人と人をつなげるためのハブコミュニケーションカンパニーとしても、長野県の活性化に取り組んでまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ