今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー

鑫三海株式会社

3Dプリント技術搭載/格子構造のミッドソール/ニットアッパー

AFU ストア(運営会社:鑫三海株式会社、本社:大阪府堺市堺区、代表取締役:伴場 義通)は、2021年8月26日(木)より応援購入サービスMakuakeにて、「3DPrinting shoes」の先行販売を開始しました。
商品ページ→https://www.makuake.com/project/3d_printng_shoes/


3Dプリント技術の活用がどんどん進み自動車部品やドローンにも使用されていますが、スニーカーのミッドソールも作られるようになりました。


3Dプリントで作られた複雑な格子構造のミッドソールが推進力を生み出し、衝撃吸収もばっちりです。
ニットアッパーによって靴下のようにぴったりとしたフィット感通気性を実現。
アウトソールにはラバーを使用し、すり減りにくく耐久性に優れています。


3Dプリントで作られたシューズは将来的に、アスリートの生理学的なデータや要望に応じたパーソナルシューズの製造を可能にします。
今はまだ、個人には対応していませんが「3DPrinting shoes」は生体力学に基づいてデザインされました。

3Dプリントで作られたミッドソール


3Dプリントで作成し、ミッドソールの内部が複雑な格子構造になっています。


グリッド一つ一つが推進力を生み出し自然な前進力を感じます。
細かいグリッドは着地の衝撃を分散させるから足への負担をかなり軽減してくれます。

通気性抜群で足にフィット


トレンドのニットアッパーの技術と3Dプリントで作られたミッドソールによって通気性は抜群。運動中に足の蒸れが気になりません。
伸縮性もあるので、スニーカーなのに靴下を履いているようなフィット感もあります。

耐久性のあるアウトソール


アウトソールはラバーを使用しているから耐久性に優れていて、すり減りにくいため長持ちします。
でこぼこのデザインが滑り止め防止になっているから雨の日も安心して歩けます。

基本スペック

プロジェクト概要

期間:2021年8月26日(木)~2021年10月25日(月)18時まで
目標金額:200,000円
価格:数量限定25%OFF 1セット11,800円~
商品URL:https://www.makuake.com/project/3d_printng_shoes/

─────────────────────
AFUストア(運営会社:鑫三海株式会社)
Website: https://www.sinsankai.co.jp
──────────────────────
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ