特別版表紙に木村拓哉さんが登場!『婦人画報』10月号9月1日発売

株式会社ハースト婦人画報社

単独インタビュー、『婦人画報』限定カットも掲載

創刊116年を迎える、女性ライフスタイル誌『婦人画報』(発行:株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長:二コラ・フロケ)は、2021年9月1日(水)に木村拓哉さんが表紙を飾る10月号増刊の木村拓哉特別版を同時発売します。(※1)
※1 増刊特別版とは別に、通常版の『婦人画報』10月号も同日発売

『婦人画報』10月号増刊特別版表紙

■特別版、通常版ともに木村拓哉さんの単独インタビューを全10ページにわたり掲載
2019年公開の東野圭吾氏の小説を映画化した『マスカレード・ホテル』で主人公の刑事、新田浩介を演じた木村拓哉さん。原作のイメージと見事に重なる存在感は大きな話題となりました。その鮮烈な記憶から2年を経た今年9月、続編となる『マスカレード・ナイト』が公開されます。『婦人画報』10月号では、本作で再び主演を務める木村拓哉さんに、10ページにわたる単独インタビューを行いました。特集では、同じ舞台で新たな物語を紡ぐ俳優・木村拓哉さんの、表現者としての覚悟と稔侍に迫ります。
【木村拓哉さんインタビューよりコメント抜粋】 ※10月号通常版、木村拓哉特別版の双方に掲載
「長澤まさみさんをはじめ、共演者の皆さん、鈴木雅之監督、スタッフが再集結し、そこに新たなキャストの方々も迎えて、東野圭吾さんが続けているストーリーを新たに紡ぐことができました。撮影中はずっと豊かな気持ちでいられましたね。最初にホテルロビーのセットに立ったときには、ああ、もう一度帰ってきたんだな、という感情が湧いてきました」
「できるできないではなく、やるからには作り上げるしかないんです。そのためには自分が新型コロナウイルスに感染してマイナス要因になってはいけないと、強く意識していました。もちろん現場の誰かが感染してもダメ。この作品を完成させるために、僕ら俳優部、照明部、撮影部、録音部、美術部、そして表に見えない人たちの誰もが、相当な責任と覚悟をもって現場に立ち続けていたと感じています」
【木村拓哉プロフィール】
1972年生まれ。国民的グループ「SMAP」として活動中より俳優として数多くのドラマに主演。その人気は社会現象になるほど。2020年にはアルバム『Go with the Flow』でソロデビュー。近年の主演作に、映画『検察側の罪人』『マスカレード・ホテル』、TVドラマ「グランメゾン東京」「教場」シリーズなど。大型国際ドラマ「THE SWARM」への出演も話題に
『婦人画報』10月号より

■【全42ページ】ニューノーマルな生活様式が求められるいま、“これから”の豊かさを考える新しい生活を特集
コロナ禍を契機に、いままでが「本当は、少し、窮屈だった」ということに、いち早く気がついた人たちが、大胆に豊かに、新しい生活を展開しています。北海道の“大人のシェアハウス”、山梨での“山里暮らし”、鎌倉、広島、都心での「マルチハビテーション」ほか、人間関係や時間の使い方、小さなリフォームから新しいお買い物まで、さまざまな新しい生活を特集しています。これからの暮らしと生き方を見つめ直したい方必見の特集です。

■『婦人画報10月号』 その他のコンテンツ
この秋、最旬のオーベルジュへ、横尾忠則85歳のいま朦朧と旺盛に、「仕立ての美」「色彩の妙」をまとう、冷え解消のカギは「おしり筋」、肌づくりは心づくり 秋、エモーショナルな肌に他

『婦人画報』10月号増刊特別版表紙
■婦人画報 10月号増刊 木村拓哉特別版
【販売価格】 1,300円(税込)
【販売書店】全国の主要書店、ネット書店、ELLE SHOP
ELLESHOP:https://elleshop.jp/web/commodity/000/314900218101/
通常版と特別版の特集は同じ内容です。

『婦人画報』10月号表紙
■婦人画報 10月号 通常版
【販売価格】 1,300円(税込)
【販売書店】全国の主要書店、ネット書店、ELLE SHOP
ELLESHOPhttps://elleshop.jp/web/commodity/000/314900221001/
通常版と特別版の特集は同じ内容です。

■『婦人画報』とは
『婦人画報』は1905年初代編集長国木田独歩が創刊した、日本で最も歴史あるライフスタイル誌です。
創刊当時から「日本のよきヒト・モノ・コト」を日本人女性に発信し続けてきました。知ること、学ぶこと、考えることを重ねて豊かに美しくなっていく女性に向けて、歴史と伝統のもとに培われてきた衣・食・住における選りすぐりの情報を提供しています。

婦人画報デジタル:https://www.fujingaho.jp
Facebook:https://facebook.com/fujingahojp
twitter:https://twitter.com/fujingahojp
Instagram:https://instagram.com/fujingahojp
YouTube :https://www.youtube.com/c/fujingahojp

■ハースト婦人画報社について
ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、米国で最大級のメディアグループ、ハーストの一員です。1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE(エル)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『Men’s Club(メンズクラブ)』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌発行と多数のデジタルメディアの運営を手掛けています。近年はメディアの領域にとどまらず、「エル・ショップ」などのEコマースの運営、クライアント企業のマーケティング活動をトータルにサポートする「HEARST made (ハーストメイド)」 のサービス提供、データに基づきクライアントブランドのマーケティングを支援する専門組織「ハースト データ スタジオ」を立ち上げるなど、コンテンツ制作における知見にデジタルの知見とデータを融合した企業活動を展開しています。
URL:https://www.hearst.co.jpツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ