【ほぼ日の學校】映画『孤狼の血 LEVEL2』公開記念!「白石和彌×糸井重里」の対談を9月3日(金)より配信。

ほぼ日

テーマは『映画って「つくる」のがおもしろい。』。YouTubeで一部を無料配信中。

 株式会社ほぼ日(本社:東京都千代田区神田錦町、代表取締役社長:糸井重里)が、「人に会おう、話を聞こう。」をコンセプトにスマートフォンアプリで展開する「ほぼ日の學校」(https://school.1101.com/
)において、現在公開中の映画『孤狼の血 LEVEL2』の白石和彌監督と糸井重里の対談を収録した授業を配信します。 2021年9月3日(金)午前11時より、『映画って「つくる」のがおもしろい。』をテーマに全4回に分けて配信。配信に先立ち、対談の一部をYouTubeで無料公開しています。

▶視聴動画(YouTube)URLはこちら:https://youtu.be/evrTTpMzdgY

【白石和彌×糸井重里】映画って「つくる」のがおもしろい。

映画監督の白石和彌さんは、2013年に公開された映画『凶悪』で、日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。その後、『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』など数々の話題作を発表し、日本映画界に欠かせない若き名匠として注目されています。このたび、2021年8月20日から全国で公開中の最新作『孤狼の血 LEVEL2』を記念して、「ほぼ日の學校」で映画づくりの話をしてくださることになりました。今回の授業では、糸井重里が聞き手となり、白石監督が思う映画のおもしろさを「つくる側」の視点で語っていただきました。監督、役者、大勢のスタッフが関わり、何年もかけてつくる1本の映画。そのダイナミックなものづくりの魅力が、白石監督の体験やエピソードとともに生き生きと伝わってくる授業です。

完全版の授業は、「ほぼ日の學校」アプリをダウンロードして有料会員登録(月額680円・初月無料)すると、9月3日(金)午前11時よりご覧いただけます。

『映画って「つくる」のがおもしろい。』(全4回)
第1回 映画をつくる側に興味があった。
第2回 ガムテープと毛布
第3回 チームでつくる醍醐味。
第4回 「面倒くさい」が楽しい。

▶「ほぼ日の學校」公式サイト(アプリダウンロードはこちらから):https://school.1101.com/
▶映画『孤狼の血 LEVEL2』公式サイト:https://www.korou.jp/

白石和彌(映画監督)プロフィール


1974年北海道生まれ。上京後、若松孝二監督に師事。10年『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で長編デビュー。13年の『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀監督賞&優秀脚本賞、新藤兼人賞などを獲得。18年『サニー/32』『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』の3作品で第61回ブルーリボン賞監督賞、日刊スポーツ映画大賞監督賞を受賞。19年『麻雀放浪記2020』『凪待ち』『ひとよ』で第93回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞や第70回芸術選奨文部科学大臣新人賞などを受賞。

「ほぼ日の學校」とは https://school.1101.com/

「ほぼ日の學校」は、「人に会おう、話を聞こう。」をコンセプトに、ふだん出会えないような人たちからいろんな話を聞いて学ぶ、新しい学校です。人の考えやめずらしい経験、おもしろがっていることなど、人の話を聞くことは、学ぶつもりと関係なく学んでしまう、純粋なおたのしみです。 「ほぼ日の學校」は、そうしたエンターテインメントとしての学びを届ける場として、スマートフォンアプリでありとあらゆる方々のお話を配信しています。

【ほぼ日の學校アプリについて】
「ほぼ日の學校」の授業は、映像とことばがいっしょになった、絵本のようなオリジナルの画面でご覧いただきます。映像の下に字幕のように流れる「ことば」を見ながら聞くことで、より深くこころとあたまに届くだけでなく、好きな「ことば」はノートに保存したり、保存した「ことば」からもう一度再生することもできる、学びやすい便利なデザインです。

●月額利用料:680円(税込)、初めの1か月間は無料体験期間
●対応デバイス:スマートフォン(iOS、Android)
※パソコンやタブレットでご利用いただけるWeb版も準備中です。

公開済授業の講師一覧


※公開順、敬称略

〈本件に関する報道関係者のお問合せ先〉
株式会社ほぼ日 担当:藤野
メールアドレス:press@1101.com
電話:03-5422-3801
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ