住民総参加型スポーツイベント「チャレンジデー2021」日本全国から参加する70自治体の対戦組合せが決定!

公益財団法人 笹川スポーツ財団

15分以上運動・スポーツを行った住民の参加率を競う!新型コロナウイルス感染拡大以降、感染対策をしながら開催

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下:SSF)が主催する、日本最大規模の住民総参加型スポーツイベント『チャレンジデー2021』の実施自治体と対戦組合せが決定いたしました。

チャレンジデーは、日常的に運動・スポーツを楽しむきっかけづくりを目的に、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施される住民総参加型スポーツイベントですが、チャレンジデー2021は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑みて10月最終水曜日の実施となります。

人口規模がほぼ同じ自治体同士で、15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を競い合うというルールで、敗れた自治体は、相手の旗を庁舎に掲揚して健闘を称えます。この対戦をきっかけに自治体間での継続的な交流が生まれています。

※参加自治体は現時点のもので、今後変更の可能性がございます。

▼チャレンジデー2021対戦表 公式ページ
https://www.ssf.or.jp/dotank/challengeday/2021/chart.html

チャレンジデー2021 開催概要

【開催日】
2021年 10月27日(水)午前 0 時~午後 9 時

【実施自治体】
全国70ヵ所 (35市26町9村)

【総人口】
2,619,940人

【勝敗・ルール】
人口規模がほぼ同じ自治体同士が、15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率(%)を競う。
対戦相手に敗れた場合は、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚し相手の健闘を称える。

【主催】
笹川スポーツ財団・全国70自治体実行委員会

チャレンジデー2021・対戦表

■2021年8月27日12時 時点/70自治体で35市26町9村

【カテゴリー1(人口6,000人未満)】
北海道 愛別町 VS 秋田県 大潟村
北海道 剣淵町 VS 秋田県 小坂町
北海道 新得町 VS 秋田県 八郎潟町
岩手県 葛巻町 VS 秋田県 藤里町
秋田県 上小阿仁村 VS 島根県 海士町
秋田県 井川町 VS 熊本県 山江村
秋田県 東成瀬村 VS 群馬県 上野村 VS 宮崎県 諸塚村
群馬県 南牧村 VS 沖縄県 大宜味村

【カテゴリー2(人口6,000~15,000人未満)】
北海道 芦別市 VS 山形県 中山町
北海道 東神楽町 VS 福島県 南会津町
岩手県 軽米町 VS 鹿児島県 和泊町 VS 北海道 湧別町

【カテゴリー3(人口15,000~35,000人未満)
北海道 芽室町 VS 和歌山県 上富田町
北海道 幕別町 VS 宮城県 角田市
秋田県 男鹿市 VS 長野県 東御市
秋田県 鹿角市 VS 岩手県 陸前高田市
北海道 名寄市 VS 秋田県 北秋田市
広島県 北広島町 VS 佐賀県 神埼市

【カテゴリー4(人口35,000~75,000人未満)】
茨城県 常陸太田市 VS 島根県 雲南市
山梨県 富士吉田市 VS 京都府 京丹後市
愛知県 碧南市 VS 徳島県 鳴門市 VS 秋田県 大館市
北海道 士別市 ※2 VS 愛知県みよし市

【カテゴリー5(人口75,000~160,000人未満)】
山形県 米沢市 VS 岐阜県 関市 VS 京都府 福知山市
福岡県 大牟田市 VS 長崎県 大村市

【オープン参加 ※1】
北海道苫前町
北海道枝幸町
秋田県秋田市
秋田県潟上市
秋田県五城目町
秋田県大仙市
秋田県にかほ市
秋田県美郷町
秋田県三種町
秋田県湯沢市
秋田県由利本荘市
秋田県横手市
福島県伊達市
神奈川県秦野市
神奈川県松田町
市岡山県赤磐市
岡山県新庄村
市山口県宇部市
市香川県丸亀市
熊本県長洲町

※1 オープン参加とは、国内の自治体とは対戦しない参加方法です。
※2 カテゴリーを越えての対戦(士別市カテゴリー3)

▼チャレンジデー2021対戦表 公式ページ
https://www.ssf.or.jp/dotank/challengeday/2021/chart.html
▼チャレンジデー2021
https://www.ssf.or.jp/dotank/challengeday/2021/index.html

公益財団法人 笹川スポーツ財団

名称 : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立 : 1991年3月
目的 : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容:
・生涯スポーツ振興のための研究調査
・生涯スポーツ振興機関との連携事業
・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL : https://www.ssf.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ