ROXYから待望のガールズスケーターに向けたラインが登場!マーク・ゴンザレスとのコラボレーションラインやSketchyとタイアップしたイメージビジュアルにも注目!

ボードライダーズジャパン株式会社


アクティブライフスタイルのリーディングブランドROXYは、2021年9月1日よりガールズスケーターに向けた新たなコレクションをローンチいたします。

サーフィン、スノーボードで第一線の選手をサポートしているROXYから、待望のガールズスケーターに向けたコレクションを発売。今回のコレクションには、「世界で最も影響力のあるスケートボーダー」と言われるプロスケートボーダーであり、アーティストのマーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)とのコラボレーションアイテムもラインナップされています。

また、店頭やイメージビジュアルには、スケートボードに魅せられた女子の挫折と再生の日々を描いた、マキヒロチ氏の「Sketchy」とタイアップしたビジュアルを採用。「Sketchy」で描かれている個性豊かなガールズスケーターたちが、今回のコレクションを着こなしています。マキヒロチ氏描き下ろしのビジュアルにもご注目ください。

ROXY STORE、QUIKSILVER STORE、ムラサキスポーツ(株式会社ムラサキスポーツ)各店舗、WEBストア限定で発売いたします。







ROXY×マーク・ゴンザレス  コラボレーション




<マーク・ゴンザレス(Mark Gonzales) について>
カルフォルニア州ロサンゼルス出身、カリスマスケーターであると同時に、アーティストで、詩人です。
彼の色彩豊かな子供の絵のような手法は、コミカルであると同時に、深い洞察に満ちています。
彼が生み出す作品は深い精神性を秘めた若者むき出しのエネルギーと、剃刀の刃のようなウィットを映し出します。彼が作品に取り上げるテーマは、我々が日常注目している事柄です。愛、宗教、メディア、ファッション、人間の基本的な感情などは、作品の中で繰り返しとりあげられています。


<マキヒロチ について>
第46回小学館新人コミック大賞入選。ビッグコミックスピリッツにてデビュー。
「月刊ヤングマガジン」にて『スケッチー』、「コミックDAYS」にて『それでも吉祥寺だけが住みたい街ですか?』を連載中。代表作の『いつかティファニーで朝食を』は2015年にテレビドラマ化 。同年代の女性の共感を得る作品作りが、各方面から賞賛を受ける。


<ROXY について>
ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のためのブランドROXY。
カリフォルニアを中心に、アクティブなライフスタイルを愛する女の子たちから「女の子のためのビーチウェアが欲しい」という声が高まり、1990年に誕生。世界トップクラスのライダーが体現する女性アスリートとしての一面と、フェミニンなファッション性を融合したスタイルを同時に提案するROXYは、ビーチからタウン、そしてスノーシーンまでそのフィールドを拡大。現在は様々なスポーツをサポートするSPORTSラインまで展開を広げている。詳しくは、https://www.roxy.jp/

■お客様お問い合わせ先:
ボードライダーズジャパン株式会社
0120-32-9190
www.roxy.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ