水門メーカー発のブランド「ノリノリライフ」からBOX型のメッシュ式焚火台がデビュー!

株式会社乗富鉄工所

メッシュ式焚火台の弱点を克服した、炎をみつめる焚火台

 福岡県の水門メーカー(株)乗富鉄工所が手掛ける鉄工職人の技術と発想を生かしたブランド「ノリノリライフ」から、2021年9月、新発想のメッシュ式焚火台が発売されます。軽量でありながらもゴトクと組み合わせることでダッチオーブンなどを使った本格的な焚火飯ができる、有りそうで無かったプロダクト。箱の中で燃える炎が美しい、鉄工職人のアイデアから生まれた炎を見つめる焚き火台です。

ヨコナガメッシュタキビダイ(奥)とスライドゴトク(手前)
水門メーカー発のブランド、ノリノリライフとは
 (株)乗富鉄工所は、水郷柳川市に本社をもつ福岡県最大の水門メーカーでありながら建機パーツや省力化装置の製造など幅広い事業で地域の暮らしを支えてきた創業73年の老舗。そこにはオーダーメイドのものづくりで培ったクリエイティビティをもつ鉄工職人が在籍しています。

 同社は2020年より鉄工職人がもつ発想力と堅牢かつファンクショナルな製品を生み出す技術力を活かしてキャンプや生活雑貨などを開発するプロダクトブランド、ノリノリライフをスタート。同年11月に第1弾として発売されたシンプルなスライド機構で焚火飯をノリノリにする「スライドゴトク」に続き、2021年9月末に第2弾となる有りそうで無かったBOX型のメッシュ式焚火台「ヨコナガメッシュタキビダイ」をリリースします。

ノリノリライフロゴ
スライドゴトク
ヨコナガメッシュタキビダイ

こんな人におすすめ

焚火台で本格的な調理をしてみたい
コンパクトで組立簡単な焚火台がほしい
炎をじっくり眺めたい
燃焼効率にこだわりたい

ヨコナガメッシュタキビダイについて

■携帯性と組立を両立
 使用時は3ステップで、面倒な組立は不要です。専用の25cmX50cmの専用収納袋にコンパクト収まります。

3ステップで簡単組立

専用の収納袋にコンパクトに収まります

■水門と同じハイグレードなステンレス”SUS304”を採用
 40年間風雨にさらされる水門と同じステンレス”SUS304”を採用しています。一般的なステンレス”SUS430”よりさらに錆に強く強度に優れる素材です。

■スライドゴトクと組み合わせて本格的な焚火料理
 スライドゴトク(別売)と組み合わせれば、重量のあるダッチオーブンなどを使った本格的な焚火料理が楽しめます。ヨコナガ形状なので、焼き肉や煮込み料理をしながら飯盒炊飯…なんてことも可能です。オープンになっている側から薪を横から投入できるため、ゴトクをずらさず火の管理もできます。

ヨコから薪を投入できる
ヨコナガ形状でゆったり調理

■専用メッシュシートで高い燃焼性能を実現
メッシュシートにはやや太めの0.2mmのステンレス線(SUS304)を採用。耐久性と燃焼性能を考慮して最適な編み目を追求した国産のメッシュシートです。非常に高い燃焼性により、大きな薪も綺麗に灰になります。
国産のメッシュシート
大きな薪も綺麗に灰に

■夜に真価を発揮する
 ヨコナガメッシュタキビダイが真価を発揮するのは夜。炎の箱の中で薪が燃えてゆく様子がよく分かります。
夜、炎の箱で燃える薪が美しい
ロゴから炎が見える

ヨコナガメッシュタキビダイは、鉄工職人のアイデアによって生まれたもので、ひとつひとつハンドメイドで作られています。乗富鉄工所では彼ら鉄工職人を「メタルクリエイター」と呼んでいます。

本体、メッシュシート、収納袋のセット
ヨコナガメッシュタキビダイ概要

<使用時サイズ> 幅43cmX奥行17cmX高さ32cm
<収納時サイズ> 幅50cmX奥行25cmX高さ5cm
<重量> 1.9kg
<材質> 本体・メッシュシート:ステンレス(SUS304)
     収納袋:綿
<価格> ¥23,000(税込)

2021年9月1日現在、ECサイト"ノリノリプロジェクト"にて予約受付中です。 https://noritetsu.thebase.in/

ブランドストーリー

乗富鉄工所の主力事業は水門
 乗富鉄工所の主力事業は水門。近年多くの水門がステンレス製になったことにより、長寿命となったことで作り替え工事が減少し、安定した仕事の確保が年々難しくなってきました。ほとんどの水門はオーダーメイドのため、弊社には図面を読み解いて少人数で製作することができる鉄工職人が多数在籍します。毎年、水門事業の閑散期となる夏季には治具や椅子、棚など工場設備を製作していたこともあり、鉄工職人の技術を活かした自社商品の開発が出来ないかとプロジェクトをスタート。地元の農林水産業者の作業を省力化する装置や暮らしに役立つ製品開発を行ってきました。

水産業の水揚げ作業の省力化した
食品工場の運搬作業を省力化した
柳川市に寄贈した背面にも腰掛けられるベンチ

   
 
  
 「鉄工所はクリエイティブである」というビジョンを掲げ、2019年からSNSやYouTubeなどを活用し積極的な情報発信を行ったことにより、全国の町工場やデザイナー、大学、行政等と繋がりを持つに至っています。2020年3月からデザイナー関光卓氏(ゲイトライトデザイン)とのブランディングプロジェクト、2020年11月から福岡大学商学部飛田ゼミナールとのマーケティングプロジェクトなど外部の専門家とコレボレーションしながら商品開発を行う様子が複数のメディアに取り上げられ、2021年3月4日には九州経済産業局主催の「九州オープン・イノベーション推進フォーラム2021」に登壇し、町工場発オープンイノベーションの代表的事例として知られつつあります。
ノリノリプロジェクト

 2021年9月現在、鉄工職人メタルクリエイターがもつ技術を軸として社会と接続する活動全体をノリノリプロジェクトとして推進中です。

株式会社乗富鉄工所概要

本社        :  福岡県柳川市三橋町柳河934-4
創業        :  1948年
社員数       :  62名

ホームページ    :  http://www.noritetsu.com/
ECサイト      :  https://noritetsu.thebase.in/
YouTubeチャンネル :  https://www.youtube.com/channel/UCE2Q-DFUz4kGm5fGUDh4uIw
インスタグラム   :  https://www.instagram.com/nori_nori_life/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ