SpoLive(スポライブ)が、スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOの共同プロジェクト「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」の採択事業に決定

SpoLive (NTTコミュニケーションズ株式会社)

バーチャル観戦アプリ「SpoLive(スポライブ)」は、2020年11月、スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYO(※1)が共同で開催する「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ) アクセラレーション」の協業企業として採択されましたので、お知らせいたします。

■今回の採択について
応募者の中から一次審査を経て15件の一次審査通過事業が選抜され、11月上旬に開催されたキックオフ・イベントでのピッチを経て、SpoLiveを含む5事業が採択されました。審査を通過した最終採択事業は、約3ヶ月間のメンタリング期間でアイデアをブラッシュアップし、2021年2月中旬にデモデイにて成果を発表予定です。

■採択事業について
SpoLiveは、スポーツファンとアスリートやチームの距離をデジタルの力で縮めることを目指し、バーチャル観戦プラットフォームの開発・運営を行っております。

SpoLiveのバーチャル観戦アプリおよび管理クラウドを活用することにより、コラボレーションパートナーの皆さまと試合管理のデジタル化やバーチャル観戦の実証実験を開始して参ります。

■INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)とは
イノベーションリーグは、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(※2)構築の推進を目的としたプログラムです。中でもイノベーションリーグ アクセラレーションは、スポーツ周辺領域のテクノロジーとスポーツ協会・団体が持つ課題やアセットを掛け合わせることでアイデアを創出し、スポーツビジネスの拡張を目指すプログラムです。

コラボレーションパートナー(実証連携団体):
・公益財団法人 日本バレーボール協会( https://www.jva.or.jp/
・3×3. EXE PREMIER( https://www.3x3exe.com/premier/

詳細:https://innovation-league.sportstech.tokyo/acceleration/

■SpoLiveアプリとは
スポーツ観戦をより楽しめるモバイルアプリ。試合中のリアルタイムな情報提供と、それに対する様々なバーチャル応援により、新たなスポーツ観戦体験を創出しています。試合をさらに楽しむための実況機能や、AIを活用したルールや選手の解説機能、一緒に試合を見ているファン・サポーターの方々同士で盛り上がることができる機能も備えています。

■SpoLiveアプリ概要
利用料 基本無料(アプリ内課金あり)
開発・運営 NTTコミュニケーションズ株式会社
対応言語 日本語、英語

・公式サイト https://spo.live/
・iOSアプリ: https://spo.live/r/ios
・Androidアプリ: https://spo.live/r/android
・公式Twitter https://twitter.com/SpoLive_app

※1 SPORTS TECH TOKYO
スポーツテックをテーマとした世界規模のアクセラレーション・プログラム。第1回開催時には世界33ヶ国から約300のスタートアップが応募。スタートアップ以外にも、企業、スポーツチーム・競技団体、コンサル、メディアなど多様なプレイヤーが参画。事業開発を目指すオープンイノベーション・プラットフォームでもある。

公式ウェブサイト
https://sportstech.tokyo/?ja

※2 スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)
スポーツ庁の政策の一つで、スポーツ界のリソースと民間企業等の技術や資金、学術・研究機関の知見を連携させることにより、世の中に新たな財やサービスを創出するプラットフォームを構築するという取組。共創されるサービス等により、スポーツや他産業の価値向上と、社会課題の解決を目指す。これまでに政策の基本的方向性を協議する推進会議やSOIP構想の周知・浸透と参画人口の拡大を目的としたカンファレンスの開催、中央競技団体をイノベーションプラットフォームとしたアクセラレーション・プログラムを実施している。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ