埼玉武蔵ヒートベアーズ × FiNANCiE 、BCリーグ初となるクラブトークンの新規発行・販売開始に関する記者会見のお知らせ

株式会社埼玉武蔵ヒートベアーズ

埼玉武蔵ヒートベアーズのトークンを購入することで球団運営を支援することができる、新しい応援の形です

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町)の子会社で、BCリーグの球団「埼玉武蔵ヒートベアーズ」を運営する株式会社埼玉武蔵ヒートベアーズ(埼玉県熊谷市)は、9月6日よりブロックチェーン技術を利用したクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」にて、BCリーグ初となるクラブトークンの新規発行・販売を開始いたします。つきましては、下記日程で記者会見を実施いたします。

開催日時:
2021年9月6日(月) 16:00~16:30
場 所:
BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE(埼玉県入間郡越生町上野3083-1)
出 席 者:
株式会社フィナンシェ 取締役 COO田中 隆一
株式会社埼玉武蔵ヒートベアーズ 代表取締役 CEO 山崎 寿樹
埼玉武蔵ヒートベアーズ 監督兼GM 角 晃多

《トークンとは?》
トークンは球団への応援の「しるし」や「証」の役割を果たし、また単に支援の証になるだけでなく、保有することで球団発の投票企画への参加や、トークン保有者限定の特典への応募ができるなど、新しい体験ができるデジタル上のアイテムです。埼玉武蔵ヒートベアーズのトークンを購入することで、球団運営を支援することができます。トークンは、ポイントのように数量を持つもので、トークン保有者のニーズに応じて価格が上下します。今後、サポーターが増えると、トークン価値が高まる可能性もあり、サポーターにとっても初期から応援している証や継続的に応援するモチベーションに繋がる、新しい応援の形です。またトークンを購入いただくことで、企画への参加権や限定イベント・限定グッズの応募ができるなどのメリットがあります。

■埼玉武蔵ヒートベアーズ
プロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)に所属、埼玉県熊谷市を拠点とする球団。2015年リーグ正式加盟し、これまでに7名の選手がプロ野球ドラフト会議で指名されています。
http://www.musashibears.com/

■株式会社フィナンシェ
株式会社フィナンシェは、ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開しており、"10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現"を目指しております。そして、現在、100以上(個人、グループ、プロジェクト)のトークン(FT&NFT)の発行・販売、企画・運用の実績が有しております。
https://www.corp.financie.jp/

記者会見に参加いただける方は、下記まで、会社名・お名前・電話番号・メールアドレスをお知らせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ