プロゴルファー服部道子氏、初代スポーツ庁長官 鈴木大地氏を迎え、『好転力』出版記念オンラインイベント 9月15日(水)開催

株式会社世界文化ホールディングス

この度、プロゴルファー 服部道子の初著書『好転力』(7月16日発売)出版記念イベント「ビジネスにも活きる!一流アスリートの“状況を好転させる力”をつけるには…?」 を、9月15日(水)代官山 蔦屋書店 および、オンラインにて同時開催します。

アスリートの「好転力」は、“ビジネスの芝目”も読む!
『好転力』の出版を記念して、著者である服部道子氏と、初代スポーツ庁長官を務められた鈴木大地氏にご登壇いただき、本書の紹介をはじめ、「好転力」をテーマにビジネスシーンでも活用できるプロアスリートのマインドセットやメンタルコントロール方法についてお話いただきます。また、Tポイント・ジャパンが調査した「ゴルフに関するアンケート調査」をもとに、コロナ禍における最新のゴルファー本音アンケートから、ゴルフが持つ魅力や可能性、スポーツとしてのゴルフが日本社会で担う役割などについてセッションを行います。

【イベント概要】

タイトル:「ビジネスにも活きる!一流アスリートの“状況を好転させる力”をつけるには…?」
登壇者:服部道子氏、鈴木大地氏、MC(株式会社Tポイント・ジャパン 広報)
開催日時:2021年9月15日(水)19:00~20:00
申し込み方法:専用サイトからお申込みをお願いいたします。
申し込みフォーム: https://bit.ly/3DA13P3

※本キャンペーンは、新型コロナウイルス感染症の拡大状況や政府のガイドライン、緊急事態宣言等により、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

【著作紹介】

2020東京オリンピックゴルフ日本代表女子コーチに就任。日本とアメリカで数々の輝かしい成績を残してきた、プロゴルファー服部道子氏は、40年以上のゴルフ人生において、自分と向き合い状況を好転させてきました。本書は、服部氏が常に心掛けてきたこと、心を整えるルーティン作業、自己プロデュース力、偉大な先人たちからの学び、実践を通して導き出した「状況を好転させる力」をまとめた、初の著書です。スポーツのみならず、未来の勝者になるための最高の参考書となる1冊です。

■著者:服部道子
■発行:株式会社世界文化ブックス
■発行・発売:株式会社世界文化社
■定価:1,760 円(税込)
■URL:https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/21210.html
▼2020東京オリンピック ゴルフ日本代表女子 服部道子コーチが語る、勝者の共通点『好転力』とは?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001146.000009728.html

【イベント登壇者プロフィール】

服部 道子(はっとりみちこ)
愛知県生まれ。1984年に日本女子アマチュアゴルフ選手権を当時史上最年少の15歳9か月で優勝。翌年にはUSGA(全米ゴルフ協会)の主催する全米女子アマチュアゴルフ選手権を当時史上最年少で優勝し、120年以上続くUSGAの歴史で、タイトルを獲得した初の日本人となる。 高校卒業後はアメリカ・テキサス大へ進学。NCAAリーグで10勝。文武両道の学生に贈られる「マリリン・スミス賞」を受賞した。 91年にテキサス大国際経営学部を卒業後、帰国しプロ転向。98年に年間5勝を挙げて賞金女王に輝き、国内外ともに活躍した。国内メジャー3勝を含む通算18勝。 現在は一児の母として奮闘する傍ら、2020東京オリンピックゴルフ日本代表女子コーチとして後進を育成。

鈴木 大地(すずきだいち)
1967 年、千葉県習志野市出身、54 歳。 小学校 2 年生で水泳を始め、高校進学後、個人メドレーから背泳に転向。 記憶に残るソウル五輪では得意の「バサロスタート」を駆使し、100M 背泳で金メダルを獲得。 当時、日本競泳界では 16 年ぶりの金メダル獲得の快挙となり、日本の水泳を一気にメジャースポーツに 引き上げた。2013 年に連盟史上最年少の46歳で日本水泳連盟会長に就任、 2015 年から 2020 年まで、初代スポーツ庁長官を務め、アスリートへの支援強化やスニーカー通勤を促す など、幅広い政策に取り組み、現在は、国際水泳連盟理事、順天堂大学教授、同大スポーツ健康医科学 推進機構機構長として、後進の育成に力を注いでいる。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ