「Schoffel OUT LEISURE(ショッフェル アウト レジャー)」ルミネエスト地下2階にオープン

株式会社エスエスケイ

ドイツのアウトドアブランド「Schoffel(ショッフェル)」の、キャンプをテーマとした期間限定ショップ「Schoffel OUT LEISURE(ショッフェル アウト レジャー)」が、本日(9/3金)ルミネエスト新宿地下2階にオープンしました。


「Schoffel OUT LEISURE(ショッフェル アウト レジャー)」ではショッフェルのアウトレジャーコレクションを中心に、キャンプシーンにフィットしたウェアやグッズを展開しています。シューズは、軍靴をルーツに持ち、機能性・耐久性・ファッション性に優れたアイテムを展開するフランスのブーツブランド「パラディウム」の品揃えを充実させ、「野良道具製作所」とのコラボベストや野良ブラスターなど本格的なキャンプギアや、「RIVERS」のウォールマグシリーズなどキャンパーに人気のバイイング商品も多数取り揃えております。
なおオープン記念として、15,000円以上(税込)のお買い上げの方にサーモタンブラー、パラディウムのシューズお買い上げの方にオリジナル靴下を数量限定でプレゼントいたします。

店舗名:Schoffel OUT LEISURE(ショッフェル アウト レジャー)
期間:2021年9月3日(金)~ ※期間限定(2022年1月末予定)
場所:ルミネエスト地下2階
住所:新宿区新宿3-38-1
電話:080-3258-4066
営業時間:11:00-20:00

【Schoffel(ショッフェル)】
1804年にドイツでニット製品の製造からスタートした、創業200年以上の歴史を持つ老舗アウトドアブランド。身近な自然を楽しむためのアウトドアウェア作りに重きを置き、ドイツ語で『Ich bin raus.(外へ出よう、自然の中へ。)』をメッセージに掲げ、ハイキングやトレッキング、スキーなどアウトドアフィールドで活躍するウエアを展開。

【OUTLEISURE(アウトレジャー)】
“OUTDOOR(外遊び)”と“LEISURE(レジャー)”の要素を組みわせたコレクション。アウトドアフィールドに適した素材と機能性に、レジャーを楽しむためのファッション性もプラスされたアーバンライクなラインナップは、山や街、海や川など様々なシーンで活躍。

【PALLADIUM(パラディウム)】
航空機専用のタイヤメーカーとして創業。その技術を応用し、1947年、フランス軍の砂漠で使用する軍靴というリクエストに応えるブーツを設計。ブランドのアイコンである「PAMPA(パンパ)」シリーズが誕生。70年の歴史を経て、オーセンティック感と特徴的なソールに加え、デザイン性・機能性を合わせ持つフランス発のブーツブランド。

【各種キャンプギア】
野良道具製作所: 頑丈でないものは道具にあらず。とにかく丈夫で「ずっと使える」道具を作ることを理念に、代表の里崎亮氏が広島県を拠点に、ソロキャンプと焚き火道具を設計製作する専門工場。

RIERS:「ドリンクウェア」にフォーカスしたプロダクトを展開する日本のブランド。削ぎ落されたミニマルデザインでありつつも機能満載という意外性が魅力で、キャンパーやコーヒーギークを中心としたユーザー層に人気。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ