【株式会社サイトロンジャパン】天体写真用鏡筒「Askar FMA230」、「Askar ACL200アップグレードキット」を9月14日に発売

株式会社サイトロンジャパン

Askar ACL200アップグレードキットは直営店シュミットにて販売

株式会社サイトロンジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡邉 晃)は、Jiaxing Ruixing Optical Instrument社の「Askar FMA230」鏡筒、「Askar ACL200アップグレードキット」を2021年9月14日に発売いたします。

■発売概要
製品名「Askar FMA230」、「Askar ACL200アップグレードキット」※
※Askar ACL200アップグレードキットは直営店シュミットにて販売

価格
希望小売価格:オープン価格
市場予想価格 
Askar FMA230:税込92,500円前後
Askar ACL200アップグレードキット:税込9,400円前後
※市場予想価格はあくまで弊社が予想する価格であり、実際の販売価格とは異なります。

発売日:2021年9月14日(火)

■製品特長・主な仕様
Askar FMA230


<製品特長>
・対物レンズに2枚のEDレンズを含む3枚玉アポクロマート式を採用した口径50mm、焦点距離275mm、F5.5の鏡筒です。

・付属の専用レデューサーを併用することで、より収差が低減され、優れた天体写真用鏡筒になります。レデューサー併用時は焦点距離230mm、F4.6となります。

・カメラアダプターの取り付けネジの規格はM48オスネジです。

・レデューサー併用時のバックフォーカスは55mmです。

・鏡筒バンド、幅狭アリガタが付属。また着脱可能なハンドルには、アルカスイス互換規格のプレートとして使用できる溝が刻まれています。

・質量は、レデューサーや鏡筒バンド他のアクセサリーを含め約1,500gです。

<主な仕様>
・有効径:50mm
・焦点距離:275 mm/レデューサー使用時:230mm
・口径比:F5.5/レデューサー使用時:F4.6
・レンズ構成:3枚(対物レンズ),4枚(レデューサー)
・バックフォーカス:55mm(レデューサー使用時)
・サイズ:鏡筒長約248mm(対物レンズユニット+フォーカサー+レデューサー)
・鏡筒質量:約1,500g(レデューサー、鏡筒バンド、アリガタ、ハンドル含め)
・付属品:鏡筒バンド、幅狭ドブテイルバー(44mm幅)、ハンドル、2“取り付けアダプター(光路長14mm)、延長筒(光路長22mm)

Askar ACL200アップグレードキット


※直営店シュミットにて販売
<製品特長>
・Askar ACL200に取り付けることで、Askar New ACL200と同じハンドルバー仕様になります。

・ハンドルバーには用途に応じてガイド鏡などのアクセサリーが取り付け可能なので、様々な撮影スタイルに対応します。また、不要時は取り外すことも可能です。

<主な仕様>
・商品構成:鏡筒バンド、ハンドル、取り付けネジ、六角レンチ
・質量:約240g

※記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

【本製品についてのお問い合わせ先】
株式会社サイトロンジャパン
国内営業部 ストア課 TEL:03-6908-3112

ーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社サイトロンジャパン
双眼鏡や天体撮影カメラ等の光学製品を製造・販売する光学メーカーです。海外製の交換レンズブランドや、世界最大の天体望遠鏡メーカーなどの国内代理店業務も行っています。
◆おかげさまで、2021年6月1日に創立60周年を迎えました◆
https://www.sightron.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ