伊豆シャボテン動物公園のミナミコアリクイ“4兄妹”に弟「イク(育)」誕生!

株式会社伊豆シャボテン公園

人工哺育ですくすく成長中、もうすぐ一般公開

伊豆シャボテン動物公園では、2021年8月17日(火)に誕生したミナミコアリクイの赤ちゃんを人工哺育しており、現在、生後3週間を過ぎて順調にすくすくと育っています。

2021年8月17日生 ミナミコアリクイの赤ちゃん
赤ちゃんはオスで、父「ドン」(推定13才)と母「ココア」(9才)の間に誕生しました。複数回の出産を経験して次第に母性が見られるようになった母「ココア」は、誕生当日には赤ちゃんを抱っこして世話をしていました。

しかし、翌日の午前中に赤ちゃんを放置してしまい生命にかかわる危険性があったため、飼育員が保護し保育器に入れて人工哺育を開始することとなりました。以降、飼育員が親代わりとなり1日5回約3時間おきに授乳を続けており、保護当初は369gだった体重も現在は780gを超え、順調に成長しています。
授乳中の様子
すくすくと成長中

【赤ちゃんの名前決定】
父「ドン」、母「ココア」の名前にちなんで名づけられた長男「コン」・次男「トト」・長女「アン」、親子兄弟との絆や繋がりが続くよう名付けられた三男「ケイ(繋)」、そして今回誕生した赤ちゃんは「イク(育)」と名付けられました。
この名前には、母性が“育”ち始めた母親「ココア」が、この先も子を“育”む母としてしっかりと成長して欲しい、そしてこの子も立派にたくましく“育”って欲しいという、母子への願いが込められています。
四男の名前は「イク(育)」に決定
左から長男「コン」三男「ケイ」次男「トト」

【赤ちゃんの近況】
■赤ちゃんは、頭胴長約27cm、尾長約17cm、体重789.5g(2021.9.9現在)

■ミナミコアリクイの赤ちゃんは生後初日から体調により、閉園後の「ミナミコアリクイ展示場」にて飼育員が介助しながら、両親やSNSで話題となった“4兄弟”「コン」「トト」「ケイ」「アン」との顔合わせをしています。

■今後は、「ミナミコアリクイ展示場」を仕切った一隅に保育器を設置し、赤ちゃんの日々の体調や気温なども考慮しながら1日4時間ほどここで過ごすようになります。タイミングが良ければ一般のお客様も、保育器の中で過ごす赤ちゃんの姿を見ることができます。離乳期が終わる3~4ヶ月後を目途に、徐々にファミリーの元に戻れるようにしていきたいと考えています。
母「ココア」と顔合わせ中の「イク」
※“顔合わせ”訓練は、その日の天候や動物の体調に合わせて時間が変わります。また、中止する場合もありますのでご了承下さい。 

【ミナミコアリクイとは】
■学名/Tamandua tetradactyla
■英名/Southern tamandua、Lesser anteater
■分類/有毛目オオアリクイ科コアリクイ属
■分布/ブラジル、ベネズエラ、パラグアイなどの南米北中部
■体長/頭胴長35~90cm、尾長35~70cm
■体重/3.5~8.5kg
■生態/黒色のベストを着ているように見える背中のV字型の模様が特徴。樹上で生活をするため、尾の内側に毛は生えておらず木に巻き付けて移動ができる。前肢の大きなカギ爪も特徴で、この爪は木登りだけでなく威嚇をしたりアリ塚を壊したりするのに役立つ。壊したアリ塚やハチの巣から、アリ、白アリ、ハチなどを40cmほどにもなる長い舌を使って舐めとるように食べる。最近の研究では、ミナミコアリクイのメスは平均して約44日間の発情周期があることが分かっており、妊娠期間は130~190日ほど、1回の出産で1頭の子を産む。

伊豆シャボテン動物公園
「ミナミコアリクイ4兄弟に弟が誕生 ~人工哺育ですくすく成長中、もうすぐ一般公開~
https://shaboten.co.jp/press/3741/

伊豆シャボテン動物公園
https://izushaboten.com/

YouTubeチャンネル開設。
伊豆シャボテンZOOTV
https://www.youtube.com/user/shabotengroup

〒413-0231
静岡県伊東市富戸1317-13 
TEL:0557-51-1111(代)
営業時間など詳細はホームページをご覧ください。
入園料金:中学生以上2,400円、小学生1,200円、幼児(4歳以上)400円

伊豆シャボテン動物公園グループ
公式オンラインショップ
「伊豆シャボテン本舗」
https://shaboten.co.jp/honpo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ