「3×3.EXE PREMIER JAPAN 2021 PLAYOFFS presented by PORSCHE」女子はBEEMAN.EXE、男子はUTSUNOMIYA BREX.EXEが優勝!

ゼビオグループ

男女ともに2019シーズン優勝チームが連覇達成!

3人制バスケットボールのグローバルプロリーグ「3×3.EXE PREMIER(スリーエックススリードットエグゼプレミア)は、9月11日(土)「3×3.EXE PREMIER JAPAN 2021 PLAYOFFS presented by PORSCHE」を開催いたしました。
本大会は、無観客での開催となりましたが、タイトルパートナーであるポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)のご協力による盛り上げと、株式会社Abema TV(代表取締役:藤田晋、本社:東京都渋谷区)が運営する新しい未来のテレビ「ABEMA」にて、2019シーズンOSAKA DIME.EXEでプレーし現在はYouTuberとして活動する「ともやん」、3人制・5人制ともに代表経験があり今シーズンはREXAKT.EXEのチームオーナーとして参戦、またTOKYO 2020 3×3の解説も務められた矢野良子氏をゲスト解説に迎え、全試合独占無料生中継でお届けいたしました。
その大会結果につきまして、下記の通りお知らせいたします。


大会概要

◆大会名称:3×3.EXE PREMIER JAPAN 2021 PLAYOFFS presented by PORSCHE
◆日程:2021年9月11日(土)
◆時間:11:00-19:00
◆承認:国際バスケットボール連盟(FIBA)
◆公認:公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)
◆主催:クロススポーツマーケティング株式会社(3×3.EXE PREMIER事務局)
◆プレーオフタイトルパートナー:ポルシェジャパン
◆出場チーム:
*日本の男子カテゴリー:計16チーム
1.レギュラーシーズンの成績により各カンファレンスの1位と2位(7カンファレンス各2チーム計14チーム)
2.各カンファレンス3位の中の上位2チーム(計2チーム)

*日本の女子カテゴリー:計3チーム
レギュラーシーズンの成績の上位3チーム

◆大会フォーマット:
レギュラーシーズンの成績に応じて獲得したプレミアポイントにより決定した組み合わせによるノックアウトトーナメント方式

◆大会ハイライト映像:
女子決勝|TOKYO 333.EXE-BEEFMAN.EXE 【https://youtu.be/1sYPgKIuzZQ
男子決勝|UTSUNOMIYA BREX.EXE-TRYHOOP OKAYAMA.EXE 【https://youtu.be/jFnSbNuTbr0

大会結果

▼男子

1位  UTSUNOMIYA BREX.EXE
2位  TRYHOOP OKAYAMA.EXE
3位  SIMON.EXE
4位  TACHIKAW DICE.EXE
5位  MINAKAMI TOWN.EXE
6位  ZETHREE.EXE
7位  OSAKA DIME.EXE
8位  EXPLORERS KAGOSHIMA.EXE
9位  TOKYO DIME.EXE
10位 SHINAGAWA CC WILD CATS.EXE
11位 KOTO PHOENIX.EXE
12位 KYOTO BB.EXE
13位 SHONAN SEASIDE.EXE
14位 SENDAI AIRJOKER.EXE
15位 3STORM HIROSHIMA.EXE
16位 INZAI RHINOS.EXE

▼女子

1位  BEEFMAN.EXE
2位  TOKYO 333.EXE
3位  PERITEC INTERNATIONAL OIZUMI.EXE

※順位決定方法
1. 勝利数が多いチームを上位とする。
2. 上記の項目も同数の場合、平均得点数が高いチームを上位とする。
3. 上記の項目も同数の場合、平均失点数が低いチームを上位とする。
4. 上記の項目も同数の場合、チームロスター登録選手6名の3×3.EXE PLAYERS POINTの合計値を比較し、高いチームを上位とする。(6名を超えるチームの場合はポイントの高い順に6名分の合算とする)

★PLAYOFFS MVP
▼女子
BEEFMAN.EXE|#25 桂 葵


コメント:
関係者、ご視聴者のみなさま、ありがとうございました。
TOKYO 2020をきっかけに3×3が盛り上がっているのは非常に嬉しい一方で、選手としては、海外ではすでに3×3の国際大会が開催されているので、世界のレベル向上や動きに置いて行かれないよう常にアンテナを張りながら、今できる状況の中で3×3のレベルを向上し続けることが大事だと考えている。今後も3×3を追求し面白い試合を見せられるように取り組んでいきたい。

▼男子
UTSUNOMIYA BREX.EXE|#11 齊藤 洋介

コメント:
コロナ禍でプレーオフを開催いただいたリーグ関係者に感謝したい。
未だ新型コロナウイルスの影響が続いていて、日本中の方が大変な思いや困難な状況にある中、そういった方々に、自分たちのプレーでエネルギーや勇気を伝えられたらという思いがあった。3人での出場となり非常に苦しい状況だったが、「伝説をつくる」という強い思いで挑み、自分たちのプレーでエネルギーや勇気が少しでも多くの方に伝われば嬉しい。

大会の模様











3×3.EXE PREMIER 2021 AWARDS

PLAYOFFSの中で、2021シーズンアワードを発表いたしました。
詳しくはこちらをご参照ください。
https://www.3x3exe.com/premier/3x3news/articles/premier2021_awards/

3×3.EXE PREMIER 2021シーズン 概要

◆名称:3×3.EXE PREMIER(スリー エックス スリー ドット エグゼ プレミア) 2021
◆シーズン期間:2021年5月~9月
◆主催:クロススポーツマーケティング株式会社(3×3.EXE 運営事務局)
◆承認:国際バスケットボール連盟(FIBA)
◆公認:
-Basketball New Zealand(ニュージーランドバスケットボール協会)
-Basketball Sport Association of Thailand (タイバスケットボール協会)
-Chinese Taipei Basketball Association(チャイニーズタイペイバスケットボール協会)
-Japan Basketball Association(日本バスケットボール協会)

◆主管:
-ニュージーランド:ニュージーランドバスケットボール協会
-タイ:Victory Partner
-チャイニーズタイペイ:Absolute 3X3 Basketball
-日本:クロススポーツマーケティング株式会社

◆リーグパートナー:
-OFFICIAL MAIN PARTNERS|AQUARIUS、Coca-Cola、XEBIO、Victoria
-OFFICIAL PARTNERS|クオールグループ、 Golf Partner、UNISYS、名鉄観光、パーソルキャリア、INHERIT
-OFFICIAL SUPPLIERS|Wilson、Senoh、NEWERA、Air Fly

◆大会フォーマット:
【男子】
-CHINESE TAIPEI:レギュラーラウンド6大会+PLAYOFFS
-JAPAN:レギュラーラウンド4大会+PLAYOFFS(※2ラウンド中止)
-THAILAND:レギュラーラウンド6大会+PLAYOFFS
-NEW ZEALAND:レギュラーラウンド3大会+PLAYOFFS
※NEW ZEALANDは新型コロナウイルスの影響によりプレーオフには参加致しません。

【女子】
-CHINESE TAIPEI:レギュラーラウンド4大会+PLAYOFFS
-JAPAN:レギュラーラウンド2大会+PLAYOFFS(※2ラウンド中止)
-THAILAND:レギュラーラウンド4大会+PLAYOFFS

◆カンファレンス/チーム:【男子】13カンファレンス/78チーム、【女子】3カンファレンス/18チーム
-CHINESE TAIPEI:【男子】2カンファレンス/12チーム、【女子】 1カンファレンス/6チーム
-JAPAN:【男子】7カンファレンス/42チーム、【女子】 1カンファレンス/6チーム
-THAILAND:【男子】 2カンファレンス/12チーム、【女子】 1カンファレンス/6チーム
-NEW ZEALAND:【男子】2カンファレンス/12チーム

公式サイト/SNS

-公式サイト/SNS-公式サイト:https://www.3x3exe.com/premier/
-Facebook:https://www.facebook.com/3x3OFFICIAL/
-Facebook(Globalアカウント):https://www.facebook.com/3x3EXEGlobal/
-Twitter:https://twitter.com/3x3league
-Instagram:https://www.instagram.com/3×3.exe/
-Youtube:https://youtube.com/user/3x3league
-LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/3×3-exe-premier
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ