スポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」アスリートからのメッセージ機能を追加

一般財団法人アスリートフラッグ財団

一般財団法人アスリートフラッグ財団は、運営するスポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」の新たな機能として、ギフティングをいただいた利用者の方へのアスリートからのメッセージ機能を追加したことをお知らせします。
「Unlim(アンリム)」は、個人が財団を通してアスリートやチームを金銭的にサポートすることを可能にするスポーツギフティングサービスです。 競技活動資金の不安を払拭しパフォーマンスに集中したい、自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げていきたい、スポーツを通じて社会に貢献したい、といったアスリートやチームが持つ様々な思いの実現と、それを応援したいファンの思いをつなげる手段を生み出したい、その二つの課題を解決するために2020年2月に生まれました。
今回追加した機能は、メッセージの返礼を希望するアスリートが任意で行うことができるもので、これにより、これまで以上にダイレクトなアスリートと支援者とのコミュニケーションを生み出せること期待しています。
以下、参加アスリートから財団に届いた木オフティングによる助成金の使い途、感謝のメッセージを一部紹介します。

<ホッケー日本代表 及川栞選手>
いつも応援してくださる皆さま、温かい応援、ご支援本当にありがとうございます。
私の夢だったオリンピックは閉幕しましたが、目標達成することができずすごく悔しい思いをしました。しかし、母国で開催出来たこと、皆さまの応援があったからこそ最後の一秒まで走り抜くことが出来ました。心の底から楽しめました。私は引き続き日本代表として第一線で戦い続けたいと思っています。皆さまの温かい応援は、これからも私には必要です。ぜひ引き続き応援よろしくお願いします!Unlimでいただいた助成金は、まだ使用していませんが、今後シーズンオフにホッケーの大好きな子供達向けにホッケースクールを開催したいと考えており、その費用に使わせていただきたいと考えているところです。

<関西学院大学体育会アメリカンフットボール部FIGHTERS>
いつもご支援をいただきありがとうございます。今回、Unlimを通してご支援をいただけたことで、チームが多くの方々に支えていただいていることを改めて感じると同時に、身の引き締まる思いがしました。
いただいた助成金は、練習を安全に実施するためのコロナ感染対策にかかる消毒液等の購入に充てさせていただきました。引き続き、いただいたお気持ちにしっかりお応えできるよう、秋シーズン全力で戦います。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。

<フィギュアスケート 高浪歩未選手>
5月よりUnlimへ参加させて頂いてから、多くの方にご支援、ご声援頂きありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。また、ギフティングと共に皆様から届くメッセージと一緒に大きなエネルギーを沢山頂き、より一層アイスダンスの練習に力が入っています。
ギフティングを活用し、日本に滞在時はパートナーの西山選手、他のアイスダンスカップルと貸切を取ることができ、コロナ禍で難しい環境の中アイスダンスの練習を継続することができたことは、競技を続けていくうえでとても励みになりました。現在は西山選手と一緒にカナダに入国でき、クリケットクラブにて充実した練習が出来ています。
これも、皆様一人一人のご支援、ご声援のおかげだと思います。心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。いよいよ、10月末に東日本、12月には全日本があります。皆様から与えて頂いた環境に日々感謝し、より一層気を引き締めて練習を頑張りたいと思います。アイスダンスカップル、高浪西山組の成長とともに、私、高浪歩未自身も、より一層精進してまいりますので、どうぞ応援よろしくお願い致します。

<女子サッカー 吉良知夏選手>
ご支援してくださった皆様、本当にありがとうございます! ご支援だけでなく、応援のメッセージやSNSなど
でもご支援を頂いた方々にもお礼を申し上げます。 出来ることなら直接お礼を言えてお会いできる場があれば
良いのですが、文章でお礼をさせて頂きます。コロナ禍が収束した後にイベントなどを計画していますので、引
き続きご支援の程よろしくお願い致します。ギフティングでいただいた助成金を使って、新型コロナウイルスが
収束した後にリアルでのイベントを企画したいと考えています。

<フィギュアスケート 渡辺倫果選手>
いつも応援ありがとうございます。Unlimを通していただいた助成金は、大会参加のための移動、宿泊代や大会期間中のリンクの貸切代に使わせていただいています。
皆様のお力添えにより、遠方の大会に参加させていただきました。この時期に日本のトップ選手が集う大会に参加させて頂けたことは、貴重な経験と大きな収穫となりました。特にフリーのプログラムコンポーネンツでは成長を実感することができ、自分の努力の方向性が間違っていないことを確認できました。
しかしながら問題点も多数見つかり、振付師の方々と手直しに着手しております。無論、私のスケーティング技術も未熟ですので基本となるクロスからのスキルアップに励んでおります。
次の試合はブロック大会となりますが、そこでバージョンアップした姿をお見せできるよう練習に励んで参ります。これからも応援よろしくお願い致します。

<ラグビー 森田慎也選手>
いつも応援していただき本当にありがとうございます。今回、ご支援いただいた助成金でサプリメントやスパイクなどを購入させていただきました。またトレーニングのための交通費などの諸費用にも利用させていただきました。応援してくださる皆様のおかげで厳しい状況の中でも夢を追いかけ続ける事ができています。本当にありがとうございます。コロナの影響もあり、苦しい状況は続きますが、諦めることなく挑戦を続け、必ず夢を叶え、皆様に良い報告ができるようこれからも頑張ってまいります。今後とも応援していただければ嬉しいです。よろしくお願い致します。

<皇學館大学駅伝競走部>
いつも皇學館大学駅伝競走部の活動にご支援ご声援ありがとうございます。この企画を通して、改めて たくさんの方に注目して頂いている事を感じ、選手も励みになっています。いただいた助成金を、8月25日から予定していた合宿での栄養補助食品などに、一部利用させて頂くつもりでしたが、現在の社会状況を鑑み、合宿を延期させていただきました。このような状況しっかり乗り切って 秋からのシーズンで元気な皇學館の走りをお見せできるよう頑張ります。引き続きご支援よろしくお願い致します。

一般財団法人アスリートフラッグ財団は、引き続き「Unlim(アンリム)」を通して、アスリートやチームとファンのつながりを生み出し、新たなスポーツ支援の文化を根付かせることに貢献していきます。また、今後もアスリートの皆様から届いたメッセージは随時ご紹介させていただきます。

◆ スポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」とは
「Unlim」は、個人が財団を通してアスリートやチームを金銭的にサポートすることを可能にするスポーツギフティングサービスです。
競技活動資金の不安を払拭しパフォーマンスに集中したい、自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げていきたい、スポーツを通じて社会に貢献したい、といったアスリートやチームが持つ様々な思いの実現と、それを応援したいファンの思いをつなげる手段を生み出したい、その二つの課題を解決するために生まれました。アスリートは、「Unlim」を活用することでファンからの応援メッセージだけでなく、金銭的支援というカタチにして受けることができるようになります。
サービスURL:https://unlim.team

◆ 一般財団法人アスリートフラッグ財団について
スポーツをより明るい未来へをスローガンとして「国民の一人一人又はコミュニティが、スポーツに親しみ、スポーツへの関心を深め、スポーツを支える活動へ参画することなどによって、豊かな人間性を涵養し、心身の健康を保持増進させるスポーツ文化に寄与する」ことを目的とし平成 31 年に設立。当財団ではまずスポーツの核となる「アスリート・チーム」を支援します。それに伴い、提供するスポーツギフティングサービス「Unlim」を活用し選手の経済的な課題を解決していきます。 Unlim のコンセプトは「アスリート・チームへの新しい応援のカタチ」であり、社会のうねりを作ることにあります。Unlimは経済的な支援にとどまらず、アスリート・チームの記事や情報をインター ネット上でシェアすることでうねりを作り出し、付加価値を提供します。
URL:https://athleteflag.or.jp/
※本財団は 株式会社ミクシィの出資により設立しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ