「Wearsafeあんしんシステム」の日本市場参入を記念して松井秀喜氏をブランドアンバサダーに起用

Custom Media株式会社

偉大なプロ野球選手とご家族を繋ぐ世界最先端の見守りサービス

安全サポートのパイオニアWearsafe Labsのブランドアンバサダーに、元プロ野球選手の松井秀喜氏が任命されました。このパートナーシップを通して、松井氏は「Wearsafeあんしんシステム」の音声起動機能を活用し、離れて暮らすご両親(松井昌雄・さえ子夫妻)が助けを必要としている時に、アメリカにいても即座に繋がることができ安心できると言います。「Wearsafeあんしんシステム」は、24時間365日の安心・安全を提供するために設計された、とても使いやすい現代のモバイル安全アプリです。 Wearsafeを起動するにはボイスアクティベーション機能を使うか、またはスマートフォーンやスマートウォッチ上のアプリをタップするだけで、指定の連絡先にメールやSMSメッセージで正確なGPS情報と周囲の状況がわかる音声がリアルタイムで異常通知として送信されます。

[東京2021年9月20日]世界最先端の見守りサービス「Wearsafeあんしんシステム」を開発したWearsafe Labs ( https://japan.wearsafe.com/ ) は、日本での事業展開を記念して元プロ野球選手の松井秀喜氏をブランドアンバサダーに任命しました。

Wearsafe取締役会会長のラヴィ・シン氏(左)、伝説の野球選手であり、Wearsafeブランドアンバサダーの松井秀喜氏(中央)、Wearsafe共同創設者兼最高経営責任者デビッド・ベノイット氏(右)

このパートナーシップを通して、松井氏が離れて暮らすご両親、松井昌雄・さえ子夫妻と、音声起動機能を備えた「Wearsafeあんしんシステム」を使っていかにコミュニケーションを図っているかをご覧いただけるようになります。また、2021年9月20日(敬老の日)の松井氏とご家族の様子を紹介する様々なキャンペーンも計画されています。
「Wearsafeあんしんシステム」は、24時間365日の安全・安心を提供します。日本語・英語・スペイン語に対応しており、ボイスアクティベーションの機能を使うか、またはスマートフォーンやスマートウォッチ上のアプリをタップするだけで、指定の連絡先にメールやSMSメッセージを即座に送信することができます。通知送信者は周囲の状況を音声でリアルタイムに送信が出来、正確なGPS情報も発信できるため、通知受信者は、必要な助けを速やかに届けることができるのです。

24時間365日の安心・安全を提供するために設計された使いやすい現代のモバイル安全確認アプリ
Wearsafe共同創業者兼CEO、デイビッド・ベノイット
「日本のブランドアンバサダーに松井氏を迎えることができて大変光栄に思います。Wearsafeの日本市場進出は、最高のタイミングだったと思います。2020年は、どれほど距離があっても自分の大切な人たちと繋がっていたいという思いを誰もが痛感した年でした。『Wearsafeあんしんシステム』は、万が一の緊急事態をはじめ、松井氏のように離れて暮らす家族とのつながりを確保するためのツールなのです」

「Wearsafeあんしんシステム」は、トラブルが発生した際に電話を掛けなくても、離れて住む家族と連絡を取ることができるシンプルで安価な見守りサービスです。「Wearsafeあんしんシステム」があれば、海外に住む家族、実家の両親、進学や大学で親元を離れた子どもたちとすぐに繋がることができます。新型コロナウイルスによるパンデミックをうけ、アプリによる遠方に住む家族との連絡機能から、ユーザーにさらなる安心を提供することで、「Wearsafeあんしんシステム」はPPE(個人用安全保護)アプリとして生まれ変わったのです。
ボイスアクティベーションまたはスマートフォン、スマートウォッチをタップするだけで安全確認、異常通知の送信が可能
Wearsafeアンバサダー、松井秀喜氏
「私は高校卒業以来、両親とは離れて暮らしていましたが、同じ日本国内とアメリカでは距離も違いますし時差もかなりありますので、2003年以降は本当に家族の存在が遠く感じました。その時にこの「Wearsafeあんしんシステム」があれば本当に心強かったと思います。両親は私と兄に家族の大切さを教え、プロ野球選手になるという私の夢を常にサポートしてくれたのです。『Wearsafeあんしんシステム』があれば、大切な家族とすぐに繋がることができ、また適切な助けを速やかに届けることができます。日本でのブランドアンバサダーに選ばれたことを本当に誇りに思っています」
Wearsafeブランドアンバサダーの松井秀喜氏がアプリをセットアップしている様子

Wearsafe取締役会長、ラヴィ・シン
「『Wearsafeあんしんシステム』の対応言語に日本語を追加することは、私たちの成長にとって必要不欠でした。私はニューヨーク・ヤンキースのファンであり、長い間、日本のプロ野球をフォローしてきたので、松井秀喜氏が球界内外で人々の尊敬を集めてきたことをよく知っています。松井さんとご家族が『Wearsafeあんしんシステム』でつながり、より安心して暮らしていただけることを心から嬉しく思います」

『Wearsafeあんしんシステム』は、japan.wearsafe.comにて1万2900円で購入可能です。

Wearsafeは、ボイスアクティベーション機能の使用、またはスマートフォーンやスマートウォッチ上のアプリをタップするだけで、すぐに登録連絡先へ的確な位置情報と周囲のライブ音声がメールやSMSメッセージで送信され、受信者はすぐに適切な対応が可能

Wearsafe Labsについて
個人の安全をサポートする商品と通信サービスのパイオニアであるWearsafe Labsは、米コネチカット州ハートフォードを拠点に、独自の安全プラットフォームとスマートフォンアプリを通じ、離れて暮らす家族に必要な助けを提供するサービスを展開しています。「Wearsafeあんしんシステム」は、リアルタイム追跡、ライブ音声認識、音声起動をはじめとする包括的な機能を備えたユニバーサルアプリです。「Wearsafeあんしんシステム」とその対応デバイスは世界115カ国以上で使用されており、世界最先端の見守りサービスを展開しています。

「Wearsafeあんしんシステム」の詳細については、japan.wearsafe.comをご覧ください。

松井秀喜氏プロフィール
日本のプロ野球リーグで輝かしいキャリアを歩んだ松井氏は、読売ジャイアンツ在籍中の10年間に9度オールスターゲームに選出されました。2003年に渡米してメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースで7年間活躍、2009年に日本人初となるワールドシリーズ最優秀選手にも選出され、ヤンキース優勝に貢献しました。MLBオールスターゲームにも2度(2003年、04年)出場を果たすなど、輝かしい実績を残しています。2018年1月15日には史上最年少で日本野球界の殿堂入りを果たし、現在はヤンキースでアドバイザーを務める傍ら、NPO法人「松井55ベースボールファウンデーション」を主宰するなど、さまざまな慈善活動を積極的に行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ