【第34回東京国際映画祭】コロナに負けない安心安全『リアル開催』を目指し、クラウドファンディング開始!支援者の方をオープニングセレモニーへご招待

株式会社MotionGallery

■目標の2倍、200万円を突破! ■オープニング、クロージングの2作品が決定

 国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォーム、MOTION GALLERYは、1985年5月より続くアジア最大級の国際映画祭、「東京国際映画祭」の第34回リアル開催(10月30日-11月8日、日比谷・有楽町・銀座地区)を目指すクラウドファンディングを開始しました。https://motion-gallery.net/projects/tiff2021

デザイナー コシノジュンコ氏に よるビジュアル:今年の東京国際映画祭の大きなテーマの1つ「越境」がコンセプト

 東京国際映画祭を運営する公益財団法人ユニジャパンは、より多くの方々に東京国際映画祭のことを知って頂き、実際に映画祭へご参加頂くことを目的に今年で5年目のクラウドファンディングを行います。
※本プロジェクトは、所得税、住民税などの優遇措置が受けられる寄附型(寄附控除対象)となります。

 今年の開催に際して、新型コロナウィルスが依然として猛威を振るっている中、世界中の映画祭もその影響を受けており、多くが中止や延期、縮小等を余儀なくされ、例年と同じような映画祭を行うことが難しいことも事実です。昨年もコロナ禍の制約の下ではありましたが、リアルとオンラインのハイブリッド型で開催し、「映画館で映画を観る喜び」を再認識して頂くことができました。今年も依然厳しい状況ですが、「上映会場の移転」「プログラミングの再編」「ジェンダーの平等に向けた努力」を導入しながら、更なる飛躍を目指して準備中です。基本的にフィジカルに劇場スクリーンでの上映、イベントを実施し、密を避けて、皆様に東京国際映画祭に参加いただく予定です。通常時とは違い、コロナ対策でのお客様の安全な鑑賞環境整備のための支出もある一方で、協賛社様が大幅に減っており運営費用の圧縮を余儀なくされています。

 3密を避けるため昨年同様、一般の方がリアル観覧できるレッドカーペットはありませんが、映画祭の開催を告げるオープニングセレモニーは華々しい演出も検討しており、支援者の方をご招待するリターンをご用意(プレミアムサポーター:30,000円~)しています。セレモニー後のオープニング作品の上映と合わせてお楽しみ下さい。また、ロゴ入りのスパークリング酒・大吟醸など限定特典グッズを準備中です(確定次第掲載予定)。クラウドファンディングは、10月15日まで。ぜひ、日本の映画界を応援ください。
(C)2020 TIFF
(C)2020 TIFF

更なる飛躍に向け、東京国際映画祭が大きな改革へ!!

(1)上映会場の移転
メイン会場は2004年から六本木で開催してきていましたが、今年から日比谷・銀座地区に移転し、複数の劇場(*)を使用して実施します。同地区は映画の街として長い伝統と地の利を有し、多くの映画館に加えホテル、飲食店等関連施設も豊富です。また昨年から開催時期を合わせた東京フィルメックス(於 有楽町朝日ホール)は今年も同時期の開催であり、両映画祭が隣接することにより観客の皆様の鑑賞の利便が増すことになります。 (*)上映予定劇場(五十音順)~角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、有楽町よみうりホール。

(2)プログラミングの再編
本年度より、プログラミングディレクターに市山尚三が着任し、映画祭の上映プログラム全体を統括する新体制となりました。詳しい部門名、部門構成は9月28日に行われる第34回東京国際映画祭ラインアップ会見にて、具体的な選定作品と共に公表されますので、ご期待下さい。

(3)ジェンダーの平等に向けた努力
映画祭の選考委員、作品の監督・キャスト・スタッフなどについての男女平等を推進している「Collectif 50/50」という国際的活動があります。応募作品の監督などの男女比の統計調査、選考委員の男女比の公表、映画祭の実行役員の男女比の公表などを明文化した同団体の誓約書に署名することを検討してきた結果、東京国際映画祭も3月8日の国際女性デーに合わせ署名を行いました。この誓約書には既に、カンヌ、べルリン、ヴェネチアを初め世界の156の映画祭が署名済ですが、アジアの映画祭としては東京国際映画祭が初めての署名となりました。

チェアマン 安藤裕康よりメッセージ

コロナウイルスの困難が続く中ではありますが、今年も東京国際映画祭は感染症対策を徹底した上でリアルを基本として実施致します。今年は17年ぶりに会場を六本木から日比谷・銀座・有楽町エリアへ移転し、プログラマーも交代するなど心機一転しての映画祭となります。パンデミックの時代に生きる私たちは、映画を通じて自分たちの抱える悩みを改めて確認すると共に、将来への希望を見出すことができるでしょう。皆様におかれては、是非ともサポーターとしてご支援頂くと共に、劇場に足を運んで楽しんで頂けますようお願い申し上げます。

ビジュアルデザイン:コシノジュンコ氏

ビジュアルは世界的に著名なデザイナー、コシノジュンコさんが手掛けました。コシノさんご自身で作った伊藤若冲のニワトリの画をモチーフにした衣装をまとった女性が風を切って歩いていくイメージで作り上げたものになります。今年の東京国際映画祭の大きなテーマの1つとして「越境」というコンセプトがあり、コロナによるコミュニケーションの断絶、男女差別、経済格差、国際紛争、色々なボーダーが世界にはあるかと思いますが、そういったものを乗り越えて、さらにその先にある映画の姿を観て頂きたいという想いがありました。風を切って未来に向かっていく映画の姿を東京国際映画祭でご覧頂ければと思います。

オープニング・クロージングの2作品が決定!

オープニング作品はハリウッドの伝説、クリント・イーストウッド監督が主演も兼ねた最新作『クライ・マッチョ』。クリント・イーストウッド監督の50周年記念作品でもある本作は、人生に失敗した男と親の愛を知らない少年がメキシコを横断していく中で人生に必要な「本当の強さ」とは何なのか?を見出してく感動作になっており、映画祭の開幕を熱く盛り上げます。

(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
 クロージング作品は『ディア・エヴァン・ハンセン』。先のトロント国際映画祭のオープニングを飾った本作は、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の音楽チームで贈る大ヒットミュージカルの映画化作品で、1通の手紙と“思いやりの嘘”をきっかけに<本当の自分>に気づくまでの過程を描く、希望に満ちた物語が映画祭の終幕を飾ります。

(C) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

クラウドファンディング概要

プロジェクト名:【寄附型】第34回東京国際映画祭 コロナに負けない安心安全リアル開催プロジェクト
期間:10月15日23:59まで
目標金額:1,000,000円
リターン:5,000円~50,000円
フェスティバルサポーター(5,000円)
レギュラーサポーター(10,000円)
プレミアムサポーター(30,000円)
パートナー(45,000円)
プレミアムパートナー(50,000円)

※詳細は、公式ページをご覧ください。
公式ページ:https://motion-gallery.net/projects/tiff2021

第34回 東京国際映画祭事務局

日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭。東京国際映画祭は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな貢献をしながら、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。
https://2021.tiff-jp.net/ja/
(C)2020 TIFF
(C)2020 TIFF
(C)2020 TIFF


MOTION GALLERYは、みんなの共感をパワーに、社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現するクラウドファンディング・プラットフォームです。https://motion-gallery.net// ▼Podcast https://propo.fm/motiongallerycrossing
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ