【開催校決定】全国の水族館と国内外の小中学校をつなぐ!教室にいながら各地の海の環境問題を学べる完全オンラインの出前授業開催決定!

海と日本プロジェクト広報事務局

2021年9月末~順次開催 国内外の小中学校(5校)にて

海なぞ実行委員会は、2021年10月より全国の水族館と小中学校をつなぐオンライン出前授業を開催いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

本出前授業は、2021年9月15日にアクアマリンふくしま編/マリンワールド海の中道編を公開したオンライン謎解きゲーム「海なぞ水族館2021」に登場する水族館と海なぞ実行委員会が連携し、昨今の情勢下で学びの機会が減少しつつある子どもたちに海洋問題への理解・関心を深めてもらうべく企画されました。
現在、プラスチックごみや魚の乱獲などといった海洋問題が世界中で取り上げられています。四方を海で囲まれた日本も例外ではなく、一人一人が海洋問題を「自分ごと化」し、身近でできる海の保全活動を行う必要があります。

当委員会では市場規模500億円ともいわれている「謎解き」をフックに海洋問題を取り扱ったオンライン謎解きゲーム「海なぞ水族館2021」を、教育現場に教育ツールのひとつとして導入すべく、昨年度から試験的な取り組みを開始していました。授業を受けた生徒は「海岸などにごみが散らばっている様子は、普段見る機会がないので衝撃的だった。今後、ごみ拾いのボランティアがあれば、友達を誘って積極的に参加したい」と話すなど、海洋問題を身近に考えるきっかけとなりました。

2020年度事例:
海遊館×世田谷区用賀中学校 https://social-innovation-news.jp/?p=1176
※この取り組みは広く取り上げられ、外務省 地球環境課のTwitterでも紹介されました。

本年度は取り扱う問題に対する理解を深め「自分ごと化」できるイベントとして、より本格的に実施すべく5校程度の募集を行ったところ、予想を超える国内外様々な教育現場の皆様よりご応募・大きな反響をいただき、慎重に協議を重ねた結果、以下の5校に決定致しました。
出前授業参加校募集リリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000181.000077920.html

実施校・講義担当水族館
・ジョホール日本人学校(マレーシア)1~6年生 × 海遊館(大阪府)
・足立区立花畑小学校(東京都)特別支援学級 × 海遊館(大阪府)
・伊賀市立上野南中学校(三重県)3年生 × アクアマリンふくしま(福島県)
・奈良市立帯解小学校(奈良県)6年生 × 四国水族館(香川県)
・枚方市立枚方中学校(大阪府)1年生 × マリンワールド海の中道(福岡県)

イベント概要

団体概要
団体名称 :海なぞ実行委員会
本社所在地 :東京都千代田区神田三崎町3-7-12 清話会ビル3階
電話番号 :03-6261-0377
URL :https://uminazo.org/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ