ダンススポーツの全日本チャンピオンを決める競技会「第40回 三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権」

公益社団法人日本ダンススポーツ連盟

「第40回 三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権」開催のお知らせ

第40回 三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権
三笠宮杯全日本PDダンススポーツ選手権
全日本ダンススポーツ選手権ユース
JOC ジュニアオリンピックカップ 全日本ダンススポーツ選手権ジュニア
全日本ダンススポーツ選手権ジュブナイル

 公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(以下JDSF)は、全日本チャンピオンを決める競技会である、 第40回三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権を2020年11月21日(土) ~22日(日) 神奈川県川崎市とどろきアリーナにて開催致します。全員PCR検査ほか安全対策を徹底し、YouTubeライブ配信にて中継を予定しています。全国からのリモート観客参加型(場内無観客)での開催となります。また、同日にはJOC ジュニアオリンピックカップ全日本ダンススポーツ選手権ほかユース、ジュブナイルの全日本も併催致します。
 スタンダードラテンとも、予選から決勝まで、無料YouTubeライブをベースとして、応援メッセージなどSNSで選手とつながり、リクエスト受付や、私もジャッジなどで素敵な賞品もゲットできる、皆で楽しむ企画を致しました。
コロナ禍の中で、出来ない理由ではなく、どうしたら出来るのか?の思いを一つにファンとのつながりを大切にし、思い切り盛り上げることを目指します。ダンススポーツで日本中を笑顔にしたい!伝統の三笠宮杯を次世代に向けて発信する試みになります。どうぞ一緒に盛り上げていただけたら幸いです。

大会特設ページ → http://www.jdsf.or.jp/event/mikasa2020/

❖三笠宮杯とは
三笠宮杯は1980年(昭和55年)、故三笠宮崇仁親王が旧日本アマチュアダンス強化(JADA)総裁にご就任いただきましたことを記念してご下賜されました。

 記念すべき第1回三笠宮杯は’81テンカップとして、故三笠宮崇仁親王、百合子妃殿下のご臨席のもとで開催されました。その後、三笠宮杯は毎年欠かさず開催され、参加選手の増大に伴い日本全国の予選を勝ち抜いたトップ選手による選抜競技会となり、今日では名実ともにダンススポーツ競技の頂点となる全日本選手権として脈々と歴史を積み重ねています。
 故三笠宮崇仁親王は、ダンスに大変ご造詣が深く、皇室きってのダンスの名手であられ、1952年には英国ダンス界最高栄誉の「カール・アラン賞」を受賞されておられます。
 このような故三笠宮さまのご臨席の際には、大変熱心にご観戦いただき、出場選手の優勝への意気込みや観劇は特に大きく、選手や観客の皆様の敬慕するところとなりました。三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権は、多くの選手に大きな夢と希望を与える大会としてこれからも歩んでまいります。

❖大会概要
大会名称:  第40回 三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権
開催日:   2020年 11月 21日(土)・22日(日) ※大会スケジュール
配信:   JDSF YOUTUBEチャネル<ダンススポーツJAPAN>
開催場所:  川崎市とどろきアリーナ (〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-3)
主催:     公益社団法人日本ダンススポーツ連盟
共催:     川崎市
特別協賛:  株式会社ブルボン
特別後援:  毎日新聞社
後援:     スポーツ庁・神奈川県・(公財)日本スポーツ協会・(公財)日本オリンピック委員会

❖取材・写真素材 提供について
本件の取材については、新型コロナ感染防止対策徹底(無観客)競技会のため、入館条件はPCR検査陰性であることとさせていただいております。そのため、現地での取材についてはご遠慮いただき、優勝者のアクション写真と表彰式写真とインタビュー内容等の素材は大会後に無償で提供させていただきます。依頼はメールにてお問い合わせください。

❖注目出場選手


オレクシーグザー・太田吏圭子(リズメディア)- PDスタンダード


西村康宏・鳥尾綾香(航空公園舞タ゛ンススクール)- PDラテン


小嶋みなと・盛田めぐみ(神奈川県) – GD スタンダード


大西大晶・大西咲菜(富山県)- GD ラテン

<ブルボンダンススポーツチーム>
次世代を担う世界的選手の育成・強化を目標にする有望なユース・ジュニア選手を選抜し結成されています。


 五月女光政・五月女叡佳


山本壮真・三喜真梨菜 

木下将希・小西乙愛

ホワイトン謙心・夏奈実

高橋海・和田享華
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ