防災・アウトドア・イベントのほか作業にも最適!ポータブルバッテリー2機種を新発売!

マスプロ電工株式会社

本体表示ラベルは初めての人にも分かりやすい日本語表記

マスプロ電工(本社:愛知県日進市浅田町上納80番地、代表取締役社長:端山佳誠)は、バッテリー容量が561.6WhのTLB150TW と、一回り大型で容量730.08WhのTLB200TWの、ポータブルバッテリー2機種を10月から発売します。

2機種ともACコンセント、USB端子、アクセサリーソケット等を搭載しており、幅広い電化製品の電源に対応できます。
当社は、防災やアウトドアはもちろんイベントや作業など、電源を必要とする様々なシーンにおいて、今回発売するポータブルバッテリーを訴求していきます。

開発の背景と意図

 停電や地震など災害対策への意識の高まりに加え、キャンプやグランピングなどのアウトドア指向の流行りから、近年、ポータブルバッテリーの需要は急速に広がり、現在、多くのメーカーのポータブルバッテリーが市場に流通しています。
 しかし、そのほとんどの製品が海外市場に向けた仕様のため、各電源端子やスイッチなどの表示は英語表記になっており、操作に戸惑うというユーザー意見がありました。
 今回、当社が販売するポータブルバッテリーは、日本メーカーとして操作性と見やすさを考慮し、表示されるすべての名称を分かりやすい日本語表記にし、また、視認性の高い大きな文字で表示して、差別化を図っています。
 今後、イベントや作業など使用できるシーンが広がり、更に拡大していくこの市場に、当社は分かりやすく操作しやすいポータブルバッテリーを積極的に投入していきます。

主な特長

●ACコンセント・USB端子・アクセサリーソケットの3WAY電源対応
TLB150TWTLB200TWともに、ACコンセント2個、USB端子がType-A 2個、Type-A(QC3.0対応)1個、Type-C(PD対応)1個、そしてアクセサリーソケット1個をそれぞれ搭載しており、電源がないところでも液晶テレビやパソコン、扇風機など様々な電化製品を使うことができます。

●本体天面に使用説明書を表記


各電源を使用するときの操作方法を、本体天面に分かりやすく表記しています。また、スマートフォンなどでも取扱説明書が見られるように、QRコードを記載しており、初めて使う人にも優しい設計のポータブルバッテリーです。

●安全設計
短絡保護回路のほか、過電流保護回路、過電圧保護回路、過放電保護回路、過充電保護回路、そして、過剰温度検出保護回路などを搭載しており、安全性に配慮しているポータブルバッテリーです。

連続使用時間・充電回数の目安


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ