【日本代表】DF橋岡大樹選手がSAMURAI BLUE メンバーに選出

シント=トロイデンVV

本日、公益財団法人日本サッカー協会から発表されました SAMURAI BLUE(日本代表)メンバーにDFの橋岡大樹選手が選出されましたので、お知らせいたします。

(C)︎STVV
【試合日程】
FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選
■2021年10月7日(木) キックオフ時間未定(予定)
vsサウジアラビア代表(ジェッダ/サウジアラビア)

FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選
■2021年10月12日(金) 19:10 キックオフ(予定)
vsオーストリア代表(埼玉スタジアム/ 埼玉)

【橋岡選手コメント】
「この度、アジア最終予選のメンバーに選出していただき大変光栄に思います。
日本を代表して戦うということで、簡単な戦いではないですが、今持っている自分の力を全力で出し切り、少しでも力になれるように頑張ります」
(C)︎STVV

【プロフィール】
生年月日:1999年5月17日
ポジション:DF
出身:埼玉県
身長・体重:184cm・80kg

【シント=トロイデンVV(STVV)とは】
1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。 2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得。2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者(CEO)に就任 。 5つの柱として、トップチームの強化・アカデミーの充実・新たな事業スキームの構築・スタジアムの拡充・IT導入による技術革新を掲げている。 シュミット・ダニエル選手(前所属ベガルタ仙台)、鈴木優磨選手(前所属鹿島アントラーズ)、伊藤達哉選手(前所属ハンブルガーSV)、松原后選手(前所属清水エスパルス)、橋岡大樹選手(前所属浦和レッズ)、林大地選手(前所属サガン鳥栖)、原大智選手(前所属デポルティーボ・アラベス)が所属。
2020-21シーズンは勝ち点38の15位で終了した(10勝8分16敗/得失点-11/41得点52失点)。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ