『伯爵と成金 帝都マユズミ探偵研究所』本日発売!堀川アサコが描く、昭和初期の耽美と退廃とミステリ、イケメンバディに酔いしれろ!

株式会社新潮社

大正浪漫が和洋折衷の花開く色鮮やかな光の文化なら、昭和レトロは熟れすぎた果実が腐り落ちるがごとく匂い立つ、独特の耽美と退廃の闇の文化が存在しているといえるでしょう。
そんな帝都の暗がりにそっと目を向けてみませんか。
伯爵家の次男坊と成金のドラ息子。対照的な二人が貴方をお待ちしております。

■あらすじ
大正情緒を引きずる昭和6年、1人の強欲成金が顔を赤いペンキで塗られた異様な死体となって発見された。
冤罪をこうむった放蕩息子の牧野心太郎は、真犯人を捕まえるために、タダで探偵をするという奇特な伯爵家の次男坊・黛望(ルビ:まゆずみのぞみ)を頼る。
一方、巷では同様の死体が次々見つかり、「黒影法師」なる者の仕業と噂になっていた――。
耽美と退廃が匂い立つ、帝都バディミッション開幕!

■読みどころ
『幻想郵便局』シリーズ等でおなじみの優しくてほっこりした作風とは打って変わって
まるで横溝正史のような、江戸川乱歩のような、めくるめく昭和初期の帝都の闇を軽快な筆致で描いている。
丁寧な時代考証に裏打ちされたこの物語世界、「大正浪漫」や「昭和レトロ」のような文化が好きな人には特に胸を張っておすすめいたします!!

■著者コメント
戦前の東京市、本当の紳士と乙女が居た時代、けれど紳士は狡猾で乙女は淫靡です。
電気蓄音機から流れる短調の流行歌。ビロードのカーテン。笑う蛇体の女神像。冒涜された凶悪犯たちの遺体。
pieceが組み合わされ、こわれ、組み合わさるうちに、正義と邪悪も反転する。
ご用とお急ぎでなければ、さあ、お立合い。
読んで後悔なさるとも、決して損はなさいますまい。

■著者プロフィール
1964(昭和39)年、青森県生れ。2006(平成18)年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。妖しい魅力あふれる文章と、独自の世界観が評価された。著書に『たましくる――イタコ千歳のあやかし事件帖』『幻想郵便局』『幻想映画館』『予言村の転校生』『おせっかい屋のお鈴さん』『小さいおじさん』『100回泣いても変わらないので恋することにした。』『おもてなし時空ホテル~桜井千鶴のお客様相談ノート~』『ある晴れた日に、墓じまい』などがある。

■書籍データ
【タイトル】『伯爵と成金 帝都マユズミ探偵研究所』
【著者名】堀川アサコ
【発売日】9月29日
【造本】新潮文庫nex
【本体定価】693円(税込)
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/180225/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ