「Nishiki-2 SDGs映画祭」11月に名古屋で開催!

スターキャット

映画を通じてSDGsを知り・学ぶきっかけを提供

 スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下寿昭、以下「スターキャット」)は、「Nishiki-2 SDGs映画祭」を11月に開催します。映画を通じてSDGsについて、知る・楽しむ・学ぶ(知・楽・学)の場を提供するため、名古屋市・錦二丁目でスターキャットが運営しております映画館「伏見ミリオン座」を中心とした名古屋の街なか各所で、SDGsのテーマにつながる「映画」の上映や「トークイベント」、「ワークショップ」などを行います。

Nishiki-2 SDGs映画祭

開催の経緯

 名古屋市中区の錦二丁目地区をモデル地区として、なごや環境大学SDGs未来創造クラブで実施する、身近な地域課題から持続可能な社会やライフスタイルへの転換を生み出すプロジェクト「SDGsまちづくりプロジェクトin錦二丁目」において、本年11月に開催されます 「錦2丁目SDGs WEEKs」に賛同し、同地区でスターキャットが運営しております映画館「伏見ミリオン座」を中心とした名古屋の街なか各所で「Nishiki-2 SDGs映画祭」を開催することとなりました。

本映画祭の特徴

・名古屋の街なか複数拠点を会場として、SDGsに関わる映画やドキュメンタリー作品(およそ15作品)を上映。
・上映後には、監督やジャーナリスト、専門家などゲストを招き、トークショーを開催。参加者と一緒に、日本が進むべきSDGsの道標について、明日からできる行動について考えます。
・ワークショップや、VRの新技術を用いた体験型のトークイベントを開催。ただ観て、聴くだけでは終わらない、参加者も考えて行動することを目指します。

 上映作品には、ウルグアイで大統領を務めながらも、愛妻・愛犬と質素に暮らす姿から「世界一貧しい大統領」と愛されたホセ・ムヒカのドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』をはじめ、“究極の農場”をつくる夢を追う夫婦の8年間を描き、自然との共生、命のサイクルの素晴らしさを示す『ビッグ・リトル・ファーム』など、誠実で力強いメッセージにあふれた作品をラインナップしています。これに加え、二人きりで山小屋を営む老夫婦の日々から 「老いる」ことの本質を静かにとらえる『山小屋カレー』など、SDGs映画祭にぴったりのCBCドキュメンタリー4作品も上映します。
 映画の上映にあわせ、それぞれの映画作品が取り上げる課題の現場に関わっているゲストを招いたトークイベントも開催します。参加者と一緒に、日本が進むべきSDGsの道標について、明日からできる行動について考えます。
 さらには、新しい技術VRで名古屋を中心に日本全国のインバウンド観光を盛り上げる取り組みについてご紹介します。実際にVRを体験しながら、VRコンテンツ制作のノウハウを学べるトークイベントも開催します。ただ観て、聴くだけでは終わらない、参加者も考えて行動することを目指しています。
 本イベントは名古屋市の後援イベントおよび文化庁令和2年度第3次補正予算事業 ARTS for the future! 補助事業となります。

映画祭概要

◆名称:「Nishiki-2 SDGs映画祭」
◆URL :https://nishiki2-sdgsff.com
◆主催:スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
◆期間:2021年11月6日(土)/7日(日)/9日(火)/12日(金)/13日(土)/14日(日)/18日(木)/19日(金)/20日(土)
◆後援:名古屋市・なごや環境大学・錦二丁目エリアマネジメント株式会社
※文化庁令和2年度第3次補正予算事業 ARTS for the future! 補助事業
◆協賛:株式会社大林組・株式会社関電工・シンクレイヤ株式会社・株式会社シーテック・
住友電気工業株式会社・株式会社名古屋銀行・NTPグループ
◆協力:株式会社KADOKAWA・CBCハウジング未来つなぐPROJECT・Hisaya-odori Park Design Center・ユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会株式会社ナノボ・株式会社RAKUDO・凸版印刷株式会社
◆会場:1.伏見ミリオン座 2.THE CUPS FUSHIMI 3.IMOM SPACE 4.Hisaya-odori Park 5.TOPPAN DX-GATE 6.CBCハウジング名駅北

会場MAP

タイムテーブル 第1弾

※第2弾発表はWEBにて

主な上映作品

『ムヒカ 世界で一番貧しい大統領から日本人へ』

(C) 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

『よみがえりのレシピ』

(C) 2012「よみがえりのレシピ」製作委員会

『シンプル・ギフト~はじまりの歌声~』

『プラスチックの海』

『都市を耕す エディブル・シティ』

主なゲスト

田部井一真監督

安田菜津紀(NPO法人Dialogue for People所属フォトジャーナリスト)

(C)️Dialogue for People

渡辺智史監督  ※オンライン登壇

篠田伸二監督(現富山県氷見市副市長) ※オンライン登壇

スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社

 1990年10月から名古屋市中区にて放送サービスを開始し、その後、通信サービス、映画興行も展開してきました。特に通信サービスでは、光ファイバーによる超高速インターネット(FTTH・FTTB)をはじめ、光同軸ハイブリットネットワークを利用したものなど、多彩なサービスを展開しています。
 「RBB SPEED AWARD 2020」においては、Wi-Fi速度の部(スマートフォンによるWi-Fi接続)CATV部門(全国・東海)で最優秀賞を受賞しました。
 また映画興行では、名古屋市で2館(伏見ミリオン座・センチュリーシネマ)の映画館を運営すると共に、配給・宣伝および屋外上映等幅広く映画事業を展開しています。

【会社概要】
■社名:スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
■URL:https://www.starcat.co.jp/
■本社所在地:愛知県名古屋市中川区高畑4-133
■代表取締役社長:松下 寿昭
■資本金:26億8,500万円
■サービス提供エリア:名古屋市(守山区・緑区をのぞく)、北名古屋市、岩倉市、江南市、清須市の一部(西枇杷島町・春日)、豊山町
■主な業務内容:通信事業/放送事業/映画事業
■事業内容:
1990年10月から名古屋市中区にて放送サービスを開始し、その後、通信サービス、映画興行も展開してまいりました。特に通信サービスでは、光ファイバーによる超高速インターネット(FTTH・FTTB)をはじめ、光同軸ハイブリットネットワークを利用したものなど、多彩なサービスを展開しています。「RBB SPEED AWARD 2020」においては、Wi-Fi速度の部(スマートフォンによるWi-Fi接続)CATV部門(全国・東海)で最優秀賞を受賞しました。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ