3歳から120歳まで気軽に応募できる小説コンテスト「ショートショートnote杯」開催。 たった410字以内の小説をnoteに書き、未来の作家を目指そう!

株式会社パートナーズ

一人何作でも応募が可能。 世界一!? 気軽に応募できる小説コンテスト。審査員長にショートショート作家の田丸雅智氏、特別審査員に作家のせきしろ氏をお迎えして開催します。

株式会社パートナーズがメディアプラットフォーム「note」監修にて2021年6月に発売したカードゲーム「ショートショートnote」は、カードの組み合わせによって決められたタイトルに合わせて、プレイヤーが数分でショートショートを執筆するというゲームです。本商品の発売を記念し、株式会社パートナーズ主催でnote上でショートショート作品を応募するコンテストを開催いたします。

株式会社パートナーズ(代表:盛田哲平/所在地:東京都新宿区)は、ショートショート(短くて不思議な物語)をPCやスマートフォンなどで執筆しながら遊ぶカードゲーム「ショートショートnote」(2,700円/税抜き)を2021年6月22日に発売いたしました。(Amazon販売ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B095SGGN39

※商品の詳細情報は以下の新製品リリースよりご確認いただけます
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000025856.html

「ショートショートnote」は、カードの組み合わせによって決められたタイトルに合わせて、プレイヤーが1人1台PCやスマートフォンなどを使って実際にショートショートやエッセイなどの文章を書き上げるという、他に類を見ない遊び方のカードゲームです。本商品は、会員数380万人(※1)、2020年5月時点では月間アクティブユーザー6,300万となったメディアプラットフォーム「note」監修により開発されました。
(※1)2021年3月末時点。

本商品は、ゲームで遊びながら楽しんで小説を書くという形で執筆に興味を持ってもらい、それをきっかけにたくさんの新しい作家さんがこの世に誕生してほしいというプロジェクトメンバー一同の想いから生まれました。その一環として、本ゲーム監修の田丸雅智氏を審査員長に、作家のせきしろ氏を特別審査員にお迎えし、note上での小説コンテスト「ショートショートnote杯」を、株式会社パートナーズ主催により開催いたします。大賞を始めバラエティに富んだ様々な賞が設けられ、審査員の選定により表彰されます。

数分でショートショートが書けてしまうカードゲーム「ショートショートnote」もご活用いただきながら、全年齢の方、特に小説を一度も書いたことがない方や、将来作家になりたい方にご応募いただきたく思っております。

【ショートショートとは】
簡単に言うと、「短くて不思議な物語」です。より詳しく言うと、「アイデアと、それを活かした印象的な結末のある物語」です。その短さから、すぐに読め、すぐに書けるという点が醍醐味の一つです。本コンテストでは、「これはショートショートになっているのか」などは気にせず、気軽に楽しく書いて頂ければOKです。

【応募条件と方法】
・どなたでも応募できます。(作者の口頭を代筆する形などでの応募もOKです。もちろん第三者の著作権その他一切の権利を侵害していない、オリジナル作品に限ります。)
・メディアプラットフォーム「note」で、記事のタイトルを作品の題名にして、410字以内のショートショートを書き、ハッシュタグ「 #ショートショートnote杯 」をつけて投稿してください。
※410字は、「ショート(410)」の語呂合わせです。
※ハッシュタグは最後の "" まで忘れずにつけてください。
・1人何作品でも応募できます。ただし、1作品を1記事(1投稿)に書くようにしてください。
・今回のコンテストは、カードゲーム「ショートショートnote」に収録されているお題カードを2枚組み合わせてできる題名で作品を書いて頂きます。ショートショート作品の題名は、以下の11種類の中からお選びください。

1.『しゃべるピアノ』
2.『1億円の低カロリー』
3.『株式会社リストラ』
4.『アナログバイリンガル』
5.『違法の冷蔵庫』
6.『数学ギョウザ』
7.『コロコロ変わる名探偵』
8.『空飛ぶストレート』
9.『金持ちジュリエット』
10.『君に贈る火星の』
11.その他、カードゲーム「ショートショートnote」に収録されているお題カード200枚から、自由な2枚を組み合わせて作った題名

ゲーム内のカードの例。ここから2枚使って題名を作ってもOKです!

【応募期間】
2021年10月1日(金) ~ 2021年11月14日(日)23:59 までにnoteに投稿されたものが対象となります。

【審査員】

田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)
http://masatomotamaru.com/

せきしろ(特別審査員・作家)
https://twitter.com/sekishiro

高橋晋平(おもちゃクリエーター・ショートショートnote 開発者)
https://twitter.com/simpeiidea

大澤孝(株式会社パートナーズ・Ideastation代表)
https://twitter.com/idea_soken

【賞と副賞】 ※すべての賞に関して、受賞者は1名ずつです。

◆最高賞

大賞(副賞:トロフィー、関係者が作品を個人のSNSなど各所にて紹介)

◆審査員特別賞

田丸雅智賞(田丸雅智選 副賞:小トロフィー、田丸雅智からのプレゼント)

せきしろ賞(せきしろ選 副賞:小トロフィー、せきしろからのプレゼント)

高橋晋平賞(高橋晋平選 副賞:小トロフィー、高橋晋平からのプレゼント)

Ideastation賞(大澤孝選 副賞:小トロフィー、株式会社パートナーズからのプレゼント)

◆佳作

笑えるで賞(特に笑える作品に与えられる賞)

斬新で賞(特に新しさを感じる作品に与えられる賞)

ゾッとするで賞(特に背筋がゾクっとするような怖さがある作品に与えられる賞)

心に響くで賞(特に感動したり、胸を打たれたり、優しい気持ちになれたりする作品に与えられる賞)

天才!? で賞(よくわからないけどなんだかすごい作品に与えられる賞)

※賞は追加される可能性があります。
※記載されている副賞のほかに、入賞された方全員を、クローズドで開催される審査員との「Zoom表彰式 & ショートショートnoteゲーム会」にご招待します。日程は未定ですが、1か月ほど前にご連絡いたします。

【注意事項】
・応募作品は、第三者の著作権その他一切の権利を侵害していない、オリジナル作品にしてください。
・応募された作品は、外部メディアなどで本コンテストに関して紹介される際に、note記事のリンクを貼る形、または作品の一部を引用する形で紹介される場合があります。また、各種メディア媒体で作品全編を紹介させていただきたい場合などは、個別に応募者の方にご相談させていただきます。

【結果発表】
11月下旬~12月上旬を目途に発表いたします。副賞は、受賞者の方に個別にご連絡させていただき、後日発送いたします。

選考終了後、以下のアカウントにて結果発表記事が掲載されます。
https://note.com/simpeiidea/

その他すべての詳細は、以下のnote記事にて随時追記・更新されます。こちらの記事を随時ご確認ください。
https://note.com/simpeiidea/n/n494a3af60f97

【開催記念イベントのご案内】
応募締め切り1か月前の、10月14日(木)19:00~20:30に、「その場で書いて応募しよう! ショートショートnote杯 開催発表会&書き方ミニ講座」をZoomで開催いたします。参加希望者は以下のPeatixでお申し込み可能です。一般参加は無料、先着77名様までです。ぜひお気軽にご参加ください。
https://shortshortnotecup.peatix.com/

◆また、本開催記念イベントではメディア関係者の取材枠をご用意しておりますので、参加ご希望の記者様は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
marketing@ptns-sp.com (株式会社パートナーズ マーケティング部)

要項は以上です。ぜひどなたも奮ってご応募ください。

【note(ノート)とは】

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。
個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達しています。
URL:https://note.com/

【審査員プロフィール詳細】

・審査員長
田丸雅智(たまる まさとも)

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。坊っちゃん文学賞などにおいて審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、現代ショートショートの旗手として幅広く活動している。書き方講座の内容は、2020年度から小学4年生の国語教科書(教育出版)に採用。2021年度からは中学1年生の国語教科書(教育出版)に小説作品が掲載。17年には400字作品の投稿サイト「ショートショートガーデン」を立ち上げ、さらなる普及に努めている。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。メディア出演に情熱大陸、SWITCHインタビュー達人達など多数。ショートショートnote監修を担当。

・特別審査員
せきしろ

1970年、北海道生まれ。作家、俳人。近著に『その落とし物は誰かの形見かもしれない』、『蕎麦湯が来ない』(共著)など。

・審査員
高橋晋平(たかはし しんぺい)

2004年に株式会社バンダイに入社し、国内累計260万個を発売、第1回日本おもちゃ大賞を受賞した「∞(むげん)プチプチ」など多数のおもちゃの企画開発・マーケティングに携わる。
株式会社バンダイを退社後、2014年10月1日株式会社ウサギ設立。スマホ鳩時計OQTA、アンガーマネジメントゲーム、気泡わり専用アラビックヤマト、妄想商品マーケットMouMaなど、アナログからデジタルまで幅広い遊び開発に携わる。これまで開発に携わったアナログゲーム製品は30点以上。
2013年TED×Tokyoに登壇。スピーチがTED.comにピックアップされ、世界に配信。累計200万回以上再生されている。
ショートショートnoteゲームデザインを担当。

・審査員
大澤孝(おおさわ たかし)

株式会社パートナーズ、Ideastation代表。ショートショートnote開発のプロデューサーを担当。

【商品情報】
商 品 名 : ショートショートnote(ショートショートノート)
希望小売価格 : 各2,970円(税込み)
発売予定日 : 2021年6月22 日(発売中)
対象年齢 : 7歳以上
プレイ時間 : 15分~30分
プレイ人数 : 1人~∞人
商品内容 : お題カード200枚(+予備10枚)、制限時間カード3枚、形式カード3枚、ヒントカード4枚、取扱説明書
パッケージサイズ : 132×88×42 (mm)
取扱い場所 : 全国のアナログゲーム売場、インターネットショップなど
開発スタッフ : プロデュース・大澤孝(アイデアステーション)、ゲームデザイン・高橋晋平(株式会社ウサギ)、監修・田丸雅智、note株式会社
著作権表記 : (C) Tamaru Masatomo/PARTNERS 2021

公 式 H P : https://www.ptns-sp.com/our-products/shortshortnote/
インターネット通販ページ(Amazon):https://www.amazon.co.jp/dp/B095SGGN39
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ