アスリート「競技外の人生」を応援するキャリア講座募集開始

Gabby Academy

~プログラミングなど学び、世界で活躍する人材に~

企業支援事業などを行う株式会社B-Bridge(ビー・ブリッジ)、英語教育を行う株式会社ギャビーアカデミー、プログラミングスクールの株式会社コードクリサリスは、アスリート支援講座『Athlete Beyond Educational Program(アスリート ビヨンド エデュケーショナル プログラム』の受講生を募集いたします。


 日本野球機構の調べによると、若手選手で「引退後に不安がある」と答えた人は49.8%。現役中から引退した後のセカンドキャリアに不安を抱いているアスリートが多いという現状があります。

 そんな中、私たちは彼らに

世界に挑戦するマインド
英語
プログラミングスキル

を身に付けてもらい、スポーツで培った向上心や集中力、困難を乗り越える力と併せて世界で活躍する人材を輩出したい。そんな思いで同プログラムを開講いたしました。今回で2期目の募集となります。

 このプログラムの責任者は、幼少期から大学までサッカーに打ち込んでいました。大学時代にプロの世界でも社会的な格差を感じ「サッカーをやめた後、自分に何ができるのだろう」と自問したそうです。海外のアスリートたちは、引退後も見据えて大学院で修士を取る人や、ビジネスを学ぶなどセカンドキャリアも考えて動く選手も多く、またその受け皿も日本より幅広く整っています。

 私たちは「競技以外何もない」と悲観するアスリートを減らし「これしかない」とスポーツに打ち込むのではなく、多くの選択肢の中から「これがいい」とスポーツを選ぶ社会を作りたいと考えています。

 第1期には、18人が参加。セレッソ大阪所属のサッカー選手・松田力(まつだりき)さんや、大嶽部屋所属の相撲力士・闘鵬聡志(とうほうそうし)さん、ビーチテニス日本代表の大塚絵梨奈(おおつかえりな)さんが学びました。

第1期プログラムの様子、他競技のアスリートが3ヶ月間学びを深めた

 第2期にはパートナー企業からも参加者を募り、アスリートとビジネスマンが共に学ぶことでお互い刺激を受け「新しいビジネスアイデア創出」など、さまざまな相乗効果を狙います。

 「いいな」と思われた方は、ぜひアスリート ビヨンド エデュケーショナル プログラムのウェブサイトをご覧ください。

【プログラムの特徴】

グローバルマインドを備えた3つの学習内容
他競技、他分野からの参加者同士が相互に新たな学びを受け、さまざまな出会いを築く
アスリートと関係企業間でのコラボレーション企画創造
プログラム修了後、企業でのインターンシップ実施

【開催概要】

名称:EDUCATIONAL PROGRAM(エデュケーショナル プログラム)
公式Webサイト:https://www.athlete-beyond.com/education-program
開始時期:2021年秋冬開校予定
開催期間:3カ月
開催方法:オンライン
参加対象者:現役・元アスリート(引退1年以内、プロ・アマ問わず)、パートナー企業社員
プログラム内容:「アントレプレナーシップ」「英語スピーキングスキル」「プログラミングスキル」
アスリート参加費用:社会人/プロアスリート33,000円 (税込み)、学生アスリート11,000円 (税込み)
申込方法:公式Webサイト(https://www.athlete-beyond.com/for-athlete)より応募

【お問い合わせ先】
会社名:株式会社B-Bridge
プロジェクト責任者:槙島貴昭(まきしま たかあき)
連絡先:takaaki.makishima@b-bridge.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ