スポーツが楽しめる品川区の児童センター、10月の開館情報

品川区

~スラックやボルダリングなど、品川区の児童が無料で利用できるスポーツ施設~

品川区にある児童の健全育成を目的にした施設「児童センター」は、緊急事態宣言中は登録・予約制で開館しておりました。
10月には緊急事態宣言が解除となりましたので、最新の開館情報をお知らせいたします。

児童センターでは、スポーツの好きな子供たちが安心して利用できるように、新型コロナウイルス感染症対策をしながら運営を行ってまいります。

<スラックライン>
わずか幅5cmのライン上で技を展開し、その難易度や美しさを競い合うスポーツです。講師がいる日は、基本から高度な技まで指導を受けることができます。11月より各館で「スラックライン ライド オンフェス」を開催。体験と講師のデモンストレーションの見学ができます。

実施館/東品川・東大井・南品川・中原・三ツ木・水神・大井倉田・滝王子・平塚・旗の台・東中延・冨士見台・ゆたか・南ゆたか・八潮児童センター

<ボルダリング>
ホールドと呼ばれる石を使って壁を登り、ゴールをめざすスポーツです。ゆたか児童センターには小学生用の壁が2面、幼児用の壁が1面あり、最大傾斜は120度にもなります。様々な難易度のコースがあり、初めてボルダリングをする子どもから経験者まで楽しむことができます。
実施館/ゆたか児童センター
実施日時/土曜日午後2時~4時ほか(要事前予約)
対象/小学生以上の方 ※貸し出し用シューズあり。

<トランポリン>
ベッドという伸縮性のある丈夫な布部分で跳躍し、体をひねったり姿勢を変えたり様々な技を楽しむスポーツです。講師から安全な跳び方や技の指導を受けることができます。幼児・親子での利用や、土曜日に利用できる館もあります。
実施館/小関・南大井・大井倉田・滝王子・平塚・東中延児童センター

<バスケットボール>
2つのチームが1つのボールを奪い合い、相手チームのゴールリングにボールを入れて得点を競うスポーツです。屋内と屋上にバスケットコートがあります。
実施館/児童センター20館(東大井・三ツ木・小関・水神・旗の台を除く)

<卓球>
卓球台をはさんで向かい合い、ボールをラケットで打ち合うスポーツです。4年1月まで13館で元オリンピック卓球選手から指導を受けることができる「スペシャル卓球教室」を行っています。
実施館/児童センター全25館

【ご利用についてのお問い合わせ先】
実施日時/各館のお知らせをご覧いただくか、直接お問い合わせください。
https://city-shinagawa-kodomomirai.tokyo/

<児童センターの利用方法>
〇 各センター受付で事前に登録が必要です(住所・氏名・連絡先・学校名・学年・保護者名)。
〇 来館時は受付で入館票に名前を記入、職員が登録の確認をします。
• 人数制限があるため、入館者数が多い場合は入館できないことがあります。
• 小学生以上の方は、マスクの着用をお願いします。
• 来館前に検温をお願いします。
〇 帰る時は、入館票の退館のチェック等、記入をしてください。
〇 事業に参加する際は、事前に予約が必要です。あらかじめ各館にお問い合わせください。内容によっては、当日の参加も可能です(実費が必要な場合あり)。
〇 おやつや食事をとることはできません。
〇 体調がすぐれない方は利用をお控えください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ