五十嵐カノア選手のシグネチャー入り“G-SHOCK”第2弾

カシオ計算機株式会社

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、エクストリームスポーツをサポートする“G-LIDE(Gライド)”シリーズより、トッププロサーファーの五十嵐カノア選手のシグネチャーモデル第2弾『GBX-100KI』を11月5日に発売します。

GBX-100KI
五十嵐カノア選手は、3歳でサーフィンを始めて以来、主要な大会で数々の優勝を重ね、現在はサーフィンのトップリーグであるWSLチャンピオンシップツアー(CT)で活躍する世界トップレベルのプロサーファーです。

五十嵐選手のシグネチャーモデル第2弾となる『GBX-100KI』は、サーファーにとって便利なタイドグラフ機能に加え、モバイルリンク機能を搭載した「GBX-100」をベースモデルとし、五十嵐選手監修のもと、デザインやカラーリングを選定した特別モデルです。全体をブラックにまとめつつ、ベゼルやバンド、液晶などそれぞれ質感やトーンの異なるブラックを使い分けることで、クールでありながら個性が光る五十嵐選手独自の世界観を表現しました。ベゼルとガラスには、実際に五十嵐選手が乗った迫力あるビッグウェーブの写真をもとにデザインしています。また、フェイスや裏蓋、バンドに五十嵐選手のサインを配しているほか、ラグ側にはCTの背番号「50」の数字をあしらいました。

機能面では、スマートフォンと連携するモバイルリンク機能を搭載しており、サーファーに必要となる潮汐情報や日の出/日の入時間を専用アプリ内の世界約3,300カ所から選択し、時計側に設定することができます。また、タイドグラフやムーンデータに加え、走行距離・時間・ペースなどの日々のトレーニングに役立つ多彩な計測機能も備えました。さらに、ワイドフェイスに高コントラストで見やすいMIP液晶を採用し視認性を高めています。

GBX-100KI
五十嵐選手のサイン
専用パッケージ

<五十嵐カノア選手プロフィール>
1997年10月1日生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。
カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らもサーフィンを始め、すぐに才能を開花させサーフィン界で注目を集めるようになった。2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。2012年、USA Championship U-18で史上最年少の14歳で優勝。2016年、史上最年少、アジア人で初めてWSL(World Surf League)チャンピオンシップツアー2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open of Surfingで優勝する等、着実にその実力を発揮している。2019年には、CT 第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。2020年東京オリンピックサーフィン競技日本代表、銀メダリスト。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ