第78回国民スポーツ大会冬季大会(2024年)スキー競技会 山形県で開催決定

公益財団法人日本スポーツ協会

スポーツを「する」「みる」「ささえる」ための環境づくりを行うJSPO(正式名称:公益財団法人日本スポーツ協会 東京都新宿区/会長 伊藤雅俊)は、令和2年12月21日、文部科学省(東京都千代田区/大臣 萩生田光一)とともに、山形県に対して第78回国民スポーツ大会冬季大会スキー競技会(2024年開催)の開催を要請していました。
このほど、山形県から開催の受諾をいただき、一連の必要な手続きを終えたことから、本日、標記大会の開催をご報告することに至りました。

山形県での冬季大会開催は10年ぶり7回目の開催となり、開催を受諾いただきました山形県の関係者の皆様に深くお礼申し上げます。
なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同県を訪問しての開催決定書の手交は行いません。

山形県での国体開催実績
冬季大会:令和6(2024)年 第69回大会以来10年ぶり7回目の開催
本 大 会 :平成4(1992)年 第47回大会を開催(完全国体)

◆JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)について
JSPOは、1911年7月に「国民スポーツの振興」と「国際競技力の向上」を目的に、大日本体育協会として創立。日本体育協会を経て、2018年4月1日、現在の名称となりました。
JSPOでは、国民体育大会や日本スポーツマスターズなど各世代を網羅したスポーツ大会の開催、スポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブなどスポーツをする場の創出、スポーツの楽しみをサポートするスポーツ指導者の育成、最新の医・科学に根差したスポーツの推進など、誰もが自発的にスポーツを「する」「みる」「ささえる」ための幅広い事業を展開しています。また、わが国スポーツの統一組織として、国や60を超える競技団体、47都道府県スポーツ・体育協会など、様々なスポーツ関連団体・組織や個人と連携しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ