INCLUSIVE、スポーツビジネスベンチャーのスポーツネーションへ出資

INCLUSIVE

プロスポーツチームをコアにした共感と地域経済活性化のプラットフォーム作りへ

INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠、以下「INCLUSIVE」)は、スポーツチームを通じた地域マーケティング事業を展開する株式会社スポーツネーション(本社:東京都豊島区、代表取締役:三木智弘、以下「スポーツネーション」)に出資いたしますので、お知らせいたします。

■スポーツネーションと今回の資金調達の概要
スポーツネーションは、「スポーツで地域をもっと豊かに」のビジョンのもと、スポーツチームを通じ地域マーケティングサービスの企画・運営をする、2020年に創業したスタートアップ企業です。地域のプロスポーツチームと、チームの活動に共感し応援する地元の住民、そしてそれを支援する企業・機関の3者をつなぐ「サブスク型スポンサー」と「地域マーケティング」のプラットフォームを営業・運営することで、住民からの応援をチーム収益の安定化につなげ、地域住民と企業の取引を促進することで地域経済の活性化を目指しています。
現在同社は、「地域応援パートナー(スポーツチームを応援する商材販売)」や「地域共感マーケット(小口スポンサー制度)」を軸とした「地域還元型サブスクプラットフォーム」の展開を進めており、第一弾として札幌のバレーボールチーム「Safilva北海道」を支援するため、後援会組織「なまら村」の運営やスポンサー企業の募集などを行っています。

代表を務める三木氏は、東京大学在学中でありながら数々のスポーツ関連ビジネスを手掛けており、2019年には「プロアスリートをサポートしたい」という想いからトレーナーの育成と派遣事業を手がける株式会社ミキスポーツを設立、2020年にはSafilva北海道を運営する株式会社サフィルヴァの代表に就任しました。
今回のスポーツネーションの資金調達は、「地域還元型サブスクプラットフォーム」モデルの認知強化と、北海道以外の地域にも事業を展開するための資金を確保するためのものです。

■INCLUSIVEが出資する理由
これまでINCLUSIVEは情報発信のデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じ、パートナーとの持続的な共創と地域活性化に取り組んでまいりました。スポーツネーションがすでに事業を展開している北海道では、ウェブメディア『北海道Likers』(https://hokkaidolikers.com/)の企画・運営や、北海道各地の地域メディアと連携したコミュニティづくり取り組む、北海道放送株式会社のWebマガジン『Sitakke』(https://sitakke.jp/)への支援などを通じて、地域情報流通の活性化に多く取り組んでいます。また当社グループでは『枚方つーしん』や『高槻つーしん』など市区町村レベルで地域に密着したメディアの運営も手掛けており、地域住民がその地域の情報を得るために読む“地域密着型”のメディア運営、コンテンツ制作にも強みを持っています。

スポーツネーションの「地域還元型サブスクプラットフォーム」に、INCLUSIVEによるメディアを活用した地域密着の情報発信ノウハウを融合させることにより、地域情報流通ならびに経済の活性化をより強力に推進できるものと考えられます。また、地域スポーツ×メディアの新たなビジネスモデルの開発も今後両社で検討していくことが可能になることから、出資することといたしました。

■今後の展開
まずは『北海道Likers』と連携し、スポーツネーションの活動認知の強化支援を行うと共に、INCLUSIVEが持つ情報発信や事業運営に関するノウハウ、北海道でのネットワークを活用し、「Safilva北海道」を中心に展開されている北海道地域における「地域還元型サブスクプラットフォーム」モデルの強化・磨き上げを行います。
そのうえで、中長期的には「地域還元型サブスクプラットフォーム」の他地域への展開、およびスポーツ×メディアの新たなビジネスモデルの開発を行っていく方針です。

■INCLUSIVE株式会社について
https://www.inclusive.co.jp/
代表者:代表取締役社長兼CEO 藤田誠
所在地:東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル3F
資本金:377,647千円(2021年3月末現在)

INCLUSIVE株式会社は「必要なヒトに、必要なコトを。」をビジョンに掲げ、出版社やテレビ局など、メディア企業を中心とした事業会社や、個人による情報発信のDXを推進する「事業開発会社」です。これからの事業成長の柱として、メディア企業のDX支援に加え、個人課金事業の展開や、サービスのSaaS展開、地域関連サービスの強化等も推進しています。

地域創生をテーマにしたメディアクリエイションにも強みを持ち、地方テレビ局との連携情報サイトの企画・運営をはじめ、『北海道Likers』や大阪『枚方つーしん』、『寝屋川つーしん』等、多数の地域創生メディア支援・運営の実績を有します。2021年4月には、潤沢な先行投資を行えない地域メディアにおいても、すぐにウェブサイトを立ち上げ、広告による収益化をスムーズに行うことができる『ローカルメディアCMS』をローンチしました。地域におけるデジタルコミュニケーション基盤の展開を、テレビ局をはじめとしたパートナーと連携・共創して推進する事で、地域コミュニケーションと経済の活性化を支援しています。

お問い合わせ先:INCLUSIVE広報担当
メールアドレス:pr@inclusive.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ