あなたの世界を広げる『アナログゲームマガジン』シーズン2開始

合同会社OZON

ウェブマガジン『アナログゲームマガジン』が完全サブスクリプション形式に移行

アナログゲームマガジン編集委員会(所在地:神奈川県厚木市 代表:秋山真琴)は、2021年10月1日より、ウェブマガジン『アナログゲームマガジン』の提供形態をサブスクリプション形式のみと致しました。

アナログゲームマガジンへのアクセスはこちらから
https://note.com/unjyoukairou/m/mc557df0988d0

■『アナログゲームマガジン』とは
あなたの世界を広げる『アナログゲームマガジン』は、月額500円のサブスクリプション型ウェブマガジンです。 ボードゲーム、マーダーミステリー、LARP、ツイクスト。各ジャンルの専門家が、他では読めない記事を連載しています。アナログゲームの世界を幅広く紹介し、あなたに新しい趣味を紹介します。

■シーズン2の特徴
2021年10月1日より『アナログゲームマガジン』は、記事の単体販売を終了し、月額500円(初月無料)のサブスクリプションプランのみとします。これによって定期購読者は、シーズン1(2021年3~9月)を含むすべての過去記事が読み放題となります。  また、シーズン1は各ライターは、それぞれ連載記事を書くのみでしたが、シーズン2からは隔月でテーマを設定し、各ライターが同じテーマで記事を書く特集を設けます。

■ライター紹介(50音順)
・秋山真琴(ゲームクリエイター、ライター)
・イズミ(日本ツイクスト協会 会長)
・うめゆ(ゲーム研究家)
・K_imu(コラムニスト)
・久保よしや(マーダーミステリープロデューサー)
・CLOSS(体験型LARP普及団体)
・田口タカアキ(マーダーミステリードラマ企画・プロデューサー)
・健部伸明(非電源ゲームのコーディネーター)
・とどちゃま(ゲームショップ運営)
・ど~けし(ゲーム制作者)
・水池亘(小説家、ライター、コンポーザー)
・米光一成(ゲーム作家、ライター、デジタルハリウッド大学教授)

■秋山真琴より
 わたしたちは、ウェブ上で価値あるテキストを提供したいと考えて集まりました。
より多くのひとが興味を持つであろう情報を、広く浅く提供するのではなく、アナログゲームに興味のある方に、わたしたちでしか書けない深堀りした情報を提供します。
記事の内容に興味を持ってくださった方にはもちろん、ウェブ上で少数に向けて有料記事を書くという、この活動自体に賛同してくださった方に、ご支援いただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。

アナログゲームマガジンへのアクセスはこちらから
https://note.com/unjyoukairou/m/mc557df0988d0


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ