ブタイウラにてクラブメンバー限定の「横浜FC公式アプリ」を提供開始!

トイウェア株式会社

JリーグIDを活用したシームレスなログインを実現

トイウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岸 卓甫、以下「トイウェア」)が企画・運営するオンラインコミュニティアプリ「ブタイウラ」にて、株式会社横浜フリエスポーツクラブ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役会長CEO:小野寺 裕司、以下「横浜FC」)の公式アプリをリリース致しました。

アプリ(iOS): https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1585921659
アプリ(Android): https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toiware.yokohamafcOfficial 

昨今の新型コロナウィルスの蔓延により、スタジアムでの観戦が難しいサポーターの方に少しでもクラブを身近に感じてもらいたいという想いから横浜FC公式アプリはリリースされました。
横浜FC公式アプリでは、クラブの最新情報やデジタル会報誌の配信の他、普段見ることのできない選手の裏側や選手のプレー写真なども見ることができます。また、今回横浜FC公式アプリリリースにあたり、JリーグIDに紐付けしたログインを実現しました。これにより2021横浜FCクラブメンバーの方は、新規にIDを発行することなく横浜FC公式アプリにログインすることが可能です。
サポーター、選手、クラブが繋がりあい、共にチームを盛り上げていけるそんな場所を皆さんと創り上げていければと思います。

◎「横浜FC公式アプリ」導入の背景

【サポーターの満足度向上】
今までクラブとサポーターとの交流の多くはスタジアムで行われてきました。しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響によりクラブはサポーターとの交流が難しい現状にあります。ブタイウラはクラブとサポーターとが双方向にコミュニケーションをとることができる、デジタル空間でのサポーターとの接点を創出しました。また、最新情報がリアルタイムで受け取れるPUSH通知や、写真・動画など横浜FCに関する様々なコンテンツがいつでもすぐに閲覧できるコミュニティライブラリなどの機能により、クラブに触れる機会が今まで以上に増え、サポーターの満足度向上が見込まれます。

【業務効率化】
今までクラブはメールや電話、会報誌など複数の媒体を用いて、お客様毎に個別に情報伝達を行ってきました。ブタイウラでは用途に応じた連絡手段(全体連絡・クラブメンバーのコース毎の連絡・個別連絡)を用意しており、お客様へのスムーズな情報共有を可能にしました。これにより業務の効率化が図られ、より一層のサポーターへの満足度向上の施策に注力することを可能とします。また、JリーグIDを始めとした既存のアカウントとの紐付けにより、メンバー情報の一元管理・分析を行うことができ、クラブはブタイウラを導入することでカスタマーサービスの質の向上、更にはマーケティング施策の効率化を図ることができます。

◎「横浜FC公式アプリ」概要

【開設日】
2021年10月1日

【アプリURL】
iOS: https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1585921659
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toiware.yokohamafcOfficial 

【参加方法】
本アプリは2021横浜FCクラブメンバーの方のみご参加いただけます。
2021横浜FCクラブメンバーの方は無料でご利用いただけます。
JリーグIDにて横浜FC公式アプリへのログインをお願いします。

【コンテンツ内容】

最新情報やクラブメンバー限定の情報など横浜FCに関する様々な情報を発信します。
クラブの裏側を映した動画やデジタル会報誌などのコンテンツをアップします。
選手のプレー写真を公開します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ