アマチュアスポーツ向け映像分析ツールを提供するSPLYZAが約2.5億円の資金調達を実施。プロダクトの開発及びマーケティングを強化。

株式会社SPLYZA

http://www.splyza.com/

アプリケーション開発でスポーツ×教育の支援を行う株式会社SPLYZA(所在地:静岡県浜松市、代表取締役:土井 寛之)は2021年9月に、ジャフコグループ株式会社および栖峰投資ワークス株式会社がそれぞれ運営管理するファンドより資金調達を実行しましたことをお知らせいたします。

アマチュアスポーツの「もっと上手くなりたい」を叶える

SPLYZAはアマチュアスポーツ向け映像分析ツールを開発・販売しております。
現在の主力自社提供サービスである「SPLYZA Teams」は高校サッカー部をはじめとした約600チームに導入頂いており、ユーザーは3万人以上となっております。
スポーツの魅力は、課題の発見と、解決方法をトライ&エラーでより最適解に近いものを導き出していくところにあります。年代問わず、社会を生き抜くチカラをスポーツで、そしてSPLYZAのサービスを活用することで身につけて頂ければと強く願っております。

資金調達の目的と展望

サービス開始当初は、部活動やスポーツチームでの利用が中心でしたが、現在は学校でのICTの導入が進む中、高校や大学の体育授業などでの利用も増加しています。多様化するユーザーのニーズに迅速にお応えすべく、今回の資金調達で企業としての総合力を更に強化して参ります。
具体的には、主力製品であるSPLYZA Teamsの機能追加、新製品の開発、コンピュータービジョンによる研究開発の強化など開発体制の強化を行うとともに、営業及びマーケティング、カスタマーサクセスなど市場拡大に向けた販売促進活動と顧客フォロー体制も強化します。

投資家からのコメント

佐藤 直樹氏(ジャフコグループ株式会社 パートナー)
自己管理能力、メンタルタフネス、戦略的思考、認知能力、記憶力等を総動員してレベルアップを図ることができるスポーツの魅力に着眼。
スポーツという裾野が広く普遍的なテーマに対して、チームビルディング・自主性を学ぶ教育的観点を切り口に、テクノロジーを活用してスポーツ愛好家のレベルアップに寄与する数々のサービスを提供しているSPLYZAに限りない魅力を感じて投資させて頂きました。
今後のSPLYZAの発展・成長に全力でコミットして参ります。

関 兵馬氏(栖峰投資ワークス株式会社 代表取締役)
近年、アマチュアスポーツでは「選手の自主性醸成・学習能力向上」と言った教育的側面が注目されています。「SPLYZA Teams」は、このトレンドにマッチするサービスです。選手自身が試合の動画を手軽に撮影・編集することで、自主性・学習能力を高め、監督の負担を減らす。この独自の価値提供により、スポーツ×教育の分野において不可欠な存在となっているSPLYZA社のさらなる成長に期待しております。

新しい仲間を大募集

SPLYZAは創業者である土井の掲げるテーマ「人生が1週間(7日間)の連続であるならば”7分の7ワクワクする日々”を体現し続けます。
スポーツに関わるサービスを一緒に育てていくことの面白さを味わいませんか?
アマチュアスポーツマンの「もっと上手くなりたいを叶える」というスローガンに共感いただける方のご応募をお待ちしております。

現在、複数のポジションで積極採用を行っております。
詳細は、当社採用ページをご覧ください。
ご連絡・ご応募の際は、興味のある職種ページよりエントリーをお願いいたします。

▼募集ポジション

フィールドセールス/インサイドセールス/マーケティング
製品開発エンジニア(iPhone/Android/Web/バックエンド)
コンピュータビジョンエンジニア(研究開発)
UI/UXデザイナー
経理

▼採用詳細ページ
https://www.splyza.com/recruit/

会社概要

株式会社SPLYZA

本社所在地 : 静岡県浜松市中区布橋2-12-35

従業員数 : 23名

代表者 : 代表取締役 土井 寛之

ホームページ: http://www.splyza.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ