【軽井沢プリンスホテルスキー場】コースの見直しで誰もが楽しめるスキー場へ!長野県内トップを切って11月3日(水・祝)オープン

株式会社プリンスホテル

【営業期間】2021年11月3日(水・祝)~2022年4月3日(日)<予定>

軽井沢プリンスホテルスキー場(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 総支配人:徳永清久)は、長野県内で最も早く2021年11月3日(水・祝)より営業を開始いたします。

新型コロナウイルス感染症の収束が依然として見通せない状況下で2度目のシーズンインを迎える今年は、前年に引き続き感染症対策を徹底した営業が求められています。

東京から新幹線で約70分と首都圏から好アクセスの近場のスノーリゾートとして、ウインターシーズンを心待ちにしていたスキーヤー・スノーボーダーの方々が移動距離を抑え、気兼ねなく、安全にスノーアクティビティーを楽しめるよう、本年もプリンスホテルの策定する衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment」に基づき、全51項目から成るプリンススノーリゾートの感染症対策ガイドラインに則り3密を回避する取り組みを行ってまいります。ガイドラインの中では、「スキー場で行う対策」に加え、「お客さまへのお願い」を盛り込み、お客さまと協力しながら感染症対策を実行する「安全・安心」なスキー場を目指します。

また本年、スキーコースの再計測および見直しを行い、コース数を従来の10コースから16コースに細分化し、以前よりも幅広い選択肢から自身のレベルに合わせたコース選びをしやすくなりました。新たにコース名を制定した、山頂から最下部まで一気に滑り降りる初心者コース「トップクルーズ」の滑走距離は、コースとしては従来の最長であったパノラマコース(1,000m)の約1.5倍となります。
あわせて、A~Iのアルファベットをコースごとに設定することで、国内外のお客さまに分かりやすい表記が可能になりました。

軽井沢プリンスホテルスキー場では引き続き、感染症対策を徹底し、全国のスキーヤー・スノーボーダーの方にご満足いただける、安全・安心なスキー場を目指してまいります。

軽井沢プリンスホテルスキー場の感染症対策

感染対策の取り組み
<安全・安心なスキー場を目指した取組み>
(1) 衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment」に基づく営業
プリンススノーリゾートでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment」を策定し、遵守しています。軽井沢プリンスホテルスキー場では、リフト券売り場やゲレンデレストラン等の衛生管理を徹底し、お客さまに安心してご利用いただけるよう取り組んでいます。

(2) Webでのリフト券チャージやゲートシステムによるリフト乗車で 「非接触」と「3密回避」の推奨
昨シーズンに引き続き、スキー場のリフト券販売時の混雑緩和のため、Webでのリフト券事前購入を推奨しています。昨シーズンにご購入済み、または今シーズンの初来場時にご購入いただくICキーカードリフト券へ専用Webサイトからチャージすることで、2回目のご来場以降はリフト券売り場に並ばずにゲレンデへ直行できるダイレクトインを導入しています。

また、軽井沢プリンスホテルスキー場ではアクセスコントロール(ACS)を活用したゲートシステムを取り入れており、非接触かつスムーズなリフト乗車が可能です。

ゲレンデコースの見直し

本年、ゲレンデコースの見直しを行い、2021-2022シーズンより従来の10コースを細分化した、全16コースでの営業となります。また、各スキーリフトにアルファベットを振り分け、対応するコースに同様のアルファベットと数字1文字を合わせた番号を設定し、海外のお客さまやお子さまにも分かりやすい表記となります。

■新たに名称が付与されたコース ※コースの名称変更を含む ※( )内は振り番号
[上級コース]・アリエスカRコース (I2):従来のアリエスカコースを上部から見下ろして右側に当たる上級コース[平均斜度18度/ 230m]・アリエスカLコース (I3):従来のアリエスカコースを上部から見下ろして左側に当たる上級コース[平均斜度15度/ 270m][中級コース]・スカイラインコース (D3):頂上からの眺めを楽しみながらファミリーコースへと至る中級コース[平均斜度8度/460m]・林間コース (D4):木々の間を縫うように滑り下りるコース[平均斜度7度/300m][初級コース]・トップクルーズ (D1):ロングクルーズが可能な全長約1.5km、当スキー場で最長のコース[平均斜度6度/1,519m]・フリーバレー (F2):スラロームバーン(上級コース)から初級コースへと経由する緩斜面[平均斜度9度/210m]・アリエスカ迂回コース (I1):木々の間を縫いアリエスカコース(上級コース)を迂回する初級コース[平均斜度9度/600m]2021-2022ゲレンデマップ

2021-2022「軽井沢プリンスホテルスキー場」シーズン営業情報

■お子さまも楽しめるスキー場へ
1.キッズフリープログラム
今シーズンも、小学生までのお子さまのリフト料金無料を含む「キッズフリープログラム」、お子さま対象のゲレンデパトロールのお仕事体験等、お子さまやファミリーでお楽しみいただけるイベントを開催します。

こどもリフト無料
【期間】2021年11月3日(水・祝)~2022年4月3日(日)
【対象】小学生までのお子さま

スキー場のお仕事体験「ゲレンデパトロール体験」
【期間】2022年1月23日(日)、2月20日(日)、3月6日(日)
【対象】6~12才
【料金】無料 ※要予約
お仕事体験(ゲレンデパトロール)

2.スノーマンパーク
スノーエスカレーター、ふあふあ、チュービング等、小さなお子さまも安心して遊べる雪遊びエリアです。
【期間】
・日帰りスノーマンパーク:2021年11月20日(土)~2022年4月3日(日)予定
・イーストスノーマンパーク:2021年12月18日(土)~2022年4月3日(日)予定
【料金】入園券(おとな・こども)¥1,500 ※3才以上有料
スノーマンパーク

■スキーをしない方でも楽しめるプログラム
2021-2022シーズンも、スキーやスノーボードをしなくてもリフトに乗車し山頂からの眺めを楽しめる「観光リフト」を営業いたします。

イースト観光リフト
【期間】 2021年12月18日(土)~2022年4月3日(日)
【時間】 9:00A.M.~4:00P.M.(下り最終乗車4:00P.M.)
【料金】 往復おとな¥1,800 4才~小学生¥1,000 ※3才まで無料
観光リフト

■少人数のプライベートレッスンでゲレンデデビューやレベルアップ<予約制>
ご家族やご友人と参加できる少人数向けのプライベートレッスンでゲレンデデビューやレベルアップを目指します。

全日本スキー連盟公認 軽井沢スキー学校
【開校期間】2021年12月1日(水)~2022年4月3日(日)
【時間】10:00A.M.~12:00NOON/1:30P.M.~3:30P.M.
【料金】スキー&スノーボード プライベートレッスン(2時間)
¥20,000/1組最大4名さま
※5名さま以上は追加料金を頂戴いたします。
【受付場所】スキーセンター内/イースト高速リフト乗り場隣
【ご予約・お問合せ】TEL:0267-42-1850
プライベートレッスンイメージ

■今シーズンも20才平日リフト無料
2001年4月2日~2002年4月1日生まれのお客さまを対象に「20才平日リフト無料」を実施いたします。
20才の若者にスキーの楽しさを再認識していただくことで、将来のスキー人口拡大を目的に実施します。

【期間】2021年11月4日(木)~2022年3月31日(木)の平日
※2021年12月27日(月)~2022年1月7日(金)を除く
【対象】2001年4月2日~2002年4月1日生まれの方
※年齢が分かる身分証の提示が必要です。

軽井沢プリンスホテルスキー場 営業概要

【開業】1973年12月23日(開業48周年)
【所在地】389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
【営業期間】2021年11月3日(水・祝)~2022年4月3日(日) <予定>
【営業時間】8:00A.M.~5:00P.M.
※2021年11月3日(水・祝)~12月17日(金)の期間は8:30A.M.~4:30P.M.
※ナイター営業は行いません
【料金】小学生までのこどもリフト券無料
【1日券】おとな¥5,000より 中・高校生/シニア¥4,000より
【4時間券 】おとな¥4,500より 中・高校生/シニア¥3,500より
※シニア料金は、55才以上となります。 ※期間により料金は異なります。
【規模】
●総面積:60ha、ゲレンデ面積:30ha
●標高:940m(山頂1,155m、標高差215m)
●コース数:16コース(初級50%、中級25% [対前年▲5%]、上級25%[対前年+5%])
●リフト本数:9本
●最長滑走距離:1,519m
※営業内容は変更になる場合がございます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ