福島の子ども達を千葉の御宿町の海へ招待し、1泊2日のサーフイベント「AKEUMI kids 海と日本プロジェクト」を開催!

海と日本プロジェクト広報事務局

2021年10月9日(土)~10日(日) <開催場所>千葉県御宿町海水浴場

一般社団法人 陽けたら海へは、2021年10月9日(土)、10日(日)に「AKEUMI kids 海と日本プロジェクト」を開催いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。


プロジェクトがどのように始まったか
代表であるYUMIEは2歳の時に両耳の聴力を失いました。18歳の時に「誰にでも平等である海」と出会い、ボディボードの世界に魅了され夢中になりました。様々な困難もありましたが、2003年にはプロテストにも合格し、世界大会にも出場し数々の結果を残してきました。そんな経験から、「目標ができると、練習も頑張れる。すぐに出来なくても、挑戦をすることで強くなれる。だから『挑戦をすることを恐れないで』」と、子供たちに伝えたいと思うようになりました。

当初は子供達にボディーボードを通して海の楽しさ、海の厳しさなどを体験してもらいそこから笑顔になってもらえたらと思っていました。しかし、その1年後の2011年3月11日に東日本大震災が起きて、私たちは今何をすべきか考えました。

東北出身のプロボディーボーダーの友人に相談し、「千葉県の綺麗な海へ、福島の海に入れなくなってしまった子供達を連れ出して欲しい」と思いを聞くことができました。そこから「陽(あ)けたら海へ~FOR TOHOKU~」とし、ボディーボードだけでなく、サーフィン、SUPが加わり、「想い」に共感くださる各プロフェッショナルの先生方、そして笑顔をプレゼントしてくれる有志と共に、東北の子供達や親御さんへ「笑顔の輪が広がりますように」という願いのもと2012年から第2章が始まり今に至ります。

<陽けたら海への代表YUMIEより>
”あけ海”のために集まってくださっているスタッフの皆さん達は私の想いへと繋がっています。私は子供達に何を伝えたいのか?それは「無限の可能性を知り、希望を持つこと」「挑戦することを恐れないこと」、そして「笑顔のプレゼント」。このバトンを渡していきたいと思っています。
2021年3月31日に”あけ海”は、「一般社団法人陽けたら海へ」を設立し、日本財団様のサポートを受け、このイベント名を「AKEUMI kids 海と日本プロジェクト」へと改名し、今回が初めてのイベントとなります。

イベント概要

団体・企業概要
団体名称:一般社団法人 陽けたら海へ
本社所在地:東京都大田区久ヶ原2-25-8
代表理事:堀 由美恵
設立:2021年3月21日
URL:https://akeumi.or.jp/
活動内容:自身の聴覚障がい者としての様々な経験を生かし、聴覚障がい者を持つ子供たち、そのご両親に「夢、希望、笑顔」の持つチカラを届けることで、障がいの有無による不平等を無くす。同時にその活動を通じて次世代の(健常者の)若者にも「夢、希望、笑顔」を持つことの素晴らしさを伝えたい。

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ